愛の温度 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 愛の温度 사랑의 온도 全40話 SBS オリジナルは1話30分

第1話 視聴率 7.1% 第2話 視聴率 8.0%

quetalsurinoさんより

 

1話・2話 あらすじ

シェフのオン・ジョンソン(ヤン・セジョン)が料理番組を撮影していると、酔っぱらった番組の作家、イ・ヒョンス(ソ・ヒョンジン)が撮影を中断させます。彼女の書いた台本を無視して撮影する監督に不満を語ります。彼女の意見に賛同するスタッフが一人もいない中、唯一手を挙げたのはシェフのジョンソンでした。ジョンソンに気づいたヒョンスの表情に驚きが走ります。

二人が出会った5年前。30歳を手前に仕事を辞めて夢だった作家になることを志望するイ・ヒョンスは、売れっ子作家のアシスタントとして働きながら、公募展に応募するなど作家デビューを果たすために努力中。

ランニング同好会でジョンソンを初めて見た際には、怪しい人物だと思い警戒します。しかし、彼がネットで知り合ったチャット仲間の一人だと、友人のチ・ホンア(チョウ・ボア)から聞かされます。グループを組んで走ることになった二人。ヒョンスはジョンソンのペースに追いつけず一人取り残されることになります。方向音痴のヒョンスは同じところを何度も繰り返し走ることになり、彼女が取り残されたことを知ったジョンソンは彼女を心配し戻ります。

道に迷っているヒョンスを発見したジョンソンは、コンクリートの間から咲いた花を見て一人ごとを話す彼女を、見つめます。突然の通り雨に、雨宿りをすることになった二人。チャット仲間であったが、お互いの名前も分からず初対面のはずなのに、ジョンソンは「付き合おう」と突然告白します。堅物なタイプのヒョンスはその場で、断ります。

ヒョンスの先輩から実業家のパク・ジョンウ(キム・ジェウク)を紹介されたヒョンス。新たなプロダクションを立ち上げるために作家をさがしていたジョンウの提案を断ります。友人のホンアは、ヒョンスが公募展を落選したことを知り、励ますために彼女を誘います。ひどく落ち込んで酔っ払ったヒョンスを偶然会ったジョンソンが家まで送ることになります。ヒョンスは作家になる厳しさを本音で語り、涙を見せます。そんな彼女の手をジョンソンが優しく握ります。

1話・2話 感想

ソ・ヒョンジン、ヤン・セジョンとキム・ジェウクが主演を務めるドラマで放送前から、韓国では話題を集めたドラマがついに始まりました。魅力いっぱいの女優、ソ・ヨンジンがヒロイン役となると、絶対に面白いドラマになること間違いないでしょう。「三銃士」や「馬医」などの時代劇にも出演していますが、どの役もソ・ヨンジンらしく演じているところが素敵!「ゴハン行こうよ♥ 2」や「また!オヘヨン」以降は、彼女が登場するドラマなら面白そう!と思うようになりました。

短い登場でしたが、強烈な印象を残したのはキム・ジェウクでした。前作の「ボイス」で演じたサイコパスの役の時に、ゾットする演技を見せましたが、このドラマではジェントルなイメージのこれまでとは違うイメージを見せてくれそうです。彼の演じるキム・ジェウクの性格が分かりやすく表現され、今後ヒョンスとジョンソンとの関係が楽しみです。

ヤン・セジョンに関しては、正直この俳優ってこんなにカッコよかった?のと、驚きの再発見でした。「デュアル」、「ロマンドクターキムサブ」と「師任堂(サイムダン)色の日記」など、2016年から2017年にかけて精力的に活動され、高い注目を浴びています。「ロマンドクターキムサブ」ではソ・ヒョンジンと共演しているので、2回目の共演。期待以上に息のピッタリ合う年の差カップルのロマンスにドキドキしそうです。

雨宿りしている時、ジョンソンがヒョンスを見つめる表情にドキドキします。雨に濡れたはずなのにキレイなヒョンスと、カッコいいジョンソンに見とれていると、突然「付き合おう!」と告白するストレートさがいいですね。29歳のヒョンスと23歳のジョンソンに5年前に何があったのか、これからの展開が楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話 視聴率 7.2% 第4話 視聴率 9.2%

quetalsurinoさんより

 

3話・4話 あらすじ

オン・ジョンソン(ヤン・セジョン)のおかげで、落ち込んでいたイ・ヒョンス(ソ・ヒョンジン)の気持ちも晴れますが、会社を辞め作家を目指したことで同居する妹に居候のやっかい者扱いされているヒョンスは、我慢ができず道端で妹と激しく喧嘩をすることになります。姉妹の喧嘩を近所に住むジョンソンに見られてしまいます。

ジョンソン宛ての郵便物が間違ってヒョンス宅に届けられたことで、二人が再会することになり。。。ジョンソンと付き合うつもりはないと話しながらも、彼の誘いを断れないヒョンス。ジョンソンからの誘いに乗り、仕事を休んで出かけたヒョンスは、彼と楽しい一日を過ごします。

帰り道、乗るはずのバスの運行がキャンセルされることになりますが、ジョンソンが素早く電車のチケットを取り無事に帰ることができます。一日中幸せだったと話すヒョンスにジョンソンがそっとキスし、彼女は断ることなく彼のキスを受け入れます。

幸せな気分で、翌日仕事場に向かったヒョンスは、アシスタントを首になります。ショックで悲しい気持ちになった彼女は、ジョンソンを思い浮かべ、彼に会いたい一心でジョンソンの自宅に向かいます。一方、母に居場所を内緒にしていたジョンソン。ジョンソンの母が彼の居場所を捜し出して現れます。ヒステリックな母が耐えられず家を飛び出たジョンソンは、ヒョンスに会いたいと強く思い、彼女の携帯に電話をします。しかし、彼女は電話に出ず。。。

3話・4話 感想

5年前の二人のロマンスが描かれました。ヒョンスを見つめるジョンソンの眼差しが、羨ましくなるほど温かかったです。ジョンソンの突然の告白を断ったヒョンスも彼との時間を楽しむ様子です。ジョンソンが先に恋を始め、後を追うようにヒョンスもジョンソンにひかれていきます。

恋はタイミングとも言いますが、二人はどのようにしてそのタイミングを5年前に失ってしまったのか、気になる展開でした。重なる偶然のなか、恋に落ちていく様子が自然に描かれているところが好きでした。

ジョンソンの作った料理を気に入ったパク・ジョンウ(キム・ジェウク)は、お礼としてトリュフ持ってレストランを訪れます。今後二人のブロマンス(男の友情)が期待されるのでしょうかね。ジョンウは、ヒョンスとも今後関係があるようなので、それぞれの関係がどのように発展していくか、楽しみです。

フランスからのメールの返信を待つジョンソンですが、彼がフランスから韓国に一時帰国しているため、いつかはフランスに帰ることが分かります。突然現れたジョンソンの母との関係が引っ掛かります。この親子には何か問題があるのでしょうね。異常なほど息子に執着している様子の母がいることなど知らず、ジョンソンの家の前に立つヒョンス。携帯電話を持たないジョンソンは、彼女と連絡が取れず。。。この先どうなるの???まさかジョンソンの母とヒョンスが会うことになるのでしょうか。最後のシーンはハラハラしちゃいました。

[豆知識]俳優のリュ・ジンが特別出演しました。

愛の温度 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想

 

愛の温度 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー