愛の贈りもの~My Blessed Mom~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2017/1/2-27)集中再放送 月~金曜日朝6時から 字幕
原題:おバカなママ

●2017.1.31 感想追加

愛の贈りもの 바보엄마 全20話
2012年放送 SBS
平均視聴率 11.2% 시청률
愛の贈りもの~My Blessed Mom~ DVD-BOX1
あらすじ

 有名ファッション誌の編集長ヨンジュの夢は、IQ200の天才娘タッピョルを米国に留学させること。
ところが、浮気相手との再婚を狙う夫チョンドからは離婚を迫られ、田舎に住む兄からはお金を無心されるなど、心労が絶えない。
ちょうどその頃、姉(じつは母)ソニョンが田舎から上京。ソニョンにわだかまりを抱えるヨンジュは、冷たい態度をとり続けてしまう。
しかし純粋なソニョンの行動は、次第に周囲の人たちを変えていく。そんな中、ヨンジュの心臓に異常が発覚。
長年ヨンジュを想い続ける医師ジェハは、入院を勧めるが…。

キャスト

キム・ヒョンジュ  キム・ヨンジュ ファッション雑誌編集長
ハ・ヒラ キム・ソニョン ヨンジュの姉(実母)、知的障害
アン・ソヒョン パク・タッビョル ヨンジュの娘、天才少女
キム・ジョンフン イ・ジェハ ヨンジュの友人、韓国病院神経外科医
キム・テウ パク・ジョンド ヨンジュの夫、ヨンセン大学法学部正教授
シン・ヒョンジュン チェ・ゴマン ソニョンの支援者、大富豪、数学の天才
チョ・ドクヒョン キム執事(キム・サミョン) ゴマンの執事
コン・ヒョンジュ ハン・スイン ジェハの元婚約者、心臓外科医
ユ・イニョン オ・チェリン ジョンドの不倫相手
パク・ヒョンシク オ・スヒョン チェリンの異母弟、タッピョルの友人
キム・ハギュン オ・ミンソク チェリンの父、ヨンセン大学理事長、金貸し
キム・チョン チャン・ヨンスク ジョンドの母
サヒ パク・ジョンウン ジョンドの妹
パク・チョルミン キム・デヨン ソニョンの弟

スタッフ /演出:イ・ドンフン 脚本:パク・ゲオク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shironeko20さんの感想より

●母娘の愛を描いた珠玉の感動作

正直全く期待しないで観始めた作品ですが、多数観てきた韓国ドラマの中でも1番と言っていいほど感動して泣けた作品です。母子の愛情と葛藤が丁寧に描かれる中で、笑えるシーンもあって毎回楽しみにしていました。

主人公はキム・ヒョンジュ、「商道」の「お嬢様や花より男子」の道明寺姉、最近では家族なのにどうして?の「キャリアウーマン」の長女などを演じています。今回もキャリアウーマン役ですが、美しく凛としていてとても似合います。主人公の姉として生きてきた実母役のハ・ヒラは初めて見る女優さん。知的障害者があるけれど、娘のために何をも惜しまない深い愛を見せてくれます。この母娘の葛藤がリアルで切なく、2人の関係がストーリーの進行と共に変わっていくのを、娘の気持ちになったり母の気持ちになったりしつつ、うるうるしながら観ていました。

そして、この母に思いを寄せるのがシン・ヒョンジュン演じる大金持ち。秘書との掛け合いなどがコミカルで毎回とても笑えました。この俳優さんはカインとアベルに出ていますが、全く別人でハラボジと呼ばれていました(笑)。ゴマンは偏屈に見えて実は愛にあふれた頼れる男、1番のお気に入りキャラです。お金持ちならではの素敵な活躍をしてくれます。ハルモニ、ハラボジと呼ばれたこの2人のラブストーリーは本当に可愛らしく素敵です。

敵役はキム・テウ演じる浮気夫と愛人なのですが、この愛人役を「奇皇后」や「星から来たあなた」のユ・イニョンが演じています。本当に憎たらしい役がとてもお似合いでした。今よりちょっとお顔が野暮ったい感じ。この2人には終始イライラさせられますが、それなりの末路が用意されていたのでなんとか気が済みます。感情の表現が大げさでないところが、いい意味で韓国ドラマらしくないドラマだと思います。お金持ちが出てくるところはお決まりと言えばそうですが、それも気にならない設定でした。

後半は毎回本当に泣きながら観ました。日本での知名度は低いと思いますが、本当に感動するドラマというのはこういう作品のことだと思います。韓国ドラマファンだけでなく、泣けるものが好きな人にはぜひ観て欲しいドラマです。

 

tulipchanさん

キム・ヒョンジュの魅力

とっても可愛らしい感じなのですが、彼女の演じる役は、貧乏だったり、親がいなかったりと複雑なものが多いのですが、どの役も完璧に演技しているのはとてもすごいと思います。愛の贈り物は姉と思っていた人が実は母親だったという、なんとも複雑な心境を上手く演じていました。これからも彼女の作品は必ず見たいと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー