再会した世界 (韓国ドラマ)1話・2話と3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

再会した世界  다시 만난 세계 全40話(30分番組)

 

amijkさんの感想より

第1話6.0% 第2話7.5%

1話・2話 あらすじ

「僕は死んだ。12年前、高校3年の夏、19才の僕は死んだ。」

31才のジョンウォン(イ・ヨニ)は、19才で死んだ同級生ヘソン(ヨ・ジング)のお墓を訪れ、飾られた写真を見ながら高校の頃のことを思い出していました。ヘソンは12年前の誕生日、その日が自分の誕生日だということも忘れて、祖母と弟妹の世話を焼いていました。

空に突然、飛行機雲のようなものが見えます。次の瞬間、ヘソンは高校の屋上にいました。しかし、教室に行ってもヘソンのことを誰も知りません。

自分の家には見知らぬ男性が住んでおり、不審者扱いされます。1987年生まれだと話すヘソンは、警察でも不審に思われます。確かにソン・ヘソンの記録はありましたが、2005年に死亡したことになっていました。

自分の置かれた状況に戸惑うヘソンは、警察官になった同級生のホバン(イ・シオン)を見つけます。死んだはずのヘソンを見て腰を抜かすホバン。

レストランで働くジョンウォン。パリ行きをキャンセルしたオーナー、ミンジュン(アン・ジェヒョン)の自分に対する気持ちに気づいていません。

12年前、弟たちのために大学進学をあきらめ、料理学校に行くと話していたヘソン。自分の誕生日であることも忘れているヘソンのために、ジョンウォン(チョン・チェヨン)はヘソンの弟妹たちとお祝いの準備をしていました。時間を稼ぐために、ヘソンに学校の美術室に忘れてきた財布を取ってくるように頼みます。

美術室に財布を探しにきたヘソンは、弟ヨンジュンのことで以前衝突したギョンチョルが、頭から血を流し倒れているのを発見。救急車を呼ぶため、慌てて自転車を走らせている途中、事故に遭ってしまいます。

1話・2話 感想

事故で死んだ高校生が、12年後に甦るというストーリーです。

当時のクラスメートや仲の良かった女の子は当然、年をとってひと回り年上になっています。タイムスリップものは数多いものの、爽やかな話にしたいとペク・スチャン監督は語っています。

主人公ヘソンは、12年前の姿のまま復活するためヨ・ジング一人が演じますが、当時のクラスメートたちは 年を取っているので、それぞれ高校生役と大人役が登場します。

ヘソンの彼女とも言うべき存在、高校生のジョンウォンをチョン・チェヨン、大人になったジョンウォンをイ・ヨニが演じるのですが、二人ともとても美しくて見とれてしまいました。

高校生のヘソンとジョンウォンはとても仲が良く、二人がベンチで話すシーンはとても微笑ましかったです。

ヘソンが亡くなって、状況としてはジョンウォンが自分を責めてしまいそうです。でも、美術室に倒れていたギョンチョルは、誰に殴られたんでしょう?そして12年の時を経て、ヘソンが甦ったのはなぜ?

今後少しずつ明かされていくと思いますが、注目して見ていきたいと思います。

ミンジュン役のアン・ジェヒョンのカッコ良さにも目を奪われました。ミンジュンはジョンウォンに片想いしているようなのですが、このミンジュンがストーリー展開にどう関わってくるのかということも気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

amijkさんの感想より

第3話6.0% 第4話7.2%

3話・4話 あらすじ

踏切をはさんで向かい合ったヘソンとジョンウォン。お互い気付かずにすれ違ってしまいます。

ヘソンは、自分が死んだことに気付き、混乱。すると、町中の電気が消えてしまいました。

弟ヘチョル(クァク・ドンヨン)に会いに行ったところ、ジョンウォンの住所を知ることができたヘソン。ジョンウォンの家の近くで殴られ、倒れたところをジョンウォンが発見。ジョンウォンは倒れているヘソンの顔を見て、驚きます。

ホバンは、高校の6人組だったメンバーを集め、ヘソンが戻ってきたことを説明します。ジョンウォンは、自分の部屋に寝ているのがヘソンであることを確信します。

向き合うヘソンとジョンウォン。ヘソンの「美術室に財布はなかった」という言葉に、ジョンウォンは取り乱します。

ホバンから、ヘソンが殺人犯と思われたことで残された家族が苦労したことや、祖母の病院代を払ったことがジョンウォンの借金の原因だと聞くヘソン。ヘソンの死の原因は自分にあると感じたジョンウォンは、仲間を避けるようになり、精神科治療を受けることもあったのでした。

ヘソンは再会した弟ヘチョルからも「兄さんが殺人犯のせいでまともに生きられなかった」と言われ、呆然とします。

「俺が死んだのはお前のせいではない」というヘソンの言葉に、ジョンウォンは涙を流します。

3話・4話 感想

ヘソンは復活と同時に、怪力や並外れた聴力など、尋常ではない能力を得たようです。そして、ヘソンが復活した存在であることを知る、謎の男性が登場しました。

幼かった末の弟を訪ねていったら、ヤミ金業者になっていて、人を殴ったり殴られたり。この弟、「棚ぼたのあなた」に出ていたクァク・ドンヨンですね。

●モダンファーマー

●雲が描いた月明かり

●サムマイウェイ

など出演作品を積み重ねて、徐々に力をつけ人気も上昇中のよう。

ヘソンの家の家族構成はちょっと複雑なのかな?ヘソンと両親が同じなのはヘチョルだけで、他のきょうだいは父や母が違うのでしょうか。

ヘソンは死後、ギョンチョルを殺した犯人にされてしまったようです。そのため、残された家族も殺人犯の家族として辛い目にあってきたんですね。ヘソンは家族思いだっただけに、その事実を知って辛いでしょうね。ジョンウォンもまた、自分を責めて生きてきました。自分の大切な人たちの人生を取り戻すために、復活したヘソンがどんな行動を起こして行くのでしょうか。復活して得た、様々な能力もどのように活用していくのか、気になるところです。

再会した世界 5・6話と7話・8話 あらすじと感想

再会した世界 視聴率 あらすじ キャスト 感想  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー