愛の温度 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

愛の温度 사랑의 온도 全40話 SBS オリジナルは1話30分

第5話 視聴率 8.2% 第6話 視聴率 10.4%

quetalsurinoさんより

 

5話・6話 あらすじ

ジョンソン(ヤン・セジョン)はヒョンス(ソ・ヒョンジン)と連絡が取れず。。。一方、ヒョンスはジョンソンのマンションのベルを鳴らしますが、現れたのはジョンソンではなく、彼の母でした。ジョンソンとヒョンスの仲を疑っていた母は、ヒョンスが年上だとしると安心する様子。

パク・ジョンウ(キム・ジェウク)はヒョンスが仕事を辞めたことを知ると、再び仕事をオファーしますが、ヒョンスは断ります。ジョンソンの料理を気に入ったジョンウは諦めず彼に一緒に働こうと誘いますが、ジョンソンもジョンウからのオファーを断ります。

ジョンソンの家を訪ねた時、公衆電話からの着信がジョンソンだったことを知ったヒョンスは、彼からの連絡にときめき、ジョンソンに恋していることに気づきます。ジョンソンはヒョンスのために料理を作り、ヒョンスと過ごす時間を楽しみます。ヒョンスにとって恋よりも仕事が大切だと聞かされ、ガッカリするジョンソン。

フランスからの返信を待っていたジョンソンに、嬉しい返事が届きます。しかし、居候していた妹の家から出て行かざる負えなくなったヒョンス。ヒョンスは厳しい現実に、ジョンウからの仕事のオファーを受けることにします。今後ボスになるジョンウと一緒にいる時、ヒョンスの携帯電話が鳴ります。

かけてきたのはジョンソンですが、ジョンウに気を使い電話に出るのをあきらめます。

5話・6話 感想

ジョンソンに恋するヒョンスですが、ジョンソンの気持ちが本気じゃないと、思っているようです。両想いになった二人の恋がすれ違うことになりそうですが、原因となるのはジョンウの存在なのでしょうか。ヒョンスのために料理を作るジョンソンと、彼の料理を美味しそうに食べるヒョンスが可愛いです。「ゴハン行こうよ♥ 2」のシーンのように、どの料理もおいしそうに食べるソ・ヒョンジンが登場するので懐かし気持ちになりました。

ジョンソンの母として登場するイ・ミスクのカリスマがすごい!彼女の登場で、ジョンソンの複雑な家庭の事情が分かり、彼が可哀そうに思えてきました。ヒョンスと連絡を取るため携帯電話まで購入したジョンソン。恋よりも仕事を優先させるとの彼女の話を信じ、ヒョンスに連絡することなく、母と共にフランスに戻ることになるのでしょうか。このまま二人はお互いの気持ちを確認し合うことなく別れないで欲しいです。

チ・ホンア(チョウ・ボア)は、愛情に飢えたタイプの女性のようで、ジョンソンに特別な気持ちを寄せていますが、ヒョンスには内緒にしていることから、二人の恋の邪魔をすることになるのでしょう。ジョンソンはホンアに友達以上の感情を持たない。チョ・ボアが出演した「モンスター」のシニョン役と似たようなキャラクター。わがままなイメージが定着しちゃったのでしょうか。

このドラマが伝えたい愛の温度の意味が、分かるようで分からないような。。。ヒョンスのキャラクターが素敵で、落ち着いたラブロマンスに心が安らぐような気持ちになりました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第7話 視聴率 8.6% 第8話 視聴率 11.0%

quetalsurinoさんより

 

7話・8話 あらすじ

ジョンソン(ヤン・セジョン)はフランスからのメールの返信に嬉しくなり、真っ先にヒョンス(ソ・ヒョンジン)に連絡しますが、電話越しに聞こえてくる彼女の鳴き声が気になり、彼女の家の前まで現れます。フランスに戻る前、ジョンソンは勇気を出して彼女に恋の告白をしますが、ヒョンスの答えは、恋愛に青春を無駄にできない。。。でした。

ジョンソンが飛行機に乗る前にかけた電話に出ないヒョンス。後から気になり折り返しますが、ジョンソンはすでに飛行機の中で通話ができず、二人はこのまま別れることになります。ジョンソンへの気持ちに気づき、彼がフランスに行ってしまったことを知り、ヒョンスは後悔します。

ジョンソンが旅立って、パク・ジョンウ(キム・ジェウク)と仕事を始めて数カ月が経った頃、ヒョンスはジョンウから告白されプロポーズを受けますが、彼女は別れた後になって気づいたジョンソンへの気持ちを打ち上げます。

5年前のヒョンスとジョンソンの初恋は終わり、応募した公募展に当選した後、新人作家として活躍している現在のヒョンス。作品がドラマ化されることになりますが、監督が勝手に台本を変更することにいら立ち、撮影中のスタジオを訪れ抗議します。スタジオでヒョンスはジョンソンと5年ぶりに再会します。

ヒョンスはジョンウに食事に誘われ訪れたレストランが、ジョンソンの経営するレストランと知り驚き、予想外の言葉をジョンソンから聞きます。

7話・8話 感想

5年前の恋がどのように終わったのか、その後現在に至るまでが描かれました。ジョンソンは別れてしばらくしてヒョンスに彼氏がいることを、ホンア(チョウ・ボア)から聞かされます。でもこれはジョンソンがヒョンスに本気だったことを知ったホンアの嘘でした。韓国に戻って後もヒョンスに連絡を取ることをためらった理由は、彼女に恋人がいると思っていたからのようで、この誤解が解けたら再び恋をスタートさせることになるのでしょうか。

ヒョンスにこれまでの生い立ちを話しプロポーズしたジョンウは、好きな人がいるとの彼女の返事に戸惑いながらも、泣く彼女を優しく抱きしめました。現在でも彼女には特別な感情を持っているように見えますが、まさか彼女が恋した相手がジョンソンだとは、まだ知らない様子。

現実感のある展開を期待していましたが、少し期待とは違う方向に流れていっているような気がしました。「また!オヘヨン」のイメージが強く残り過ぎているのか、ヒョンスの良さがいまいち表現されていないようで残念でした。でも、ヒョンスが語るセリフには共感できる部分も多くあり、これからは現在形で進行し、ホンアも含め三角関係ではなく、四角関係が形成されることになりそうで、興味深い展開が続きそうです。

愛の温度 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想

 

愛の温度 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー