宇宙の星が 5話・6話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

三色のファンタジー 第1弾 宇宙の星が  우주의 별이 MBC版全6話 衛星劇場版全3話

amijkさんの感想より

第5話・6話(最終回)あらすじ

周囲の目を気にしなくなったウジュは、ピョリと海に向かいます。母が亡くなって以来、疎遠になっている父のことを話すウジュ。ピョリはウジュの携帯からウジュの父(イ・デヨン)に愛しているとメッセージを送ります。

セジュに片想いしているソリは、セジュに告白しますが、セジュは「僕はそんなに良い人間ではない」と受け入れません。

セジュがずっと見舞い続けてきた女性患者の病状が悪化します。ソリは「こんな偶然があるなんて」とウジュに連絡。病院に駆けつけたピョリは母に語りかけ、最期を看取ります。

セジュがピョリに謝罪します。高校生だったピョリをひいた車を運転していたのは、セジュだったのです。ピョリはセジュを許そうとしません。

ウジュはピョリとの恋愛が公になった影響で、コンサートがキャンセルになります。マネージャーがウジュを連れていった先では、心あるファンたちが集まり、即席コンサートが始まります。見守っていたピョリは、怪しい人物を見つけます。ピョリが刺されそうになったとき、ピョリの代わりにウジュが刺されてしまいます。

ピョリは後輩の死神、ヨンギと交渉し、彼の娘が死ぬときに代わりに死ぬ約束で、ウジュと共に過ごす時間をくれるようにク所長にとりなしてくれと頼みます。ク所長と自分との縁について明かし、許すと言うピョリ。

ウジュとピョリは結婚。やがて息子も生まれ、幸せな日々を過ごします。そして約束通り、ヨンギの娘の代わりにピョリは旅立ちます。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第5話・6話(最終回)感想

色々とビックリすることが多かったです。最後まで見てみると、登場人物がそれぞれ関わりがあったんですね。

セジュがピョリをひいた運転手だったのも驚きましたが、まさか死神人材派遣会社の所長がセジュのお父さんだったとは!息子のセジュを助けた結果、ピョリが死ぬことになってしまったんですね。

ピョリは高校生のとき、ウジュに「結婚してください」と熱烈なファンレターを送っていて、それを読んだウジュがピョリに連絡して、会う約束をしていたことが明かされました。だから遊園地のチケットが出てきていたのね…。憧れのスターとデートの約束をしていたら、死んでも死にきれないですね。ファンをデートに誘うとは、ウジュにもちょっとビックリしました。

7つの未練のうち、6つめは「勇気のある許し」で、最後のひとつは何なんだろうと思っていましたが、「未練のない別れ」でした。旅立つピョリにも、ウジュと息子にも、未練がないはずはないけれど…。悲しい別れでした。

 

 三色のファンタジー 第1弾 宇宙の星が 視聴率 あらすじ キャスト
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー