応答せよ1997 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2016/10/27から)木曜日深夜24:30から 字幕

応答せよ1997 응답하라 全16話
2012年放送 tvN
平均視聴率 3.21% 시청률
応答せよ 1997 DVD-BOX1 <シンプルBOXシリーズ>
あらすじ

5000万人が夢中になった初恋のゆくえ…韓国ドラマの歴史を変えたラブストーリー

 2012年、釜山のある高校の同窓会で、1組のカップルが結婚を発表するという。結婚発表する2人とはいったい誰なのか…。そして15年前、彼らが高校生だった1997年に時は遡り…。成績は全校最下位だが人気男性アイドルH.O.T.のトニーの熱狂的追っかけファンのシウォン(チョン・ウンジ)は勉強も恋もそっちけでH.O.T.中心の熱い高校生活を送っていた。
そんなある日、親友ユジョン(シン・ソユル)がシウォンの幼馴染みで、成績校内1位のユンジェ(ソ・イングク)に告白したことを知る。いつの頃からかシウォンに想いを寄せていたユンジェは、その告白への返事をどうするかシウォンに相談するのだが・・・。

 2016y08m23d_215936204
BS JAPAN 応答せよ1997 相関図
キャスト
チョン・ウンジ(A Pink)ソン・シウォン 「H.O.T」トニーの熱狂的なファン、放送作家
ソ・イングク ユン・ユンジェ シウォンの幼なじみ、判事 幼い頃に両親を亡くす。
ホヤ カン・ジュニ ユンジェの友人、医師、校内2位の成績を誇る優等生。
シン・ソユル モ・ユジョン シウォンの友人、幼稚園の先生 ミーハー
イ・シオン パン・ソンジェ ユンジェの友人、保険設計士 ムードメーカー。
ウン・ジウォン ト・ハクチャン ユンジェの友人、ソウルからの転校生
ソン・ジョンホ ユン・テウン ユンジェの兄、シウォンの担任の数学教師 高校時代は秀才ソン・ドンイル ソン・ドンイル シウォンの父、野球監督
イ・イルファ イ・イルファ シウォンの母、専業主婦ノ・ジヨン チャン・ダンジ シウォンの友人、キュレーター
ソナ キム・ソナ シウォンの友人、野球中継キャスター
チョン・ギョンミ チョン・ギョンミ シウォンの友人
ユン・ヒョンビン ヒョンビン キム・ソナの夫、チョン・ギョンミの同僚
ヤン・セヒョン ヤン・セヒョン チョン・ギョンミの夫
シン・ボンソン   「H.O.T」ファンクラブ釜山支部役員
イム・シワン ROTCソウル兄さん シウォンがチャットで知り合った大学生
キム・グクジン キム・グクジン 「キム・グクジンのスタードキュメンタリー」のMC
トニー・アン トニー・アン 「H.O.T」メンバー
スタッフ /[脚本]イ・ウジョン[演出]シン・ウォンホ
コメントにて随時感想募集中です。

視聴率

1話・2話 1.20% 1.80%
3話・4話 1.20% 1.70%
5話・6話 1.60% 2.10%
7話・8話 3.20% 4.50%
9話・10話 3.00% 3.80%
11話・12話 3.40% 4.40%
13話・14話 3.70% 4.70%
15話 4.10% 5.50%
16話 7.50% 9.4%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
marikoさんの感想より

日本人でも懐かしくなる青春ドラマ!

「応答せよ」シリーズの第1作目である本作。韓国でものすごくブームになったドラマということで、私も楽しみに鑑賞しました!

私は1997年頃の韓国のことは知らないので、このドラマを観て「なるほど~」と思うことばかり。主人公シウォンが好きなH.O.T.というアイドルは、今もたまに韓国のバラエティ番組などで話題になるので聞いた事がある人も多いはず。韓国のアイドルファンは熱狂的というのも噂には聞いたことがありましたが、このドラマの主人公シウォンは本当にすごい!
「H.O.T.のためなら出来ないことはない!」というくらい、激しいです。

日本人の私にとっては未知の世界なのですごく驚きましたが、韓国ではこのドラマに共感した人が多いということは、韓国のアイドルファンのイメージはシウォンみたいな感じなのでしょうね。

そんなシウォンに恋をする幼馴染のユンジェ!しかしシウォンはH.O.T.に夢中すぎてシウォンの気持ちに気付かないんです。。。シウォンが鈍感すぎて、すごくもどかしかったり笑えたり。まだ本当の恋愛を知らないシウォンがすごく可愛かったです。

それにしても、ユンジェは運動も勉強もできるモテる男子なのに、シウォンはユンジェのことを子分みたいに扱います。。。なぜ!?ドラマを観ながら、ずっとシウォンにツッコミまくりでした。(笑)

そして、高校の仲間たちも本当に面白いキャラの面々なのも良かったです。高校生役なのに、「絶対おじさんだよね!?」みたいな老け顔キャラの子が何人かいて、ドラマを盛り上げてました。シウォンの両親も面白くて優しくて、観ていると心が温まります。

1997年の韓国を知らない私でも、懐かしい気持ちになってしまうドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー