愛するウンドン 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

フジテレビTWO(2017/6/13から)集中再放送 17:30から6話連続放送
●フジテレビTWO(2017/2/6から)月~金曜日深夜24時から 字幕
●2016.8.26 感想追加

愛するウンドン 사랑하는 은동아 全16話
2015年放送  JTBC
平均視聴率 1.39% 시청률
愛するウンドン DVD-BOX1
あらすじ

韓国でトップスターのパク・ヒョンス(チュ・ジンモ)。俳優として人気を博した彼は、突然自叙伝の出版を発表する。その目的は、初恋の人“チ・ウンドン”を捜すこと。
ヒョンスはウンドンと、10代の頃、運命的に出会いながらも突然離れ離れに。
20 代で再会するも、また彼女は姿を消してしまう。芸名をウンドンの名に近い“チ・ウンホ” として俳優活動をすれば彼女が気づいてくれるのでは、と彼女を思いながら10年間過ごしていた。その自叙伝の代筆を頼まれたのは、優しい夫ジェホ(キム・ テフン)とかわいい息子がいる、ソ・ジョンウン(キム・サラン)。
ジョンウンは、ウンホの音声データを聞きながら代筆するが、まるで彼の思い出に入ったような錯覚に陥る。さらに彼のウンドンへの言葉に、不思議な感情が生まれ…。

 2016y07m15d_102924380
KNTV 愛するウンドン 相関図
キャスト

チュ・ジンモ チ・ウンホ(パク・ヒョンス) 人気俳優
キム・サラン ソ・ジョンウン(チ・ウンドン) ウンホの初恋の相手、作家 10年前の記憶無。
ペク・ソンヒョン 20代のウンホ 公益勤務要員。無名の新人俳優
ユン・ソヒ 20代のチ・ウンドン 10年前に別れたヒョンスと再会、運命的な事故に遭う。

キム・テフン チェ・ジェホ ジョンウンの夫、元野球選手、下半身麻痺
キム・ユリ チョ・ソリョン ウンホの所属事務所の投資家、財閥令嬢
キム・ユンソ パク・ヒョナ ウンホの妹、ジェホの主治医
チョン・ドンファン   ウンホの父
イ・ヨンラン   ウンホの母
ナム・ギョンウプ ソ監督 ジョンウンの養父、プロ野球コーチ
ソ・ガプスク パク女史 ジョンウンの養母
ソン・ヨンスン ジョンウンの祖母
パク・ミンス チェ・ライル ウンドンとジェホの息子
キム・ヨンヒ イ・ヒョンパル ウンホの友人、DMエンターテインメント代表
キム・ミンホ コ・ドンギュ ウンホのマネージャー
キム・ミジン コ・ミスン ドンギュの従姉、美容室院長
キム・ソンハ   スタイリスト
ユン・ヒウォン   警察官

スタッフ /[脚本]ペク・ミギョン[演出]イ・テゴン
コメントにて随時感想募集中です。

1話 0.97%
2話 0.75%
3話 1.23%
4話 0.96%
5話 1.39%
6話 1.55%
7話 1.46%
8話 1.54%
9話 1.41%
10話 1.54%
11話 1.64%
12話 1.37%
13話 1.63%
14話 1.41%
15話 1.83%
16話 1.51%

最高視聴率 1.83% 最低視聴率 0.75% 平均視聴率1.39%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
job2さんの感想より

大人の鑑賞に十分耐えうる純愛ドラマ

20年間ずっと一人の女性を愛し続け、目の前から居なくなった彼女を探すために俳優にまでになった男性主人公を、奇皇后が記憶に新しいチュ・ジンモが大人の魅力たっぷりに演じています。

奇皇后でもスンニャンをひたすらに、一生をかけて愛し抜く男を重厚に演じたチュ・ジンモですが、今回は現代ドラマということもあって、時にコミカルに時に可愛らしく、彼の演技の幅の広さを見せつけるかのように演じています。最初にご紹介したように、話は本当にシンプルで現代ではありえないような設定ですが、こんな恋もあるかもしれないと思わせるのは、丁寧に演じている俳優陣の力が大きいように感じました。

ヒロインはシークレットガーデンで有名になったキム・サラン。お世辞にも芝居がうまいとは言えない印象の彼女でしたが、この「愛するウンドン」では20年間愛され続けられるにふさわしいヒロインと思わせる演技を見せています。儚げに見えながらも、芯が強く、純愛を貫こうとするヒロインを情感たっぷりに演じています。「こんな風に想われてみたい、愛されてみたい。そして自分も愛してみたい…」と大人の女性なら誰もが感情移入してしまうと思います。

音楽もとてもドラマにマッチしていて、サントラを聴くだけで2人の数々の名場面を思い出すことができます。大人の純愛ドラマを見たいと思うなら、今年はこのドラマがイチオシです。ストーリー展開が早いので、飽きさすことなくあなたを「愛するウンドン」中毒症へ誘ってくれると思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー