名前のない女(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初】KBS World(2017/10/11から)水・木曜日22:05から2話連続放送 字幕 2017
●韓国放送 2017年4月24日~

名前のない女 이름 없는 여자 全102話
2017年放送 KBS
平均視聴率 17.8% 시청률
 2017y10m05d_140831521
あらすじ

 妊娠しているヨリ(オ・ジウン)は殺人罪で10年間、刑務所に行くことに。そして冷たい刑務所の部屋で子供を出産する。同じ頃、ヨリをいじめていたヘジュ(チェ・ユンソ)も病院で子供を出産していた。驚くべきことに彼女の夫はヨリと付き合っていたムヨル(ソ・ジソク)だった…

キャスト

オ・ジウン ソン・ヨリ役 弁護士 ウィドグループ運転手の一人娘、名前のない女

ペ・ジョンオク ホン・ジウォン役 ウィドグループオーナー

パク・ユンジェ ク・ドチ役 ウィドグループ会長の異母弟

ソ・ジソク、キム・ムヨル役 ヨリの初恋の相手、ヘジュの夫 ウィドグループ本部長

チェ・ユンソ、ク・へジュ役 ムヨルの妻 ウィドグループ社長の娘(令嬢)

ハン・ガプス ソン・ジュホ ヨリの父、ウィッドグループ運転手
ソ・グォンスン ソ・マルニョン ヨリの継母

スタッフ /演出:キム・ミョンウク 脚本:ムン・ウナ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●行き過ぎた母性本能が生み出した復讐劇が面白い!

マクチャンドラマだと知りながらも、次の展開が気になり観るのを辞めることができないドラマでした。財閥、嫉妬、復讐といった韓国のマクチャンドラマが持つすべての要素が揃っています。ホン・ジウン(ペ・ジョンオク)の行き過ぎた母性本能から、人生を奪われることになった主人公のソン・ヨリ(オ・ジウン)の復讐劇。ジウンとヨリの予想外な関係が明らかになり、ハラハラする展開が面白いです。

このドラマの魅力は、何よりも展開がスピーディなところでした。第8話にしてヨリ(オ・ジウン)の復讐が始まります。顔にホクロを付け、別人を装い話題になったドラマ「妻の誘惑」の時のように、ソン・ヨリの名前を捨てユン・ソルとして生き、復讐することになったヨリですが、ヨリは双子だったとの設定。出生の秘密まで登場するので、何度も予想外の展開が続きます。

主人公に対立するホン・ジウォンの悪女ぶりが半端なく、中毒性の強いドラマと言われる理由が納得のいく展開でした。韓国の朝のドラマなどでお馴染みのソ・ジソクが悪役として出演していますが、これまで優しくいい人のイメージが強かっただけに、悪役も新鮮に感じました。

これまでのマクチャンドラマはほとんどが、不倫を題材にした作品が多かったのとは違い、2017年は「花をさかせろ ダルスン」や「甘い敵」など、子供を失った母の復讐や出生の秘密が題材になったドラマが目立つ気がします。最終話まで見逃すことなく観たドラマでしたが、観終わった後、過激すぎる設定や展開のない、心温まるホームドラマが恋しくなりました。

マクチャンドラマが大好きな方にはおすすめしたい作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー