太陽の末裔 5話・6話 感想とあらすじ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

太陽の末裔 Love Under The Sun 태양의 후예 全16話

第5話

シジンに突然キスをされ、眠れない夜を過ごしたモヨン。翌朝、患者の村に薬を届けることになったモヨンは、気まずさを感じながらもシジンに案内を頼む。その帰り道、シジンは逮捕したはずのギャングを発見し、モヨンを先に帰らせる。ギャングのリーダーはシジンの戦友、アグスだった。一方、ダニエルから借りた車を運転していたモヨンは崖下に転落する危機に陥る。シジンはモヨンから電話を受け、急いでその場に駆けつけるが…。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

quetalsurinoさん

第5話感想

勇気を出したシジンのキスで終わった第4話でしたが、その後モヨンの反応が最も気になっていました。再びキスをしようとするシジンを避けるモヨンは、複雑そうにシジンを見つめます。シジンが軍人なのかモヨンにとって相変わらず不安要素なのでしょうか。第5話は気まずい二人の姿から始まりました。

5話では新たに、危険な地域で医療活動をする医師のダニエルとその妻、リ・イェファが登場しました。シジンの元同僚のアグスも登場しました。彼は過去シジンと共に捕虜としてとらわれた元同僚でした。シジンが救出された時、アグスも助けられました。UNを装って武器売買をしていた集団のボスで、わざわざシジンの前に現れ今後商売の邪魔にならないようにと、警告します。このアグスは、シジンと対立する人物のようです。ウルク発電所の工事現場の所長も登場しましたが、ルックスからも分かるように、密入とも関係があるようです。新たに登場した人物は、今後どのようにストーリと関係してくるのでしょうか。ミョンジュとデヨンのエピソードには笑ってしまいました。

事故を避けようとしてモヨンが運転する車が崖に振ら下がった状態になった時、助けに現れたシジンは、大胆にも車ごと崖から落とし脱出します。このあり得ないシチュエーションに、シジンが一緒ならついて行きたい!と思ったのは私だけでしょうか。モヨンが携帯電話に何かメッセージを残していましたが、これはもしかして遺言だったのでしょうか。

この事故でキスの後の気まずさはなくなりましたが、二人の心境はより複雑になった気がします。シジンの帰国が予定より早まったことを知ったモヨンは、シジンを呼び出します。モヨンだけが彼の帰国を知らなかったことに対するイライラなのか、不安からなのでしょうか。理解できそうで理解できないモヨンの気持ちです。韓国で最も有名になったシジンのセリフ、「昨夜のキス。。。告白しましょうか?謝りましょうか?」がついに第5話の最後に登場するので、見逃さないよう注意です!

ソン・ジュンギがカッコよすぎて、何度も繰り返し観ても飽きないほど、ドキドキします。

【豆知識】イ・ジョンヒョクが亡くなったシジンの上司役で登場しています。

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話

シジンはモヨンに謝罪し、その晩に帰国してしまう。モヨンは告白を受けなかったことを後悔するが、自分の気持ちを胸の奥にしまい込む。そんな中、医療チームはボランティア活動を終えて韓国に帰国することに。ところがその当日、巨大地震がウルクを襲う。空港行きのヘリに乗っていたモヨンとスタッフたちは負傷者を手当てするため、野戦病院に引き返す。一方、休暇中だったシジンもデヨンと共に救助隊として再びウルクへ向かう…。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

quetalsurinoさん

第6話感想

モヨンは、シジンの「キス。。。告白しましょうか?謝りましょうか?」の問いに、謝るよう答えます。彼女の返事を受け止め、二人は再び別れることになります。シジンにとっても辛い結果だったのか、彼は挨拶もなく帰国します。韓国に戻ったシジンはウルクから持ち帰った石を眺めモヨンを思い出します。二人で訪れたビーチで持ち帰った石は必ずその場所に戻るとの伝説があるようです。第3話で登場したあのビーチが二人にとっては大切な場所になりそうです。

ウルクでの医療活動を終えたモヨンも帰国することになります。思い出の場所を訪れシジンを思い浮かべます。ヘソン病院の医療スタッフが帰国しようとした時、大地震が起こります。民間人の帰国が命令された中、モヨンは帰国を拒否し死傷者を助けるために災害地に向かいます。ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)、ハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)やイ・チフン(オンユ)も残り、モヨンをサポートします。軍医官のミョンジュも含め、必死に怪我した人々を助けようとします。

ウルクの地震をニュースに、ミョンジュの父は特殊部隊を派遣します。そのメンバーの中にはシジンとデヨンも含まれていました。軍人ってあまりかっこよいと思ったことはなかったのですが、緊張した表情でウルクに向か全員がたくましくかっこよかったです。発電所の被害が大きく、休む間もなく患者を治療しているモヨンもミョンジュも、二人がウルクに向かっていることに全く気付かず治療に専念します。

夜空の中へりが到着して軍人たちが地上に降りてくるシーンは最高でした。見逃したくないワンシーンです。シジンとモヨンはお互いを確認しますが、何も語らず見つめ合います。多くの言葉よりも伝わってくる二人の気持ち。ソン・ジュンギもソン・ヘギョも演技がすごく上手だと感じました。じっと見つめるソン・ジュンギの表情は、「オオカミ少年」でみせた表情とは違い、力強いものを感じました。

「太陽の末裔」で最も話題になった有名なワンシーンがついに登場しました。ほどけた靴紐を結ぼうとするモヨンの前に、シジンがそっと現れ靴紐を結びます。崩壊した発電所の中にはいることになったシジンは、モヨンを励まします。多くを語らない二人だからこそ、感動しました。話題になっただけに胸がギュッとなります。シジンにひかれながらも彼の告白を断ったモヨンが後悔するシーンがあったので、今度こそお互いへの気持ちを確認し合えればと思いました。それぞれの持ち場に向かうシジンとモヨンの姿がとても印象に残りました。

【豆知識】 オリジナルサウンドトラックのうち、Gummyの「You are my Everything」

 

太陽の末裔 7話・8話 感想とあらすじ

太陽の末裔 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー