恋するパッケージツアー 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

恋するパッケージツアー  더 패키지  全12話

第9話視聴率 1.580%

amijkさんの感想より

 

第9話あらすじ

9話「ある男ある女」
ナヒョンが通う高校の校長や教師、保護者たちを前に、ナヒョンとの暮らしについて語るヨンソン。 娘のナヒョンが幼い頃妻に先立たれ、男手一つで育ててきました。仕事の関係で出会った 女性と付き合うようになりましたが、ナヒョンは彼女を受け入れません。ナヒョンが幼い頃から一緒に映画を観ていたヨンソン。映画監督を夢見るナヒョンが作った作品が問題視され、父であるヨンソンが学校に呼ばれたのでした。

ツアーの一行はドーヴィルへ。ドーヴィルはカジノで有名な観光地で、アメリカ映画祭やアジア映画祭が開催され、「男と女」という映画の撮影地であることをガイドするソソ。

靴の一件からマルにつれない態度をとるソソ。マルが話をしようとしてもとりつくしまがありません。夜、お洒落をしてシャンソンを聴きに出かけるソソ。マルはソソを追って同じコンサートを聴きます。

マルはソソに「ただ通りすぎるだけの人にはなりたくない」と話します。マルが男友達をソソの恋人たちだと誤解していたことを知ったソソ。マルはソソに靴を買ったとき、足に合わなかったときのためにサイズ違いでもう1足買ったことをソソに打ち明けます。それを聞いて、勝手に誤解していたことが恥ずかしくてマルの顔を見られないソソ。

恋人とはお互いのもとを去ったと話すマル。その頃マルの件の処理を命じられたオ代理は、待機処分になったマルの机を片付けていました。マルと一緒にペアで買ったサボテンを見て、片付けをビョンセに頼むオ代理。オ代理の机にもサボテンがありました。

ナヒョンのために学校でひざまずいたヨンソン。その様子を部屋の外で窺っていたナヒョンはヨンソンと手をつないで歩きます。ドーヴィルでも手をつないで歩く父娘。

ソソとマルも手をつないで、夜の海を見つめていました。

第9話感想

ヨンソンとナヒョンが父娘だったとは!大人びて見えたけどナヒョンはまだ高校生だったんですね。ナヒョンはヨンソンの再婚には大反対。紹介された席でも無視していました。相手の女性はそんなナヒョンについても理解がある様子でしたが、ヨンソンの旅行中には他の男性と浮気しているようです。ヨンソンとの再婚はなさそうですね。

ソソとマルはお互いに対する誤解が解けました。急に態度を変えたソソと、話をしたいのに素っ気なくされてしまって途方にくれたときのマルの表情が良かったです。

マルとオ代理はもうお互い、違う方向を向いて進み始めています。上司という立場上仕方ないとは言え、恋人を職場から抹殺する先頭に立たされてしまったオ代理。オ代理の机にはまだマルとペアで買ったサボテンがあるんですよね。マルがフランスでもう別の女性と恋愛していると知ったら驚くでしょうね。むしろ気楽になるでしょうか?

カジノを楽しんだガプスとボクチャ、ギョンジェとソラン。夫の顔色を窺って我慢ばかりしていたボクチャが、だんだん自分のしたいことをするようになってきました。今まで見たことのない妻の様子を見てガプスが目を丸くしているのが面白かったです。

旅も終盤に差し掛かっていますが、帰国してもマルは職場に居場所はなさそうです。といってこのままフランスにいるわけにもいかないだろうし、今後どうなるのでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率 1.955%

amijkさんの感想より

 

第10話あらすじ

10話「よく知りもしないくせに」
再婚はお父さんをとられそうでイヤなのかという担任の先生の問いに、いいえと答えるナヒョン。

ドーヴィルでの自由時間。ソソとマルはレンタサイクルで街中を回ります。ギョンジェとソランはショッピング。熟年夫婦は市場を見物していましたが、ボクチャの具合が悪くなります。海辺でのんびり過ごすナヒョン父娘。話がしたいというヨンソンに「寝てから」と答えたナヒョンは気づくといなくなっていました。バスに集合していたツアー客たちは、手分けして探すことに。

スマホに夢中になっていたナヒョンは無事バスに戻ってきます。ヨンソンとナヒョンが親子だったことを知り、驚く一行。ツアーは再びパリに戻ります。

仕事中のヨンソンの交際相手のもとに、ある動画が届きます。旅行中のヨンソンを撮りためたもので、「何をしてもだめな男、うちのパパを受け入れてくれてありがとう」「いつかママと呼びます」という字幕入りでした。

そんなことは知らないヨンソンは「そんなに結婚が嫌なのか。それならしないから、とにかく勉強しろ」とナヒョンに怒りをぶつけます。「何にも知らないくせに」とホテルの部屋を飛び出すナヒョン。

ボクチャは、昼間ナヒョン探しに非協力的だった夫に小言を言います。ボクチャを気遣っての行動で、ヨンソンにも妻の体調が悪いことを話して謝っていたガプスはやりきれません。

ソランはギョンジェにブランド物の名刺入れをプレゼントします。「10年付き合える人の名刺だけを入れると約束して」と、根気強く仕事をするように言うソラン。

夜間ツアーの代わりにマルをお気に入りのバーに連れていくソソ。しかしソソの今後について口を出してきたマルに不愉快になり、デートは台無しに。

第10話感想

本心は違うのに相手に誤解されてしまって、それを説明することもできずやりきれない気持ちになる、そんなことがそれぞれの登場人物に起こって、共感してしまいました。

ナヒョンはヨンソンの再婚を受け入れようとしていたんですね。ヨンソンの動画を沢山撮って、「愛してる」というセリフを言わせていたのもヨンソンの恋人に送るためでした。大好きなパパを取られたくない気持ちももちろんあるだろうけど、だからと言って反対し続けるほど幼くもありませんでした。

浮気していると思われたヨンソンの恋人は、女優だったようです。ヨンソンとは仕事のことで出会ったはずでしたが、女優の仕事のオファーだったのでしょうか?

今後もフランスでガイドをするつもりだと言うソソに、不用意な発言をしたマル。相手のことを思って言っているようで、踏み込み過ぎた発言だったかもしれません。ソソは「韓国の人は隅々まで知らなければ気がすまない」と、望遠鏡と顕微鏡の話を引き合いに出して怒っていました。
マルとしてはソソが帰国してくれたらこれからも一緒に過ごせる、という考えもあったのでしょうね。自分の考えをしっかりと主張するソソに肩入れしたくなる場面でした。

ボクチャとソランも、これまでパートナーに言いたくても我慢してきたことをハッキリ言っていて、変化を感じました。(今回のことに関しては、ガプスがボクチャの病気のことを知っているとは言えず、ちょっと気の毒でしたが)

【豆情報】ナヒョンが作り学校で問題視された動画は「それが知りたい」というTV番組のパロディー。
ヨンソンの恋人役 オ・ヨナ

ナヒョンの担任役 イ・ソユン

恋するパッケージツアー 11話・12話(最終回) あらすじと感想

恋するパッケージツアー  視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー