女を泣かせて 4話・5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

女を泣かせて  全40話

第4話 あらすじ

ギョンチョルの曖昧な態度に業を煮やしたジニはドギンの元へ押しかけ、ギョンチョルと結婚すると宣言する。そしてギョンチョルもドギンに離婚を迫る。

ドギンがギョンチョルの浮気を知ったことに気づいたボンネはギョンチョルを責めるが、自分のことは死んだと思ってくれと言われてしまう。

一方、カン家では会長であるテファンの孫ユンソとヒョンソのどちらが後継者になるかを巡り、母親のホンナンとウンスがますます対立を深めていた。

http://www.kntv.co.jp/story/p0693/story04.php

カン・ジニ役 ハン・イソ 한이서
2016y11m18d_083346610
出典:http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=31172
カン会長の末娘。ギョンチョルと不倫、結婚を望んでいる。
ハン・イソ 生年月日 1985年 7月 19日身長/体重 165cm, 45kg 『太王四神記』(07/MBC)女を泣かせて」を通して本格的な演技活動を始める。30歳を超えてのデビューは珍しい。

【4話感想】

saramiの子さんの感想より

あんな格好良いドギンに、4話ではいきなり酷い仕打ち。なかなか見てられませんでした。ジニもギョンチョルも、どちらも、種類に違いはあれど酷いのは間違いありません。そんなときに強いのが、今まで築き上げてきた信頼感。家族ってすごいですね~~。ボンネの圧倒的なお叱り・ぶったたき。良いですね。それでも離婚はしたくないドギンに向けたラストシーンがどうにもさらに見てられません。お金渡されて、こんなに息が詰まるのに離婚しないなんて無理だ、なんて死んでも言われたくない。というか言われた時点で強く返さないのがまた、ドギンも女性なんだなあと感じます。

正に、タイトル通り、「女を泣かせて」……って感じ。最後のジヌのやさしさに唯一癒されて、なんとか持ち直せるけどほんとに辛い回です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第5話 あらすじ

ホンナンの後押しもあり、ヒョンソは好意を抱いていた看護師のヒョジョンと食事の約束を取りつける。2人が恋仲になることに危機感を覚えたウンスは、ヒョンソの縁談をテファンに提案する。

ジヌの教え子のヒョンジンは、姉の元交際相手を殴ってケガをさせてしまう。その男は大金を積まないと示談に応じないと言い張り、ヒョンジンは退学の危機に陥ることに。ヒョンジンを放っておけないドギンは、ジヌを伴い男を待ち伏せるのだが…。

http://www.kntv.co.jp/story/p0693/story05.php

カン・フョンソ役 チョンドゥン 천둥
2016y11m18d_084518261
出典:http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=31172
ウンスの息子、病弱で気も弱い。
チョンドゥン生年月日:1990年10月7日身長:180cm、体重:65kg、血液型:A型 元MBLAQ(エムブラック)のメンバー。
2013年:MBC Queen「ネイルサロン・パリス」(ジン役)

【5話感想】

saramiの子さんの感想より

ドギンとジヌ二人っきりの静かな情景に、前回までのはらはらとほっとする感覚があいまってなんだか視聴者もふりまわされる。

そんな中、事の原因であるジニ&ギョンチョルよ……哀れに仲間割れ。声を聴きたくなくても、一緒に暮らさなければならない、それが夫婦、という台詞が刺さります。結婚ってそれほど重たいこと……人は心変わりしない、とは言いきれないし、かといってずっと一人でもいられなかったり。私ならドギンの立場、もしくはジニの立場だったらどうするんだろうと思ったけど答えが出ませんでした。

しかし、しかしやっぱりジニの空気読めなさが凄すぎる。皆ドギンの味方な家族一同の中にひょっこり現れちゃうのその感じ!追い返されたところはざまあみろと思ってしまいました。なんてったって第5話、そのあたりからドクインの健気さ(ボンネへの手紙や、ヒョンジンのためにわざと殴られるとか)があふれるので、どうしても味方になりがちになってしまいました。

第6話 あらすじ

ヒョンソが会社を継ぐのを阻むため、ヒョジョンとヒョンソの仲を取り持とうとするホンナン。危機感を抱いたウンスは、ヒョジョンをやめさせるよう姑に持ちかける。

一方、離婚を受け入れないドギンを説得するため、ギョンチョルとジニはドギンに会いに行き、手切れ金を渡そうとする。ジヌはドギンの店の前で2人に会い、ドギンの夫ギョンチョルと自分の妹ジニの関係を知ってしまう。ドギンと夫がよりを戻すよう一肌脱ぐジヌだったが…。

http://www.kntv.co.jp/story/p0693/story06.php

パク・ヒョジョン役 イ・ダイン ギョンテの交際相手、ヒョンソの担当看護師

【6話感想】

saramiの子さんの感想より

ドキンが殴られたことに腹を立てたジヌに、ハテナマークを浮かべるドクインが鈍感で楽しい! 夫にも心配されたことないのにって悲しすぎる。ジヌも呆れてるし。そうやって人のために自分を蔑ろにしてしまう感覚とかはやっぱり前職の影響が大きいんでしょうか。

また、ヒョジュンとギョンテの関係もなかなか。ギョンテ自らヒョジュンに対して「ヒョンソと結婚しろ」って言っちゃうデリカシーのなさ。そりゃあ水もかけられます。

そしてジニ・ギョンチョルコンビは毎回毎回きっつい。ドギンと三人での対面……。土下座しろ、はなかなかな仕返し。ふと思うけどこのドラマ皆性格きついっすね。それでも離婚しないと言い切るドクインも凄い。

そしてついにジヌにばれちゃう! 早速家族に相談しだすジヌもなかなかだな。そしてお前変わったなって一気にどやされるジヌに笑う。ドギンの影響の輪が広がっている。

女を泣かせて 7話・8話・9話 あらすじと感想

女を泣かせて 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー