力道妖精キム・ボクジュ 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

力道妖精キム・ボクジュ 역도요정 김복주  全16話

quetalsurinoさん

第3話あらすじ

キム・ボクジュ(イ・ソンギョン)は一目ぼれしたジョン・ジェイのクリニックはダイエット専門のクリニックでした。ジェイに会いたい気持ちで登録することを考えますが、高額な入会金が払えないボクジュは、大学が主催する登山大会で優勝を目指します。優勝賞金を手にしてクリニックに登録しようと必死で頑張ります。ボクジュが頑張る理由を知らないジュンヒョン(ナム・ジュヒョク)のふざけでボクジュは優勝を逃します。

クリニックの登録を諦め、ボクジュは重量挙げに専念する決心をします。必死で気持ちを抑えるボクジュにジェイ(イ・ジェユン)から1通のメールが届きます。彼女はその足でクリニックに向かいます。

第3話感想

チャンスがあるたびにボクジュをからかうジュンヒョンは、とうとうボクジュを怒らせてしまいます。ボクジュにとってジュンヒョンは面倒な小学同級生。友人のナンヒがイケメン男子に会った時に使う「メッシーは好きですか?」の質問を突然ジェイにした時のボクジュが可愛いと思いました。ボクジュはジェイのことを考えすぎて妄想まで見るようになります。クリニックに向かう途中で会ったジェイまで妄想だと思い確認するボクジュを不思議に見るジェイです。彼女の気持ちに全く気付いていない様子なので、今後も彼女のドタバタ片思いは続くようです。

大学に戻った元彼女シホはジュンヒョンへの気持ちが大きくなり、終わった関係に未練を残す様子が描かれました。ジュンヒョンとシホ、ボクジュとジェイの4人の今後の関係がどう展開されるのでしょうか。ボクジュはジュンヒョンに同級生以上の感情を持ちませんが、ジュンヒョンが時々見せる微妙なアイコンタクトや表情にドキドキします。いずれボクジュもジュンヒョクにドキドキする時が訪れると期待します。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさん

第4話あらすじ

ついにキム・ボクジュ(イ・ソンギョン)はダイエットクリニックに登録することになります。大学の専攻を聞かれ、恥ずかしくなったのかすぐに答えられず「チェロ」専攻の音大生と勘違いされます。体育大生と正直に慣れず、ボクジュの秘密の二重生活が始まります。

トラウマに苦しむジュンヒョン(ナム・ジュヒョク)は兄ジェイのすすめで、心理治療を始めることになります。スポーツ選手はストレスが多く、ジュンヒョンの場合は過去に原因となる出来事をあったようですが、隠します。ジュンヒョンは試合で失格した日、シホ(キョン・スジン)に別れを告げられ辛い時間を過ごします。今となってよりを戻したがるシホの気持ちに応えるつもりはないようです。シホは度々ジュンヒョンとボクジュが楽しそうにしている姿を見て、嫉妬します。

ジェイの優しい振る舞いに嬉しくなるボクジュですが、彼女の幸せな秘密は長く続かず、偶然クリニックに立ち寄ったジュンヒョンにばれてしまします。ジェイを「兄」と呼ぶジュンヒョンに驚くボクジュでした

 

第4話感想

乙女なボクジュがかわいい!スポーツ選手も恋をすると自然と女子になります。ジャージ姿だったボクジュがオシャレを気にし、ヘアーアクセサリーまでつけている姿に120%応援したくなりました。初めて「女子」として扱われた優しいジェイに夢中になる気持ちに同感です。今後ますます女子力がアップしそうなので、注目してきたいと思いました。

ボクジュになれなれしく接しいたずらなジュンヒョンとサバサバして男前なボクジュの関係がますます面白くなりました。二人の関係を嫉妬し意識するシホの気持ちは理解できますが、傷ついたジュンヒョンの気持ちが簡単に変わるとは思えないので、今後三人の関係がさらに複雑になりそうです。

重量挙げ部内で起きるエピソードもリアルに描かれていて、教授(監督)やコーチが親身になり選手を心配する様子や4年生が将来の不安からギクシャクする様子まで、あまり知ることのなかった体育大学生の生活が観られる点もドラマが盛り上がる要素だと感じました。

今後ボクジュは周りにばれることなく、クリニックに通い続けることはできるのでしょうか。ボクジュは最も知られたくない相手に秘密を知られます。その相手は彼女が恋するジェイの弟のようなので、今後の展開が楽しみです。

 

【豆情報】韓国の有名な重量挙げ選手がモチーフになったドラマです。チャン・ミラン選手はたくましいタイプなのでドラマの主人公とはかなりイメージですが、撮影されている大学はインチョン(仁川)にあるインハ大学です。

 

 

力道妖精キム・ボクジュ 5話・6話 あらすじと感想

力道妖精キム・ボクジュ 視聴率 あらすじ キャスト 感想  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー