君たちは包囲された 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●テレ朝チャンネル1(2018/1/10-) 水・木13:40~ 2話連続
●Dlife(2016/9/1-29)集中再放送 月~金曜日15時から字幕

君たちは包囲された 너희들은 포위됐다 全20話
2014年放送 SBS
平均視聴率 11.9% 시청률
君たちは包囲された!-アクシデント・ラブ- (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)
あらすじ

 江南警察署・刑事課の新人刑事ウン・デグ(イ・スンギ)は、人並み外れた記憶力を持つ天才肌。11年前までキム・ジヨンという名前だった彼は、ある目的のために刑事になった。それは、刑事課チーム長のソ・パンソク(チャ・スンウォン)に接近し、亡き母の復讐を果たすこと。

初出勤の日、デグはかつて同じ中学校に通っていたオ・スソン(Ara)と思いがけない再会を果たす。スソンは名前も印象もすっかり変わってしまったデグに気づかないまま、パートナーとして共に捜査に取り組むことに。自信家でクールな一匹狼タイプのデグと、情に厚く熱血派のスソンは事あるごとにぶつかり合う。しかし、スソンの明るさとやさしさに癒されたデグは、しだいに彼女に惹かれていき…。
テグとスソン、そして個性的な同僚のパク・テイル(アン・ジェヒョン)とチ・グク(パク・ジョンミン)。江南署の新人刑事4人は事件解決を通して絆を深め、成長していく。そんな中、デグの母の死と11年前の事件にまつわる意外な背景が徐々に明らかになる…。

 2016y08m24d_220939850
君たちは包囲された 公式サイト 相関図
キャスト

イ・スンギ ウン・テグ(キム・ジヨン)刑事課強力3チーム新人刑事 スソンとパートナー
アラ  オ・スソン 刑事課強力3チーム新人刑事 チームのムードメーカー
チャ・スンウォン ソ・パンソク 江南(カンナム)警察署きっての熱血ベテラン刑事。
アン・ジェヒョン パク・テイル 刑事課強力3チームイケメン新人刑事。

パク・ジョンミン チ・グク 刑事課強力3チーム新人刑事 一番の小心者
オ・ユナ キム・サギョン パンソクの元妻、失踪チーム長 美人刑事。
ソン・ジル イ・ウンド 刑事課強力3チーム班長
イム・ウォニ チャ・テホ 刑事課長
ソ・イスク カン・ソクスン 警察署長
キム・ジョンソク   刑事課刑事
チョン・セヒョン キム刑事 刑事課刑事
チョン・ドンファン ユ・ムンベ 国会議員、元警察庁長官
ムン・ヒギョン ユ・エヨン ユ・ムンベの娘
イ・ギヨン シン・ジイル ユ・エヨンの夫
イ・ドゥイル   スソンの父
オ・ヨンシル チャン・ヒャンスク スソンの母
チャン・ソンボム オ・ナムソン スソンの兄

 

スタッフ /[脚本]イ・ジョンソン[演出]ユ・インシク
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shimacyuさんの感想より

個人的には全体的なキャスティングに魅力を感じて見始めたドラマでしたが、内容も現実的ではないにしろ充実していたし、ただの軽いラブコメよりは少し社会的要素も盛り込まれていたので楽しく最後まで視聴できました。

辛い過去の為に心を閉ざしていたテグ(イ・スンギ)ですが、刑事課強力3チームの人達をはじめとして少しだけ人間らしくなっていく姿が魅力的でした。

新人刑事同志、始めはぎこちなかったけれどチームワークも出来てきて、それと同時にお互いを信頼し合うようになっていてその姿も印象的でした。スソン(アラ)とテグは昔も知り合いだったとお互いが知ってからより関係が深まっていったような気がします。このドラマで欠かすことが出来なかったのは何と言ってもチャ・スンウォン演じるチーム長のパンソクでしょう。過去にテグと関わっていた時はいい印象ではなかったので、初めは敵なのか、味方なのが、正体が判らないと思って見ていましたがストーリーが進んでいくうちにいい意味で期待を裏切ってくれてとても素敵なチーム長でした。

テグもチーム長も11年前の事件でお互い心に傷を負った二人だったので、誤解が解け、事件解決に向かって行く時に信頼関係がうまれて行ってるようで心が和みました。スソンがテグを心配する気持ちもよく伝わってきて感動しました。

主だったストーリーの横で展開されていた、元夫婦のパンソクとサギョンの仲も個人的にはとても嬉しく見ていました。こちらも子供を失うという同じ痛みを分かち合った者同士なので、お互いを理解し合えば上手く行くと思っていたので、最終回をみてホッとしました。元に戻ってくれるといいな、と思いました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー