力道妖精キム・ボクジュ 15話・16話(最終話) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさん

第15話あらすじ

ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク)は母と再会します。幼い頃別れて以来の母と幸せな時間を過ごしますが、母がジュンヒョンのためではなく、ジュンヒョンの伯父にカナダにいる病気の妹の手術費のために帰国したことを知り悲しみます。育ててくれた伯母へ、これまで隠していた気持ちを伝え家を出ます。ジュンヒョンが心配なボクジュは彼を探し回ります。優しいボクジュと家族のおかげで、もとも明るく優しいジュンヒョンに戻ります。

ボクジュ(イ・ソンギョン)は重量挙げの代表としてテヌン選手村での合宿に参加することが決まります。ジュンヒョンもトラウマを克服し、水泳大会で2位の結果を残します。

韓国代表となったボクジュは選手村で練習することになり、ジュンヒョンと離れ二人の長距離恋愛が始まります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15話感想

母のことで傷ついたジュンヒョンは、家族やボクジュの優しさに勇気付けられる姿がよかったです。韓国のスポーツ選手の夢である代表選手のための選手村「テヌンチョン」に入ることができたグムジュは、スランプや辛かった時期にそばにいたジュンヒョンを思い出します。また、ジュンヒョンもボクジュに励まされる姿に心が温まるドラマでした。カナダに戻る母にジュンヒョンが感謝するシーンは心に残ります。

ジュンヒョンはトラウマも克服したため、ボクジュのいる韓国代表選手のための選手村を目指して、猛練習するのではないでしょうか。ラブラブだった二人がそれぞれの夢のために、長距離恋愛を始めることになりますが、最終話はどのように描かれるのでしょうか。ジュンヒョンも代表に選ばれ二人そろってテヌンチョンで頑張る姿が観たいと思います。二人のハッピーエンドを含め、教授やチェ・ソンウンコーチの恋も幸せな結末をむかえて欲しいと思います。劇的な設定や無茶な展開はありませんが、心がほのぼのとするドラマです。

 

【豆情報】ボクジュの友人、ナンヒ役の「チョ・へジョン」は「シンデレラと4人の騎士」にも出演し、俳優チョ・ジェヒョンの娘です

 

quetalsurinoさん

第16話あらすじ

ボクジュ(イ・ソンギョン)は韓国代表選手に選ばれテヌン選手村での練習が始まり、ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク)との長距離恋愛が始まります。手術を控え入院中のボクジュの父は、世界選手権を準備中のボクジュを配慮し、入院を秘密にします。偶然ボクジュの父の入院を知ったジュンヒョンは、彼を看病することになります。看病で忙しくなったジュンヒョンはボクジュと度々連絡が取れない状態が続き、ボクジュはジュンヒョンの浮気を疑い始めます。

ボクジュは父の入院を知り、ジュンヒョンを誤解していたことを知ります。ジュンヒョンの気持ちを信じ、練習に励んだボクジュは、世界選手権で金メダルを取ります。2年後、ジュンヒョンも韓国代表となり、ボクジュとジュンヒョンは大学を卒業することになり、卒業式の後、ジュンヒョンはボクジュにプロポーズします。

第16話感想

ボクジュとジュンヒョンカップの恋愛に心がほのぼのとしてきたドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」もついに最終話をむかえ、残念な気持ちがいっぱいです。幸せいっぱいのハッピ-エンドでとても満足のいくエンディングでした。世界選手権で金メダルと獲得し、重量挙げ界の妖精となったボクジュの姿や、トラウマを克服し代表選手となったジュンヒョンの成長も描かれました。青春ドラマはこれまでたくさんありましたが、体育大学のスポーツ選手が中心と話が描かれたところが新鮮だったと思います。

最後のジュンヒョンのプロポーズのシーンは最高にドキドキしました。金メダルを取ったら結婚しようとのことですが、その後の二人を想像すると幸せな気持ちになり、個人的には理想のエンディングでした。

主人公のジュンヒョンを演じたナム・ジュヒョクの演技がすごくリアルで、話が進むにつれさらに魅力が発揮しました。「華麗なる一族」や「麗~花萌ゆる8人の皇子~」の出演以降、初の主役だったので1話から期待が高まりました。最終話までジュンヒョンの魅力に夢中になったドラマでした。今後の成長が楽しみになる俳優です。

最終話 撮影ビハインドカットがアップ

http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/196960

力道妖精キム・ボクジュ 視聴率 あらすじ キャスト 感想  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー