復活 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●テレ朝チャンネル2(2016/11/10から)集中再放送 木・金曜日11時から2話連続放送 字幕
●テレ朝チャンネル2 (2016/9/7から)集中再放送月~金曜日早朝4:25から

復活  全24話
2005年放送 
平均視聴率 11.9% KBS
復活 コレクターズBOX [DVD]
あらすじ

20年前のある豪雨の夜、一人の男が血だらけの子供を抱えて父と娘の貧しい家を訪ね、その子供を預けて去っていく。
20年後その子は刑事となっていた。彼の名前をハウンといい、正義感の強い刑事として真正面に犯罪捜査をしていた。20年前の事故で7歳以前の記憶を喪失したまま、賭博師ジェスに預けられて育つが、ハウンは義妹ウナがいて幸せだ。

 

2016y04m19d_162107213
 日本版 復活 公式サイト 相関図
キャスト

オム・テウン (1人2役)

ソ・ハウン(ユ・ガンヒョク) 刑事 (双子・一卵性双生児)
ユ・シンヒョク ハウンの双子の弟、ムルン建設副社長

ハン・ジミン  ソ・ウナ ハウンの義妹 インテリアデザイナー

コ・ジュウォン チョン・ジヌ 建設会社J&C副社長

ソ・イヒョン イ・ガンジュ シンヒョクの友人、テレビ局新人記者 政治家の娘

ソヌ・ウンスク キム・イファ ハウンとシンヒョクの母
イ・ジョンギル カン・インチョル イファの夫、(再婚)ムルン建設会長
キ・ジュボン チョン・サングク ジヌの父、J&C会長
キム・ガプス イ・テジュン ガンジュの父、政治家

アン・ネサン ユ・ゴナ ハウンとシンヒョクの亡父、元刑事
カン・シニル ソ・ジェス ウナの父、ハウンの養父、屋台店主

キム・ギュチョル チェ・ドンチャン ホテル副社長
イ・ハヌィ イム・デシク(エドモンド) 殺害被害者、ホテル社長、エドモンドは洗礼名
チェ・ウォンソク ヤン・マンチョル 死刑囚

イ・デヨン キョン・ギド ベテラン刑事、ゴナの後輩刑事でハウンの上司
コ・ミョンファン キム・スチョル ハウンの同僚刑事で友達

 

スタッフ [脚本]キム・ジウ[演出]パク・チャンホン、チョン・チャングン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
teikokuさんの感想より

韓流ブームだった頃の韓国ドラマは,ひとつのセオリーとして「運命に翻弄されて人生を狂わされてしまう」というストーリーがあったと思います。本作もまさにそのセオリー通りの作品でした。日本でも江戸時代には仇討ちが合法とされておりましたが,誰もが心の片隅に抱いている復讐心を刺激するような作品でした。

主演のオム・テウンは,二役という難しい設定を見事に演じ分けておりました。オム・テウンを初めて見たのは,ドラマ「快傑春香」です。ヒロインに思いを寄せる年上の芸能プロダクション社長役。主演カップルに気持ちを入れて見ていため,少し煙たい存在でした。そんなイメージのまま本作を見ることになりましたが,すぐにそのイメージは吹き飛び,ハウンに入り込めました。

オム・テウンのお姉さんは歌手で女優のオム・ジョンファだそうです。名前を聞いてもピントこなかったので調べてみると「12月の熱帯夜」で人妻でありながら道ならぬ恋に溺れるヒロインを演じていたのがオム・ジョンファでした。ドラマで演技している姿しか知りませんが,あまり似ていないように思います。

ウナ役はハン・ジミンです。穏やかで可愛らしい印象のためか「宮廷女官チャングムの誓い」や「イ・サン」等,優しい役が多い女優です。本作でも砂漠のオアシス的な存在でした。また,「オールイン」では,ヒロインの少女時代を演じておりましたが,成人後を演じたソン・ヘギョと同年齢とのことです。とても幼く見え,全く違和感はありませんでした。

また,ハウンというか弟・シンヒョクのライバル会社副社長で,ウナを巡る恋のライバルでもあったジヌ役はコ・ジュウォンが演じております。後に出演した「王と私」では第9代国王成宗を演じておりました。時代劇の重厚な役柄も名演でしたが,現代の実業家もハマっておりました。世間の評価も高く,コ・ジュウォンは本作でKBS演技大賞・新人演技賞を受賞しました。

これら主要キャストの他,脇も演技力のある実力派俳優により固められており,見応えタップリの作品でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー