君を守りたい~ONE MORE TIME 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2017/4/29)集中再放送 日韓共同制作 29日(土)15時から 全8話連続放送 字幕
●KBS / BSスカパー!(2016/10/26から)BSスカパー!12月より放送 水曜日20時から 字幕
日韓共同制作韓国での題名「別れた翌日」
●2017.2.27 感想及び見どころを追加

君を守りたい~ONE MORE TIME  全8話
2016年放送 KBS World / BSスカパー!オリジナル
平均視聴率 % 시청률
 2016y09m22d_222437335
BS スカパー 君を守りたい~ONE MORE TIME
あらすじ

 ある無名バンドのリーダー「ユ・タン」。「音楽も恋愛も、今はもううんざりだ。」そんな彼にチャンスが訪れる!!大手レコード会社の取締役で美貌の持ち主であるカン理事からメジャーデビューを提案される。うんざりしていたバンドも恋愛も捨てて、新しい人生を始めるはずだったユ・タン。
ところが不思議なことに、新しい人生を始めようとしていた「その日」を何度も繰り返すことになってしまう…。しかも、その日に交通事故に遭って死ぬ元彼女の姿を何度も目撃していた。何度も同じ日を繰り返していることを知ったユ・タンは元彼女を救うために奮闘するのだが…。

 2016y09m22d_222643299
キャスト

エル(INFINITE)/ユ・タン役
バイトのリーダーでボーカル兼ギター担当。

ユン・ソヒ/ダイン役
ユ・タンの彼女。バンドのキーボードと作曲。

キム・ギドゥ ジングク
ユ・タン のバンドのメンバー

キム・チャンファン
ユ・タン のバンドのメンバー

イ・テイム カン理事
KGエンターテインメントの美人理事

ジス(TAHIYI)ボユ
人気絶頂のアイドル

カン・ナムギル ユ・タンの父
息子を見守る優しい父。

キム・ジヨン(子役)
ユ・タンの家に現れる。不思議な少女。

スタッフ /演出:ナム・ギフン 脚本:ユ・ビョンウ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

以下 話数ごとの感想とあらすじ

君を守りたい~ONE MORE TIME 1話・2話・3話 あらすじと感想
君を守りたい~ONE MORE TIME 4話・5話・6話 あらすじと感想
君を守りたい~ONE MORE TIME 7話・8話(最終話) あらすじと感想

感想及び見どころ

amijkさんの感想より

日韓共同制作、日本で先行放送された全8話のドラマです。1話約30分程度と短いドラマですが、中身はぎゅっと詰まっていて見どころの多い作品です。

このドラマの魅力は、「10月4日がなぜ繰り返されるのか」をはじめとした謎と、ストーリーが進むにつれて次々に新たな真実が明かされて、毎回目が離せない展開にあると思います。主人公タンが恋人ダインに別れを告げた後から現れる、赤いコートの少女の存在もその一つで、どういうからくりで彼女が現れるのかが注目ポイントです。

主演の2人、キム・ミョンス(INFINITEエル)とユン・ソヒの美しさも際立っていました。タンは長年付き合った恋人に別れを告げますが、繰り返される10月4日をきっかけに過去を振り返り、当たり前にあったものや恋人ダインの存在の大切さを再確認します。同じ日を繰り返しながら、タンが成長して行く姿はとても見ごたえがありました。

お金や名誉に欲を出し、チャラ男のような振る舞いをする姿から、ダインを必死に守ろうとする姿、周りの人のことを思うようになった姿まで、タンという1人の人物のさまざまな姿をエルが熱演していました。エルは「美男<イケメン>バンド」でもバンドメンバーの役柄を演じていましたが、「君を守りたい」ではまた違う姿が見られると思います。

ダインもまた、過酷な運命に耐えてきた女の子で、タンへの深い愛情には心が打たれました。ユン・ソヒは終始、淡々とした口調でダインを演じているのですが、そのぶん悲しみが伝わってきた気がします。エルとユン・ソヒは容姿もとても美しくて、このファンタジーロマンスをより一層、神秘的で魅力的なものにしていたと思います。

他にも見どころとしてはバンド活動をしているタンが歌うシーンがあげられます。使われている楽曲の良さに加えて、タンが歌うシーンはとてもカッコよくて、エルのファンではない人の目にも魅力的に映ると思います。とくに最終話で歌う場面は、タンの歌声がとても優しくて感動的なので、是非見てほしい部分です。

現代のおとぎ話のような「君を守りたい」、最終回を見終わったら、終わってしまうことが少しさびしく、でも心がほっと温かくなるドラマだと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー