太陽の末裔 13話・14話 感想とあらすじ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

太陽の末裔 Love Under The Sun 태양의 후예 全16話

第13話

韓国に帰国し、日常に戻った医療チーム。ヘソン病院の理事長はモヨンを出迎えて花束を渡すが、モヨンは国際電話で予告した通り辞表を突きつける。ところが銀行で開業資金の融資を断られ、病院に出戻って救急室に勤務することに…。そんな中、シジンとデヨン、ミョンジュもウルクから無事に帰国。デヨンは軍人を辞める覚悟を決め、退役志願書を提出する。韓国で再会したモヨンとシジンは普通のカップルのようにデートを楽しむが…。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

quetalsurinoさん

第13話感想

最高に面白くロマンチックで切ない「太陽の末裔」が、あと少しで終わるとは、とても悲しい現実です。ドラマが終了するともう一度初めからゆっくり見直したいと思いながら第13話を観ました。ウルクでの出来事から日常生活に戻だったモヨンを含む医療チーム。モヨンは理事長に辞表を出します。病院を開業しようと銀行でローンを調べるものの、厳しい現実に挫折しちゃいます。理事長へ辞表を撤回して、ハードな元の救命救急センターに復帰します。ドラマの中でも現実は辛いのですね。

テベク部隊にいるアルファチームやミョンジュも帰国が決まり、それぞれロマンチィックな再会が待っていると思いきや、ミョンジュの父との約束を果たすためにデヨンが除隊する決心をします。軍人のデヨン以外は考えられないとミョンジュは反対し、別れを告げます。ミョンジュは大好きなデヨンが誇りに思っている軍人を辞めてもらいたくない気持ちが、すごく伝わってきたので悲しくなりました。二人の恋はこのまま終わってしますのでしょうか。ミョンジュの父、シン司令官はウルクでの出来事を経験した今でもデヨンに対して同じ気持ちなのでしょうか。。。二人を許してあげて欲しいです。

シジンとモヨンのデート中、電話が鳴ります。シジンの電話がなると、また?と思い心配になります。電話の後、「百貨店に行ってくる」と話します。お分かりだと思いますが、モヨンのルールで、命を懸けた任務がある際には、必ず百貨店と合図することになっています。シジンが命を懸けて任務に就いている際に、モヨンが笑わないためのようです。モヨンの気持ちがすごく理解できますね。

新たな任務は外務大臣の北訪問の援護でした。シジンは北で、第1話で登場した北朝鮮の軍人と再会します。外務大臣の北訪問後、韓国で行われることになった南北会談をシジンとアルファチームが援護することになります。会議場にいるシジンの前に、北で会った軍人アン上尉(大尉と中尉の間くらいの階級)が現れます。シジンが北に行った時、アン上尉は休暇を取ると話していたのに、彼はなぜ韓国にいるのでしょう。

モヨンが務めるハンソン病院の救急救命センターに救急車が着きます。運ばれてきたのは血だらけのアン上尉と、状態が深刻なシジンでした。絶対に死なないと話していたシジン。これまでの危険な任務をからも無事に戻ってきたシジンに何があったのでしょう。

【豆知識】ユ・アインが銀行員役で特別出演しています。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話

銃撃を受けて重傷を負ったシジンは、北朝鮮のアン上尉と共にヘソン病院に運ばれる。心の動揺を抑えて治療に当たるモヨン。シジンは一時、心肺停止状態に陥るが、モヨンによる必死の蘇生措置で息を吹き返す。その後、アン上尉の手術を行ったモヨンは彼の腕に埋め込まれていたチップを取り出し、デヨンに手渡す。シジンは軍の盗聴器を避けてアン上尉と2人で話ができるようモヨンに協力を頼み、韓国に密入国した理由を聞き出すが…。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

quetalsurinoさん

第14話感想

シジンに何が起きたのかがずっと気になっていましたが、第14話ですべてが分かりました。モヨンは覚悟を決めて軍人のシジンと付き合うことにしたとお思いますが、それでも重症のシジンをみるのは辛かったと思います。

北朝鮮の特殊部隊出身のアン上尉は私服姿で現れますが、何者かに攻撃され拉致されようとするところを、シジンが助けますが、銃撃戦となり負傷することになったようです。病院に運ばれたシジンは、アン上尉の心配をします。アン上尉を治療中、モヨンは体の中からSDカードを発見し、デヨンに渡します。アン上尉の持ち物を不思議そうに触っていたソン・サンヒョンは、インクが出ないペン先をなめようとしますが、デヨンに毒が塗られていると止められた時、おかしく面白く笑ってしまいました。ドラマの途中、コミカルなシーンが含まれ笑えるポイントがあるのも、このドラマの楽しみの一つです。

アン上尉は韓国に来た理由やSDカードの中身を明かさず黙秘を続けますが、シジンに事実を話します。逃走しようとするアン上尉を阻止し、北朝鮮側に渡された時には、このままアン上尉が死んでしまうのかと、ガッカリしちゃいました。でも力になると話していたシジンの言葉は本気だったようで、やっぱりユ・シジンは最高!アン上尉に別れ際に渡したチョコパイに盗聴器が入れられていて、アン上尉を殺そうとした北の幹部との会話中、シジンにSDカードの暗号を教えます。シジンのおかげでアン上尉は、北の幹部が特殊部隊を暗殺者として使い外貨を稼いていた証拠を手にして北に戻ります。

外出禁止のシジンがモヨンに内緒で外出し、アン上尉を助けたことに気づきながらも、平和を維持するための行動だったと理解します。最初の頃のモヨンに比べて大胆になった気がします。入院しているシジンの病室で二人は初めてのデートで観る予定だった映画を観始めますが、いつの間にか並んで眠ってしまいます。お互いの愛に満たされて安らいでいるような二人。

多くの事件や事故が起きる中、近くにいて遠い存在のシジンとアン上尉との友情が描かれた話だったと思います。今後、どのような事件が起きるかは分かりませんが、超人的なシジンは困難を乗り越え、どんな時もモヨンのもとに帰ってくるのでしょう!

第13話で別れたミョンジュとデヨンは、シジンの病室でバッタリ出会います。逃げてしまうミョンジュが可哀そうでした。二人はこのまま別れてしまうのでしょうか。二人にもハッピーエンドが待っていると良いですね。このままでは悲しすぎです。第15話ではまたどんなドキドキが待っているのでしょう。

 

太陽の末裔 15話・16話(最終回) 感想とあらすじ

太陽の末裔 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー