夏の香り 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11(2017/6/14から)18話集中再放送 月~土曜日深夜28時から
●BS11(2017/5/1から)オリジナルは全20話。月~金曜日16:59から 字幕
●テレ朝チャンネル2(2017/1/4から)再放送オリジナルは全20話水曜日11時から2話連続放送

夏の香り  全20話
2003年放送 KBS
平均視聴率 15.9% 시청률
夏の香り DVD-SET1
あらすじ

 シム・へウォンは、小さい時から心臓が弱く、「思いっきり走ること」が夢だった。今は元気になり、先輩でルームメイトのオ・ジャンミと共に、フローリストとして活き活きと働いている。
ある日へウォンはジャンミと山に花の撮影に出かけ、彼女とはぐれて足をくじいてしまう。そんなへウォンを助けたのは、ユ・ミヌという青年。5年ぶりに帰国したミヌだが、大学生時代雨の日に運命的な出会いをした初恋の人ウネを突然失った心の傷は癒えないままで、ウネと一緒に来たこの山に再び、一人で登っていたのだった。
雨が降り、日も落ちて、二人は山小屋で一晩を過ごすことに。見ず知らずのミヌを警戒して「私には夫がいるの!」と結婚指輪を見せるへウォン。彼女は、幼いころから家族同様に支え続けてきてくれたパク・チョンジェに、プロポーズされたばかりだった。

 BS-TBS 夏の香り 公式サイト
2016y11m22d_224856431
BS-TBS 夏の香り 公式サイト 相関図
キャスト

ソン・スンホン ユ・ミヌ アートディレクター
ソン・イェジン シム・ヘウォン フローリスト、心臓移植を受ける
リュ・ジン パク・チョンジェ ヘウォンの幼なじみ、婚約者
ハン・ジヘ パク・チョンア チョンジェの妹、ミヌに片想い
チョ・ウンスク オ・ジャンミ ヘウォンの先輩
アン・ジョンフン チ・デプン ミヌの先輩
シネ ソ・ウネ ミヌの亡くなった恋人、ヘウォンの心臓提供者

スタッフ /[脚本]ユン・ウンギョン、キム・ウニ[演出]ユン・ソクホ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●ユン・ソクホ監督の四季シリーズ作品、美しい映像とラストシーンにも注目

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の四季シリーズ(他に「秋の童話」「春のワルツ」)の一つとしても有名な作品です。

このドラマで一番魅力を感じたのはソン・スンホンです。彼は四季シリーズの最初の作品「秋の童話」のジュンソ役では泣くシーンが多く、暗いイメージを持っていた俳優さんなのですが、「夏の香り」のミヌ役では髪型などの外見も含め全く違うキャラクターを演じています。

ドラマの前半でヒロインのソン・イェジンと出会う山のシーンがあるのですが、そこでの彼がとても頼もしく、素敵に見えました。それまで筋肉を強調するタイプの俳優さんは苦手だったのですが、山で危険な目に遭うようなときにはとても頼りがいがありそうでした。このドラマを見たときからソン・スンホンは「山登りを一緒にしたい俳優」になりました。ミヌはなぜか服の袖をまくっていることが多いのですが、これも筋肉を強調しているのかな?と思いました。

また、美しい映像が持ち味のユン・ソクホ監督らしく、全羅北道・茂朱や海のシーンはとてもきれいで印象的です。主演のソン・スンホンとソン・イェジンをはじめ、ハン・ジヘやリュ・ジンなど今も活躍する俳優たちが出演しているのも見どころで、最終回の短いシーンですが、カン・ジファンも出ています。

このドラマは「心臓が愛を記憶しているのか?」がテーマで、心臓移植を受けたヒロインがドナーの記憶によって自分が恋に落ちているのか悩むのですが、ラストシーンに注目です。このドラマのラストシーンはとても印象的で、ラストシーンランキングをやるとしたら1位にしたいくらい素敵です。

 

hisapeejpさん

ソン・スンホンの魅力

あの優しそうな目が印象的ですよね。甘いマスクで正統派で清潔感溢れる感じが好きで仕方ありません。そんな彼がドラマ夏の香りではヒロインのシム・ヘウォン(ソン・イェジン)への想いに揺れ動きながら、彼女へを傷つけまいと苦悩する姿は母性本能をくすぐってキュンキュンしてしまいます。

h1001710h さん

ソン・イェジンの魅力

ドラマの役のイメージが強いかもしれないが、柔らかい雰囲気が好き。もちろんきれいだと思うが、かわいい感じも好き。 ソン スンホンが好きで見た夏の香りで、ソン イェジンを知って好きになりました。

あかべこさん

ソン・イェジンの魅力

親しみやすさを感じるところが大好きです。来日した際に、「徹子の部屋」に出ていたのは今でも覚えています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー