太陽の末裔 1話・2話 感想とあらすじ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

太陽の末裔 Love Under The Sun 태양의 후예 全16話

第1話

陸軍特殊戦司令部に所属するシジンとデヨンは休暇中に窃盗犯のギボムを捕らえ、ケガをした彼を救急車に乗せる。ところがデヨンの携帯電話が盗まれたことに気づき、2人はギボムを追って病院へ。シジンは病院で出会った医師のモヨンに心を奪われるが、ギボムを暴行した犯人だと疑われてしまう。一方、軍医のミョンジュは病院を訪れ、恋人のデヨンに自分を避ける理由を問い質す。デヨンはミョンジュに「気持ちが冷めた」と告げるが…。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

 

quetalsurinoさん

第1話感想

ソン・ジュンギとソン・ヘギョが主演することから、韓国では放送前から話題になりましたが、第1話は予想をはるかに超える面白さで、間違いなく胸キュンするドラマです。

除隊後のソン・ジュンギが選択した役が、軍人だったのが意外でしたが、これまでの少年のイメージは全くなく、男らしさが感じられるので今後の展開に期待が高まります。男性主人公は軍人で、相手役のヒロインは女医なので、これまでとは違うストーリラインが楽しみです。韓国では2016年上半期、最もヒットしたドラマとあり、視聴率も30%を超えたので、期待を裏切ることなく楽しめると思います。

個人的には、主人公カン・モヨン(ソン・ヘギョ)と初めて出会うシーンが印象的でした。風でなびくカーテン越しに姿を見せたモヨンがとても綺麗で、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)が彼女に一目ぼれするシーンです。任務中の怪我の傷口が開いてしまいモヨンに治療を受けるシーンは、話題になったシーンの一つだったので、ドキドキしながら観てしまいました。モヨンに特別な感情を持ったシジンは、わざわざ彼女の勤務する病院に傷の治療に来た際に、モヨンが緊急患者を必死で助けようとする姿に、シジンが惚れなおす様子です。モヨンと電話で話していたシジンは、彼女に会いに来ます。これで二人の恋が本格的に始まるのでしょうか。

特殊部隊の軍人のシジンは、モヨンに会いに来ますが、突然任務の命令が下されます。彼を迎えにヘリが現れた時には、少し驚いてしまいました。ヘリが迎えにくるほど緊急な任務はどのようなものか疑問に思っていたらシジンが向かった先は、アフガニスタンでした。流れていたUN職員拉致のニュースと関係があるのでしょうか。

ヘリに乗り込む際に、モヨンをデートに映画に誘うシジンがとてもかっこよかったです。初めて登場した瞬間から、目が離せないソン・ジュンギですが、映画「オオカミ少年」でみせた可愛らしい姿も、「優しい男」でみせたイメージとは違いますが、変わらない笑顔に惚れ惚れとしてしまいます。

第1話からユ・シジンにドキドキが止まりませんでした。特別な任務のため派遣されたアフガニスタン。今後どのような展開を迎えるのでしょうか。韓国をはじめアジア各国でソン・ジュンギシンドロームを引き起こしただけに、ソン・ジュンギの魅力にハマりそうです。

【豆情報】ソン・ジュンギの友人であるイ・グァンスが特別出演しています。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話

モヨンにデートを申し込み、病院の屋上でヘリに乗り込んだシジン。モヨンは夜空に飛び立ったヘリを呆然と見送る。アフガニスタンに到着したシジンは命がけで任務を遂行し、韓国に帰国。約束通りモヨンと映画館に向かうが、再び司令部に呼び出される。モヨンは軍人のシジンを受け入れられず、短い恋に自ら終止符を打つのだった。8カ月後…。シジンはウルクに派兵され、モヨンはヘソン病院の看板医師としてテレビで活躍していた。

https://knda.tv/datv/program/synopsis/dt001130/

 

quetalsurinoさん

第2話感想

アフガニスタンに派遣されたアルファチームに下された任務は、拉致されたUN職員を救出することでしたが、無事任務を終えます。シジン(ソン・ジュンギ)がアフガニスタンで任務を遂行している時、モヨンは面倒な手術を担当することになります。無数の銃弾が飛び交う画面と手術の輸血のシーンが重なった時は、二人がそれぞれの方法で生と死を扱う任務についていることを現しているのでしょうか。

任務を終えたシジンとモヨンは約束通りに映画館デートに出かけますが、電話をもらったシジンはデートの途中部隊に戻ります。ヘリに乗り込むシジンを思い浮かべ、彼のレントゲン写真を嬉しそうに眺めていたモヨンを思うと、いくら命令とは言え、デートの途中に説明もなく帰ってしまうシジンにガッカリしました。その夜、モヨンは念願だった教授へ昇進できず荒れてしまいます。

シジンが率いるアルファチームは、海外の部隊への派遣を命じられます。派遣される前にモヨンに会いに来たシジンは、彼女から別れを告げられます。守秘義務のため、任務の内容を話せない軍人との価値観の違いに気づいたモヨン。シジンは何も話さず彼女の気持ちを受け入れます。命を助ける医師と、命を守るために他の命を奪うことになる軍人なので、二人は今後どのような関係を築くのでしょう。その後、シジンはウルクのテベク部隊へ派遣されます。ウルクと聞いて、どこの国なのか疑問に思いましたが、ドラマ上の架空の国のようです。ウルクはメソポタミア文明が栄えたエーリアなので、イラクがあるあたりなのでしょうか。

モヨンは出演したテレビ番組の人気のおかげで教授になりますが、理事長に背き、ウルク医療奉仕チームのリーダーとして派遣されることになります。ウルクに到着したモヨン達は送迎を待ちます。ヘリコプターが近づく時、まさか?まさか?が続き、ヘリコプターのハッチが開き姿を現したのはユ・シジン大尉でした。モヨンを通り越すシジンと、運命的な再会に驚きを隠せないモヨン。シジンが歩いてくるシーンは思わず声が出るほどかっこよく、見逃せない第2話のラストシーンでした。シーンに合わせて流れる音楽もピッタリで、観ないと絶対に後悔するドラマだと感じました。

【豆情報】オリジナルサウンドドラック Part1の曲は、ユン・ミレのALWAYSでした。「主君の太陽」の主題歌で数々のヒット曲を出している実力派アーティストで、パワフルでキレイなメロディが印象的です。

 

太陽の末裔 3話・4話 感想とあらすじ

太陽の末裔 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー