家族の秘密 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/5/13から)集中再放送 16話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2016/11/1から) 火曜日?22:40から 字幕
●BS11(2016/10/12から)集中再放送月~金曜日13:59から 字幕
●チバテレ(2016/9/14から)月~木曜日22時から(毎月第4木曜日は休止)
●2016.8.11 感想追加

家族の秘密 가족의 비밀 全103話
2014年放送 
平均視聴率 1.784% 시청률 tvN
家族の秘密 DVD-BOX1
2009年にチリの国民的ドラマとして大ヒットし、2012年にはアメリカで「ミッシング」としてリメイクされた話題のサスペンスが原作。

あらすじ

 国内屈指の財閥であるジンワングループの長男テソンに嫁いだジョンヨンは、会長である姑ジュランや小姑テヒたちに囲まれ息の詰まるような結婚生活を送っていた。そんな中、ジョンヨンが最も愛する娘ウンビョルが婚約式の日を迎える。ところが、主役であるウンビョルは式の会場に現れず、そのまま姿を消してしまう…。当初は家出と思われたが、1週間経っても音沙汰がない。事件に巻き込まれた可能性を考え胸が張り裂けそうになるジョンヨンの元に一本の電話が入る。「ママ、愛してる…」とウンビョルの声が聞こえた後、すぐに切れてしまった電話に取り乱すジョンヨン。そんなジョンヨンの想いを汲んで、テソンはウンビョルの婚約者であるソ検事に捜査を依頼するが、そこで事件を担当することになったのは、ジョンヨンのかつての恋人、ジュニョクだった。真実を追い求めるジョンヨン、そして、事件をきっかけに開かれたパンドラの箱と解き放たれた家族たちの秘密と欲望…。果たしてジョンヨンは再びウンビョルを抱きしめることができるのか―?

キャスト

シン・ウンギョン ハン・ジョンヨン(エリス・ハン) ジンワングループの嫁
キム・スンス コ・テソン ジョンヨンの夫、ジンワングループ代表理事
リュ・テジュン ミン・ジュニョク(ユン・スホ) 江南警察署強力班刑事、ジョンヨンの元恋人
イ・イルファ コ・テヒ テソンの姉、ジンワングループ理事
チャ・ファヨン チン・ジュラン テソンの母、ジンワングループ会長
リュ・ヒョヨン コ・ウンビョル ジョンヨンとテソンの娘

チェ・ヨンミン ハン・マンボク ジョンヨンの父、ジンワンフード代表
イ・ジョンジュン ハン・ジョンフン ジョンヨンの弟、テソンの秘書
キム・ミヨン ジョンフンの妻
ソヌ サ・ギョンミ ジュニョクの相棒刑事
ソン・ドッキ キム・チジュン ジュニョクの同僚刑事
シン・ソンウォン チュ・チャンシク ジュニョクの先輩

アン・ジョンフン チャ・サンミン テヒの夫、ジンワングループ常務
シン・ドンミ コ・テラン テソンの妹、バツイチ
シン・ジホ チャ・ゴヌ サンミンと前妻との息子、大学生
ユ・リギョン チャ・ユリ テヒ夫婦の娘
ユン・ジェソン カン・チャン テランの息子

スタッフ /演出 : ソン・ドジュン 脚本 : イ・ドヒョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
Hiromiさんの感想より

あなたはいくつ見破れますか?

ドラマ「欲望の仮面」と同じく、キム・スンスとシン・ウンギョンが夫婦役で出演していますが、最初から最後まで、良い意味で、何度も騙されました。

ハン・ジョンヨン(シン・ウンギョン)の子供が実の子供ではないのか、マ秘書の息子がコ・テソン(キム・スンス)の本当の息子なのか、等々、実際にDNA鑑定の結果が出てくると、こちらも信じ込んでしまいました。ウンビョルが亡くなったことも、その後そっくりな女性が現れても、信じられないぐらいでした。

結局は、キム博士(医師)を使って検査結果を操作などしていたのですが。普通、ドラマといえば、気軽に楽しむために観るものだと思いますが、そういった感じで観ていたのでは、また一杯食わされるとばかりに(笑)、

後半は、真剣に、色々考えながら鑑賞しました。そうしたら、終盤で、チャ・サンミンが息子の写真の裏に証拠となるSDカードを隠していて、それをジョンヨンが空のSDカードにすり替える場面で、その直後に、チャ・サンミンがSDカードが有るか確認して、青いカードが有るのを見て安堵する場面に遭遇。ジョンヨンがよく同じメーカーの青いカードを持っていたと、もし黒いカードを準備していたらバレてしまっていたでしょうに、などと、ちょっと小ネタに嬉しくなったりして観ることができました。

安心して食事風景を見守ることができたのは最終回だけと言えば大袈裟かもしれませんが、騙し、騙され、展開が早く、驚きや以外な発見も満載で楽しめるドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー