女の香り 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●群馬テレビ(2016/7/30から)土曜日16時から  2011

女の香り 여인의 향기 全16話
2011年放送 
平均視聴率 17.2% 시청률 SBS
女の香りDVD-BOX (韓流10周年特別企画DVD-BOX/シンプルBOXシリーズ)
あらすじ

着飾ることや遊ぶこと、心ときめくような恋をすること。やりたいことを楽しむこともなく必死に生きてきた女性が、ある日突然、余命半年を告げられ、人生を見つめ直していく姿を描いた感動のラブストーリー。末期ガンを患うヒロイン、ヨンジェには「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ。ともすれば暗くなりがちなキャラクターと題材だが、彼女の明るくコミカルな魅力が物語に軽やかで楽しい空気を吹き込み、重い気分になることなく引き込まれていく。切なく胸に迫る演技も圧巻で、新たな当たり役になっている。彼女とロマンスを紡ぐ御曹司ジウクには、本作が除隊復帰作となるイ・ドンウク。過去の心の傷により無意欲に生きてきた彼がヨンジェと出会い、“誰かと一緒に人生を楽しむ幸せ”を知り、変わっていく姿を好演。ロマンティックで温かな愛のエピソードは、胸キュンと号泣の連続だ。また、劇中ヨンジェが作成する「死ぬまでにやりたい20のリスト(バケットリスト)」に纏わるエピソードには、母子の愛や友情など胸に染みる物語が詰め込まれており、群像劇としても秀逸。主演の2人はもちろん、ヨンジェの主治医を演じたオム・ギジュンら脇役たちの名演も光る。ソナ自身が出演の決め手となったと語るラストを含め、何もかもが優しく美しい。JYJのジュンスが歌う挿入歌など音楽や色鮮やかな映像も物語を盛り上げ、見た後に温かな余韻が残る秀作である。

 

 2016y06m28d_232525621
女の香り 公式サイト 相関図
キャスト

キム・ソナ イ・ヨンジェ 旅行会社社員、末期ガン
イ・ドンウク カン・ジウク 旅行会社本部長、会長の息子
オム・ギジュン チェ・ウンソク ヨンジェの幼なじみ、 韓国病院担当医
ソ・ヒョリム イム・セギョン ジウクの婚約者、ソジングループ令嬢、常務

キム・ヘオク キム・スンジョン ヨンジェの母
サ・ヒョンジン ユ・ヘウォン ヨンジェの親友、同僚
ソン・ソンユン ナム・ナリ 旅行会社代理
キム・グァンギュ ユン・ボンギル(ラムセス) 旅行会社課長
シン・ジョングン ノ・ソンシク 旅行会社部長
パク・ジョンソン パク・サンウ 旅行会社戦略企画チーム長、有能。ジウクの同級生
イ・ジョンギル カン・チョルマン ジウクの父、旅行会社会長
ナムグン・ウォン イム・ジュンヒ セギョンの父、ソジングループ会長

スタッフ /[脚本]ノ・ジソル[演出]パク・ヒョンギ
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijさんの感想より

悲しいだけではない魅力たっぷりのドラマ

「私の名前はキム・サムスン」があまりにもヒットしたために、どうしてもぽっちゃりしたイメージがするキム・ソナですが、実は長身でスレンダーなんですよね。このドラマでもほっそりとした姿で登場します。外見に気を使わず、もっさりした雰囲気のヒロインが、余命宣告を境に突然、すごくおしゃれになります。とくに沖縄旅行でのファッションには注目です。次から次へと素敵な服に着替え、別人のようになっていました。
また、タンゴを踊るときのドレス姿も情熱的で素敵でした。

どちらかというとさえない女性だったヒロイン・ヨンジェが、年下の大企業の御曹司と恋に落ちますが、この御曹司役のイ・ドンウクの演技もよかったです。あと何ヶ月かしか生きられないと知りながらもヨンジェに尽くす姿をとても繊細に演じていて、イ・ドンウクのイメージまでアップしてしまいました。

このドラマでもう一つ魅力的だったのが、挿入歌です。韓国ドラマはOSTが素晴らしいものが多いですが、このドラマでもJYJのキム・ジュンスが歌う「You’re so beautiful」がドラマの雰囲気にぴったり合っていてすごくよかったです。ジュンスが実際にドラマに出演する場面もあったので、彼のファンの方もたくさん見たのではないでしょうか。このジュンスのファンミーティングのシーンはドラマのストーリー展開にも大切な役割をしていました。

ストーリーとしては悲しいのですが、ところどころにユーモアもけっこう入っていて笑えますし、沖縄や済州島の映像も美しいので映像も楽しめます。決して悲しいだけじゃなく気持ちが前向きになれるドラマなので、病気ものはちょっと…という方も見たら引き込まれてしまうと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー