大切に育てた娘 ハナ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Dlife 全81話(2016/10/28から)月~金曜日15時から 字幕
●2016.10.22 感想追加

大切に育てた娘 ハナ  全122話
2013年放送 
平均視聴率 11% 시청률
大切に育てた娘ハナ スペシャルプライス コンパクトDVD-BOX1(20枚組)
あらすじ

 400年続くファンソ醤油の嫁ヒョソン(ユン・ユソン)は男子が産まれず、それに付け込み夫と一夜の関係を結び男子ラゴンを出産したチョンラン(イ・ヘスク)に家に乗り込まれる。さらに夫が事故死し娘たち共々家を追われ・・・。8年後ヒョソンは亡夫の忘れ形見の末娘ハナを、男子ウンソンとしてファンソ醤油に送る。成長したウンソン(パク・ハンビョル)は男として家業の醤油作りを極めることを目指すが長男のラゴン(キム・ジュヨン)やその姉ラヒ(ユン・セイン)たちとの確執に巻き込まれていく。さらにSSグループからやってきた御曹司ドヒョン(チャン・ウヌ)、SSの会長の腹心ユンチャン(イ・テゴン)も加わり、恋愛でも仕事でも大波乱を繰り広げることに。

恋愛でも仕事でも、様々な裏切りや試練に直面して傷つき自分の殻に閉じこもってしまったハナ(パク・ハンビョル)だったが、ユンチャン(イ・テゴン)の誘いに応じて、女子禁制のファンソ醤油で、今度は堂々と女性として後継者を目指し再起をはかることを決意する。長男のラゴン(キム・ジュヨン)やラヒ(ユン・セイン)、宿敵SSグループのソル会長らとの激しい戦いの行方は?そして、ドヒョン(チャン・ウヌ)、ユンチャンとの3人模様の恋愛の行方は?ハナは幸せをつかむことができるのか??

 2016y09m27d_153332060
BS日テレ 大切に育てた娘 ハナ 相関図
キャスト

パク・ハンビョル チャン・ハナ(チャン・ウンソン) 息子として育てられた娘 ・チャン家四女
イ・テゴン ハン・ユンチャン(ソル・ユンチャン) SSグループ会長の腹心
チョン・ウヌ ソル・ドヒョン SSグループ御曹司・長男
ユン・セイン チャン・ラヒ(コ・ラヒ) ハナの異母姉
パク・イナン チャン・パンロ ハナの祖父、醤油作り名人。経営者
ユン・ユソン チュ・ヒョソン ハナの母
ハ・ジェスク チャン・ハミョン ハナの長姉(実姉)、発達障害
キム・ジュヨン チャン・ラゴン ハナの異母兄、ラヒの異父弟
イ・ヘスク イム・チョンラン ラヒとラゴンの母、ヒョソンの友人
キム・ジヨン ピョン・ジョンスン チョンランの母
チェ・ジェソン ソル会長(ソル・ジンモク) ドヒョンの父、SSグループ会長
ハン・ユイ ソル・ドウン ドヒョンの妹
キム・ジングン コ・グァンチョル(パク・ドゥシク) ラヒの父、詐欺師
チョン・ドンギュ キム秘書 パンロの秘書
チョン・ビョンチョル  パンロの運転手
チョン・ヨングム オムさん チャン家の家政婦
ファン・シンジョン ソ執事 ドヒョンの家の執事
チ・ヨンソク パク秘書 ソル会長の秘書
ソン・セビン ウン室長(ウン・ソヨン) ユンチャンの秘書
キム・ギュジン キム室長(キム・ヨンホ) ドヒョンの秘書
カン・ソンミン キム・ジンチョル ハナを治療した整形外科医

スタッフ /演出:チョ・ヨングァン 脚本:ユン・ヨンミ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
sakichinさんの感想より

●また違ったジャンルの復讐劇!

韓国ドラマというと、日本の昼ドラのようにドロドロとした復讐のドラマを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、この大切に育てた娘ハナは、長編のドラマにもかかわらず、展開も早く最後まで楽しめるドラマです。

長くてドロドロとしてドラマは苦手という方もイライラすることなく見れるドラマではないでしょうか。私自身も長編ドラマは苦手で、途中で飽きて見るのをやめてしまうことが多かったのですが、大切に育てた娘ハナは飽きることなく最後まで見ることができました。

主人公ハナ役のパクハンビョルはこのドラマで、長かった髪をばっさりとショートカットにし、今までとは違う彼女の姿を見ることができます。男装も似合いますし、なんといっても彼女の透明感には驚きました。そして、相手役のイテゴンは今まで時代劇に出演することが多かったですが、ここでは強い男でありながら、どこか守ってあげたくなる、ファンにはたまらない役柄になっています。大人の男性の魅力を存分に出しています。

もう一人の相手役のジョンウヌは、プライベートで実際にパクハンビョルと恋人同士になったそうです。別れてしまいましたがすごくお似合いのカップルでした。

醤油会社という今までになかったジャンルの内容ですが、韓国の文化を知ることもできて、そういった部分も最後まで飽きずに見ることができるポイントかもしれません。途中でイライラすることはありましたが、復讐が待っていると考えると楽しみながら見ることができました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー