怪しい家政婦 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●エンタメ~テレ(2017/12/28-31)毎日8時から5話連続 字幕
●エンタメ~テレ(2017/9/1-28)集中再放送 月~金曜日9時から 字幕
●Dlife(2017/4/11から)月~金曜日15時から 字幕 2013
●チバテレ(2016/12/28-2017/1/3)毎日18時から3話連続放送12/28は19時から2話連続 字幕

怪しい家政婦  全20話
2013年放送 SBS
平均視聴率 8.0% 시청률
怪しい家政婦 DVD-BOX1
あらすじ

 ウン・サンチョル(イ・ソンジェ)は二男二女の父親で、子供たちの教育のためにフィリピンで暮らす妻たちと別居していた。ある日突然、妻が川で死に、子供たちは父親の元へ戻ってくるが、子育てに慣れていないサンチョルは戸惑う。サンチョルは長女の家事の負担を減らすために家政婦を雇う。派遣されてきたパク・ボンニョ(チェ・ジウ)は仕事は完璧だが、絶対に笑わず、命令されたことは何でもするという怪しい家政婦だった。
母親の死を受け入れられない末っ子のヘギョルをもどかしく思った長女のハンギョルは母親の遺品をボンニョに燃やさせる。それでも母親を忘れられないヘギョルはボンニョにある頼み事をするのだが…。

 2016y11m08d_143009979
KNTV 怪しい家政婦 相関図
キャスト

チェ・ジウ パク・ボンニョ(パク・ウンス) 家政婦 “頼まれたことは何でもします”
イ・ソンジェ ウン・サンチョル ボンニョの派遣先の家長、JK建設部長3年目。41才、4兄弟姉妹のお父さん。
ワン・ジヘ ユン・ソンファ サンチョルの愛人、職場の後輩 美人職場の花
キム・ソヒョン ウン・ハンギョル サンチョルの長女、18才軽音部
チェ・サンウ ウン・ドゥギョル サンチョルの長男、劣等生
ナム・ダルム ウン・セギョル サンチョルの次男、優等生 勉強が唯一の趣味
カン・ジウ ウン・ヘギョル サンチョルの次女 7才、幼稚園児。
キム・ヒジョン ウ・ソニョン サンチョルの亡妻
パク・クニョン ウ・クムチ サンチョルの義父(妻の父)
シム・イヨン ウ・ナヨン サンチョルの義妹(妻の妹)、よくころぶ
チョ・ヨヌ チェ部長 サンチョルの後輩、JK建設部長
チャン・ソウォン イ・ドンシク JK建設社員
ペク・スンヒョン キム課長 JK建設課長
キム・ヘスク ホン所長(ホン・ブンナム) ボンニョが所属する家政婦紹介所の所長

スタッフ /監督:キム・ヒョンシク脚本:ペク・ウンチョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
kan_writeさんの感想より

●変わらず美しいチェ・ジウにウットリ、日本版のストーリーとの違いに注目

「家政婦のミタ」のリメイクで、前半は日本版とほぼ同じストーリーです。でも後半から出てくる謎の男は、オリジナルストーリーで、新しいドラマを見ている感じで楽しめます。

謎の男を演じているソン・ジョンホは「王女の男」で初めて見た俳優ですが、そのときはイケメンだし背が高いなと思っていました。でもこのドラマではひたすら、気持ち悪い! としか思えず、演技がうまいんだなと実感しました。

主役のチェ・ジウは、無表情・ダサい服・ほぼすっぴん、なのに、美しさとスタイルのよさは隠せません。撮影時点で38歳、こんなにきれいなアラフォーはなかなかいません。

話自体は少し暗めですが、ところどころコメディっぽいので、深刻になりすぎずに楽しめます。個人的には日本版よりコメディ要素が多かったように感じました。チェ・ジウ演じるパク・ボンニョに惚れている肉屋のおじさんが笑わせてくれます。肉屋のおじさんの息子シン・ウジェを演じているのはパク・ジビン。この子、「イサン」の子役を演じていたのです。イサンが米びつの前で泣くシーンに涙を誘われた人なら、大きくなったなと目を細めてしまうこと間違いなし。彼はウン家の長女に恋していますが、彼女が好きなのはスヒョク先輩。ウジェの立ち位置はどう見てもただの友達……ですが、イサンファンとしては、ウジェの恋が実ってほしかったので逆転を期待していました。

ウン家の家長の浮気相手、ユン・ソンファには心から腹が立ちました。人の家庭を壊しているのにまったく反省していない! ボンニョさん早く懲らしめて、と応援せずにはいられません。

謎の男の登場はオリジナルですが、ラストは日本版と違うのかな? 同じなのかな? ハッピーエンドがいいな、とワクワクしていました……ハッピーかどうかは見てご確認を!

wattenandotaotaさん

涙の女王と言われたチェ・ジウの新たな魅力を発見できる作品です。最初、チェ・ジウが演じる家政婦ボンニョさんはとても無表情で淡々と話し、謎めいています。そのミステリアスな演技も魅力的ですが、家政婦として働くウン家との交流を通して、徐々に心を取り戻していく過程も素晴らしかったです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー