恋のスケッチ~応答せよ1988~視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●日テレプラス (2017/10から)字幕
●BS11(2017/8/1から)月~金曜日15:29から
●DATV(2017/7/29から)集中再放送 早朝4:30から
邦題:恋のスケッチ

恋のスケッチ~応答せよ1988~ 응답하라 1988 全20話
2015年放送 
平均視聴率 18.8% 시청률 tvN
応答せよ1988 韓国ドラマOST Vol.1 (tvN) (韓国盤)
あらすじ

 時は1988年。韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ(Girl’s Day))は、両親と姉、弟の5人家族。鬼のような姉、ボラ(リュ・ヘヨン)とはささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのは決まってボラだった。近所に住む幼なじみ、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュニョル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、お調子者のドンリョン(イ・ドンフィ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)とは兄弟のように育ち、母親たちの日課である「お裾分け」のせいで彼らの家の食卓に上るメニューは毎日同じになってしまう日々を過ごしていたが…。

 Mnet 応答せよ1988
キャスト

ソン・ドクソン(ヘリ(Girl’s Day)
学校の成績は999番。成績よりもおしゃれに興味津々の高校2年生。がさつだが、愛嬌があり皆に好かれる女の子。

チェ・テク(パク・ボゴム)
13歳で史上最少年タイトル天才囲碁少年。優しく物静かな性格。

キム・ソヌ (コ・ギョンピョ)
母と小さい妹の3人暮らし。家族の面倒をよく見る優しい男。生徒会長もつとめる。
キム・ジョンファン (リュ・ジュニョル)
サッカー好きの高校生。優しい一面を持つ優等生。キム家の次男。ドクソンのことが気になる。

ソン・ボラ(リュ・ヘヨン)
ドクソンの姉。ソウル大学の数学教育科。怒ると鬼のように怖く、ソン家でも近所でも1番の権力者。
ソン・ドンイル役:ソン・ドンイル
韓一銀行 ソン家の父親

イ・イルファ役:イ・イルファ
ソン・ドンイルの妻

ソン・ボラ役:リュ・ヘヨン
ソン家の長女

ソン・ノウル役:チェ・ソンウォン
ソン家の長男、末っ子

キム・ソンギュン役:キム・ソンギュン
キム家の父、成金
ラ・ミラン役:ラ・ミラン
キム・ソンギュンの妻

キム・ジョンボン役:アン・ジェホン
キム家の長男、浪人6年生

ドンリョン役:イ・ドンフィ
高校2年生

スタッフ
コメントにて随時感想募集中です。

1話 6.12%
2話 6.84%
3話 7.78%
4話 8.25%
5話 10.15%
6話 9.26%
7話 11.04%
8話 11.29%
9話 11.56%
10話 13.37%
11話 12.23%
12話 13.06%
13話 12.86%
14話 15.13%
15話 15.19%
16話 15.37%
17話 15.47%
18話 17.19%
19話 17.60%
20話 18.80%


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
miikhuwaamsukさんの感想より

家族愛に毎回泣かされる作品

毎回大人気となる応答せよシリーズですが、本当にこのシリーズは期待を裏切らない良いドラマですね。今回も最終回の視聴率は19%と言うすごい視聴率を出しました。
今までの応答せよシリーズの中で、家族愛、青春、友情が一番強調されてたドラマだったと思います。特に、親子の細かい愛情表現が毎回描かれていて、毎回号泣させられました。

韓一銀行の万年代理ソン・ドンイルさんとイ・イルファさんの夫婦役も良かったですが
今回はジョンファンの母親役ラ・ミランさんとキム・ソンギュンさん夫婦役が物凄く良かったです。夫婦役の俳優さんたちは、みなさん大物ベテラン俳優さんなので配役がとても魅力的です。

特に数々の人気ドラマに出演しているラ・ミランさんの演技の幅の広さと歌とダンスの上手さには本当に驚かされ、そして笑わせられます。ラ・ミランさんと自分をリンクさせて観てしまう方もたくさんいると思います。それくらいラ・ミランさんのキャラクターや演技力に引き込まれてしまいますよ。きっとラ・ミランさんが出演しているドラマに自然と注目してしまうファンの方は多いと思います。

天才囲碁少年テク役のパク・ボゴムさんは、純情で透き通った役柄を見事に演じていました。パク・ボゴムさんはこのドラマで一躍人気者になった俳優さんですのでこれからも注目する価値のある俳優さんだと思います。ラブラインもありますが、家族愛に重点をおいた作品として観ても十分楽しめて泣けるとても良い作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー