嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●ホームドラマチャンネル(2017/10から)集中再放送 字幕
●BS-TBS(2017/9/13から)オリジナルは全24話月~金曜日17時から 字幕
●ホームドラマチャンネル(2017/6/6から)月・火曜日14時から 字幕

嫉妬の化身 질투의 화신 全24話
2016年放送 SBS
平均視聴率 10.5% 시청률
 2016y09m30d_091042928
SBS 嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~公式サイト
あらすじ

 学歴もお金もない非定期職の気象キャスターピョ・ナリ。放送局入社早々、イケメン記者イ・ファシンに一目ぼれしてずっと片思いをしていた。しかし、ファシンとは何もなく、彼は”ある事”のせいでバンコクに飛ばされる。そんなある日、ひょんなことでファシンと仕事をすることになったナリは、バンコクに向かう飛行機の中でイケメン御曹司コ・ジョンウォンと出会い胸をときめかす。でも、実はジョンウォンとファシンは親友だった。バンコクで集まった3人。三角関係のような…?ないような…?妙な関係が始まろうとしていた…

2016y11m16d_094418734
 KNTV 嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~ 公式サイト (相関図)
キャスト

ピョ・ナリ役  コン・ヒョジン
31歳、女 SBCニュース 気象キャスター 3流大学出身
イ・ファシン役  チョ・ジョンソク
36歳、男 SBCアンカー、記者、バンコク特派員 頭が良くて男前

コ・ジョンウォン役  コ・ギョンピョ
(36歳)アパレル財閥3世、自身も輸入ブランド品ショップ3〜4個の運営、イケメン御曹司 ファシンの親友

ケ・ソンスク役  イ・ミスク
50歳 SBC仕上げニュースアンカー、記者出身、ファシンの「最初の」兄嫁
パン・ジャヨン役  パク・ジヨン
48歳 SBCアナウンサー局長、ソンスクと同期入社、ファシンの「第二の」義理の姉、夜12時のラジオの音楽番組進行

イ・ソンジェ役 ギムラク
42歳-ロックパスタオーナーシェフ、ヴィラの家主、

ソ・ジヘ :ホンヘウォン
29歳- SBCアナウンサー、報道局アンカー出身の大統領府広報首席の娘

高校生3人組

イ・パルガン役 ムンガヨン
18歳(子役:ジョーイェリン) -高3、勉強できず全校200番、

ピョ・チヨル役 キム・ジョンヒョン
18歳 高3、全校で1〜2番の秀才、ナリの弟

オ・テグ役 アンオヨン
18歳 高3、ピョ・チヨルと争う全校1〜22番の秀才、大邱海洋水産の息子

スタッフ /脚本:ソ・スギャン 演出:パク・シヌ
コメントにて随時感想募集中です。

第1回 7.30%
第2回 8.30%
第3回 8.70%
第4回 9.10%
第5回 9.90%
第6回 9.20%
第7回 8.10%
第8回 10.10%
第9回 12.30%
第10回 13.20%
第11回 12.10%
第12回 12.30%
第13回 11.90%
第14回 12.60%
第15回 11.20%
第16回 11.70%
第17回 11.30%
第18回 11.80%
第19回 10.20%
第20回 10.20%
第21回 9.70%
第22回 10.60%
第23回 9.40%
第24回 11.00%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
mii11223345さんの感想より

●2016年代表的なラブコメディ

私の中で、この人が出てたら間違えなく面白いと確信が持てるコン・ヒョジンが出演の為、見始めたこの作品。ストーリーとしては、凄く狭い所で複雑な関係に繰り広げられるラブコメディで少し題名からの内容はパンチに欠けるが、登場人物1人1人の個性が強く、またそれにしっかりとマッチしたキャストがドラマをしっかり盛り立てており、主人公以外のシーンも楽しく見れます。

また、恋愛をした事がある誰しもが感じた事のある感情、片思いや過去の自分の取ってしまった事への後悔、付き合っていても不安な気持ちなど、共感しやすい情景がキャラクター達の心情表現や回想の至る所に散りばめられているので、分かるその気持ち!と感情移入出来る事間違いなしです。

ニュースキャスター、お天気お姉さんが主要で出てくるので、オフィスファッションから流行中のストーリーファッションまで幅広く見る事ができるので、そこも注目して見ても楽しいです。また、見ていてハラハラドキドキする様な感じでは無いですが、安定して面白く私は毎回違う誰かを応援したくなってしまうような作品です。

男性が乳癌という通常ではあまり出てこない設定ではありますが、その設定の為チョ・ジョンソクの鍛え上げられた肉体が惜しみなく出てくるのも女性の方には嬉しい見所の1つかもしれません。10代、20代、30代、40代と幅広い年齢層の恋愛模様を描いてる作品なので、誰が見ても共感でき楽しくも切なくたまには懐かしい気持ちにもなれる2016年代表的なラブコメディです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー