君を愛した時間 10話・11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

君を愛した時間 全16話

第10話 あらすじ

amijkさん

友達の結婚式で再会したウォンとハナの間にはぎこちない雰囲気が流れます。 ソフとうまくいっているのかと問うウォンに当然だと答えるハナ。ソフがハナを送ってきたところを母が目撃し、二人がまた会っていることが家族に知られてしまいます。努力はしていても、自分勝手なところは昔と変わらないソフにハナは悩みます。母のけがをきっかけに久しぶりにウォンとハナが打ち解けている間に、ソフがハナの家に上がりこんでしまいます。

第10話感想

ウォンはすごいですね。一ヶ月で気持ちを整理して戻ってきました。ミヒャンには「友達でいるのは簡単ではない」と本音を言っていたものの、9話の最後で久しぶりにハナと以前のように屈託なく話ができたときのウォンの笑顔がとても嬉しそうで印象的でした。

ソフとハナはお互い少しずつ譲って努力していますが、昔気になっていた欠点はそうは簡単に直りません。家族や友達の理解を得るのも大変そうです。なんだかテーマが「復縁したカップルはうまく行くのか」みたいな方向になってきました。

今回の回想シーンは二人の卒業写真にまつわるものでした。二十歳前後で入隊するため、同い年でも男性は女性より数年遅れて大学卒業することになるのですが、どうしても二人一緒の卒業写真を撮りたくてハナはパリ研修のチャンスを棒に振ってウォンの卒業式に駆けつけました。親友でもここまではしないのではないでしょうか?二人は友達も恋人も超えた特別な関係なんだなと思いました。ただ、もしそのとき研修に行っていたらソフに出会うことはなかったでしょうから、皮肉です。

※10話で酒に酔ったウォンが歌っていたのはキム・ボムスの「ポゴシプタ(会いたい)」。8話でウォンにおぶわれたハナも歌っていました。ドラマ「天国の階段」の挿入歌としても知られています。

逢いたい~ポゴシプタ~
逢いたい~ポゴシプタ~

第11話 あらすじ

amijkさん

ソフは勝手にハナの両親の前で結婚すると宣言します。ソフがウォンとハナの関係について抱いている感情を知ったハナ。ウォンは様子のおかしいハナに気づいて味方になると言いますが、ハナはウォンの気持ちがわかりすぎるから何も話せないといいます。ソフの所属事務所の代表ミン・ジスが現れソフとのただならぬ関係を匂わせるため、ハナの苦悩はますます深まることに。ウォンは、「楽しく遊んでいた頃に戻ろう」と言います。

第11話感想

ソフは何をあせっているのでしょうね?早く結婚しておかないとウォンに勝てないと思っているのでしょうか。婚約式のあと、これまでハナの前に姿を見せなかった理由について「来られない事情があった」とナヨンたちに話していましたが、何だったのでしょう。

せっかくヨリを戻しても、問題や悩みが多すぎてハナは大変そうです。悩んでいても、ウォンの気持ちを知った以上、これまでのようにウォンに相談することもできなくてつらいところです。でも、ウォンは器が大きいというのか、この状況でもハナの味方になろうとしています。

周辺の登場人物たちのラブラインも進行しています。ハナの弟テボクとハナの部下ウンジョンのカップルは初々しくてかわいいです。メインキャラの恋愛が重めなので、面白いミヒャンとジョンフンカップルと合わせて息抜きになります。ウンジョン役のウヒはアイドルグループ、ダルシャーベットのメンバーです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 あらすじ

amijkさん

ウォンと一緒にいるのを見て腹を立てるソフに、ハナは「昔も今もウォンは友達。私はおなたを選んだ」と言います。高校時代の恩師の葬儀でウォンは昔、自分が書いたシナリオを受け取ります。高校時代、ハナを好きだった友達デユンの納骨堂を訪ねるウォン。ミン代表はハナとソフの仲を妨害しようとします。オーストリアに行って来るというソフに、「今行ったら終わり。行かないで」と訴えるハナ。ウォンのシナリオを読んだハナは、ウォンが昔、ハナを愛すことはないと言った理由を知ります。

第12話感想

ウォンとの仲は修復できましたが、ソフとの関係は仕事の面やミン代表とのことも含めうまくいきませんね…。

今回はウォンの意外な面が見えました。高校時代、友達から預かっていたハナへの手紙を全然渡していなかったなんてちょっとビックリです。休み時間には窓からじーっとハナを見つめているところを先生に目撃されて、ハナへの気持ちを知られていました。

印象的だったのは高校の後輩に対して話していた「あきらめたのではなくよい機会を待っている」という言葉です。またチャレンジしようという気持ちを固めたように見えました。
ミン代表が言っていた「婚約式に行けなかった本当の理由を話したらどうなるかしら」という言葉も気になります。エッ、まだ本当の理由があるんですか?という感じです。ビジネスのためなのか恋愛感情もあるのかよくわかりません。ソフが従っているところを見ると弱みを握られているようだし…。せっかくお父さんがソフのことを受け入れ始めているのに、またうまくいかないかもしれないと不安で泣いているハナがちょっとかわいそうでした。

君を愛した時間 13話・14話 あらすじと感想
君を愛した時間 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー