力の強い女ト・ボンスン 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

力の強い女ト・ボンスン 힘쎈여자 도봉순 全16話

第15回視聴率 7.834%

marikoさん

第15話 あらすじ

ボンスンとミニョクの命は助かったものの、犯人は逃走してしまう。

互いへの気持ちが高まったミニョクとボンスン。ミニョクはボンスンを家に帰すが、ミニョクに会いたくて眠れないボンスン。ボンスンは、ミニョクの家へ引き返し…。

後日ボンスンから、事件の顛末を聞くククドゥ。時限爆弾を前にしてもボンスンを捨てなかったミニョクの話を聞き、ミニョクが本気だと知るのだった。

ボンスンは、ククドゥとミニョクに「犯人を必ず捕まえる」と宣言。そんなボンスンに、犯人から「会おう」と電話がかかってくるのだった。

犯人との待ち合わせ場所に到着したボンスン。ボンスンとの直接対決を避ける犯人は、ボンスンに銃を放つ。犯人の銃に撃たれ倒れてしまったボンスン。しかし油断した犯人の前にククドゥとミニョクが現れ、両方から犯人を追い詰める!ミニョクはドローンを使ってククドゥに犯人の動向を伝え、逮捕に成功!ミニョクはボンスンを心配するが、ボンスンはミニョクが渡した防弾チョッキに守られて無傷だった。そうしてボンスンとミニョク、ククドゥは充実感を喜ぶのだった。

第15話 感想

やっと犯人が逮捕されました~!本当にしつこい犯人だったので、ホッとしました。ギョンシムを始め、被害者女性たちが早く元気になってくれると良いです。

ククドゥもミニョクの本気に気付き、ボンスンを諦める決心がついたのかな?なかなかミニョク以上の本気を出すのは難しいですよね…。自分の命と引き換えにしても相手を守りたいという熱い思いになれるなんて、素敵です。

ククドゥはミニョクのライバルという役どころにしては、ちょっと存在感が薄かったかな?という気がします。ボンスンがククドゥにずっと片思いしていたのも、中学生レベルの片思いだったような(笑) だからこそ、ミニョクが現れてあっさりミニョクを好きになれたのかも知れませんけどね。やっぱり運命の相手はミニョクだったということでしょう!

いよいよ次回は最終回です。ミニョクはカッコよくて素敵だし、ボンスンが悪者をやっつける痛快さと面白さにハマっているので、ドラマが終わってしまうのは残念です。ミニョクとボンスンが別れることはないだろうけど、どんなエンディングになるのかしっかり見届けたいと思います!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第16回視聴率 8.957%

marikoさん

第16話 あらすじ

 
平和が戻ったボンスンとミニョク。しかしボンスンの家では、家出している父が戻らず心配していた。ミニョクはボンスンの父に会いに行き、父を家に連れ戻す。そうしてボンスンの父からも信頼されるようになったミニョク。

ミニョクは、力を明かせないボンスンの代わりに警察から表彰を受ける。ボンスンが事件を解決したらミニョクがやったことにする役割分担だが、ミニョクは苦笑い。

ボンスンはようやくゲーム開発のプレゼンをすることに。オ・チーム長からも認められ、良い出発の兆しだ。

ククドゥは気持ちを整理するため、ボンスンに改めて気持ちを伝える。そしてミニョクにボンスンのことを頼むのだった。

桜並木をデートするミニョクとボンスン。ミニョクはボンスンに指輪をはめ、2人はキス!ミニョクとボンスンは結婚し、ボンスンは双子の女の子を出産するのだった。もちろん赤ちゃんたちは怪力の持ち主(笑) ミニョクが子育てに手を焼くなか、ボンスンは正義のために戦っていて…。

第16話 感想

 
ボンスンとミニョクが結婚して、双子の赤ちゃんまで出産しました!出産するときは男の子だって言っていたのに、まさかの女の子(笑) 赤ちゃんの頃からあんなに怪力なんて、これから先が思いやられますね…。ミニョクは無事に子育てできるのでしょうか!?(笑)

自分の気持ちに気付くのが遅かったククドゥは可哀相でしたが、これからも良い友人としてボンスンの傍にいてくれるのでしょうね。ボンスンが長い間片思いしていただけあって、本当に性格が良い人なんだろうなと思います。

ボンスンはアインソフトで無事にゲーム開発をできているのか、気になります(笑) 人助けで遅刻したせいで、オ・チーム長から追い出されてしまったボンスン。ゲーム開発じゃなくて、力を使って人助けをすることがボンスンの天職なんでしょうね。

今回で最終回でしたが、久々に胸キュンするドラマだったので、終わってしまうのが残念です。小さな女の子が怪力っていう意外性のある話で、とっても楽しめました!
 

力の強い女ト・ボンスン 全視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー