内省的なボス 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

内省的なボス 내성적인 보스  全20話

quetalsurinoさん

第9話 あらすじ

マレーシアでの出張中、ロウン(パク・ヘス)は酔っぱらったファンギ(ヨン・ウジン)とウイル(ユンパク)を部屋に運び、そのまま朝までファンギの部屋で眠ってしまいます。朝目が覚めたファンギとウイルは、ロウンを部屋に残しこっそりと部屋を出ます。ウイルは3年前に亡くなったジヘを思い浮かべ、イスとの結婚を諦める決意を語り、ファンギからロウンがジヘの妹で、復讐のために入社したことを知らされます。このことを聞いたウイルはショックを受け先に帰国します。ウイルの留守中、ボクドンはイスとウイルの婚約を発表します。

ファンギはサイレント・モンスターのチームメンバーのオム・ソンボン(ホ・ジョンミン)に新しいプロジェクトの企画案を任せます。ネガティブな発言の多いソンボンのシニカルな企画案が採用され、成功的にブロジェクトが終わります。

ファンギは初恋のソ・ヨンジョン(チャン・ヒジン)と3年ぶりに再会します。不安なウイルは、ロウンを辞めさせようとしますが、ファンギは反対します。ウイルはセジョン(ハン・ジェソク)からファンギとロウンが惹かれ合っていることを聞かされ驚きます。

第9話感想

第1話から続けて登場する黒いフードやダーク系のラフはファッションのファンギがカッコよく見え始めました。

新しいプロジェクトとして古い映画館の下見のため、ファンギとロウンが一緒に観ることになります。映画館に向かう途中、初恋のヨンジョンと再会したファンギは到着に遅れます。ファンギの到着を気づかないロウンが居眠りをはじめ、ファンギは優しく肩を貸すシーンがとてもロマンチックでした。ファンギのロウンへの気持ちが正直に語られドキドキしました。ファンギにとってはある程度の距離を維持する方が落ち着く様子です。すぐ隣にロウンがいるとドキドキし過ぎるからでしょうか。一定の距離を置きたがるファンギの気持ちに共感します。積極的にアピールするキャラクターが多い中、ファンギのキャラクターが新鮮で、話が展開する度に魅力度がアップします。

ロウンもファンギに特別な感情を持ち始めたようです。すべてにおいて明るく積極的ロウンですが、二人の関係はファンギが先に告白しない限り発展しないと予想します。早くファンギに告白してもらいたいです。9話の最後のシーンで、ロウンとファンギが近距離でお互いを見つめ合いますが、10話では新たな展開が待っているのでしょうか。再び現れた初恋のヨンジョンの存在も気になります。キスシーンよりもドキドキ感が止まらない最後の描かれ方に、10話への期待が高まります。

早く二人がデートするシーンを観るのが楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさん

第10話 あらすじ

ウイル(ユン・パク)はイス(ゴン・スンヒョン)と共に、ボクドン(キム・ウンス)のラジオインタビューに参加します。インタビュー中、ボクドンはウイルが孤児であることを公表し、かっとなったウイルは飛びだし、ウイルを追いかけていたイスが信号で交通事故にあいます。イスの事故を聞き駆けつけたファンギ(ヨン・ウジン)はイスと別れないようウイルに頼みます。ウイルはイスの側に居る条件として、ロウン(パク・ヘス)を転勤させるよう求めます。

ロウンはファンギから電話で、「側に居てくれてありがとう」と言われ嬉しくなりますが、翌日出社するとファンギの冷たい態度に加え、転勤を命じられます。理由も分からず異動になったロウンはサイレント・モンスターを懐かしがります。

新たしいプロジェクトをめぐりウイルとファンギが競合することになります。ファンギのプレゼンテーションが選ばれると、ロウンをサイレント・モンスターに戻すことができるため、ファンギは一生懸命にプレゼンテーションの準備をします。

第10話感想

ファンギの正直な告白に嬉しくなるロウンの姿が可愛いです。ストレートに好きと伝えたわけではないですが、ファンギの気持ちが十分伝わりました。恥ずかしそうなファンギの姿も、正直で明るいけど恋愛なれしていないロウンの姿もよく表現されたと感じました。

ジヘのことがばれるのを恐れたウイルはロウンを避けるようになり、ファンギのロウンへの気持ちに気づきながらも彼女を異動させます。ファンギの気持ちをウイルが上手く利用しているような気がします。交通事故でイスが自害していることが分かり、イスを巡って何か秘密があるようです。イスの事故も、ウイルを呼び戻すためにわざと車に飛び込んで起きた事故だと感じました。3年前、ジヘが自殺をする前にイスともすれ違っていますが、もしかするとイスはジヘの自殺に関係がある可能性があるのではないでしょうか。

ラブコメディらしいハプニングが起き、ファンギとロウンのキスシーンを最後に10話が終わりました。内気なファンギのキスが意外だったので、驚きながら観てしまいました!キスの後の二人が気になります。ファンギが人前に立つことを克服し、無事にプレゼンテーションを終えることができるのかが、気になり11話がとても楽しみになります。

 

内省的なボス 11話・12話 あらすじと感想

内省的なボス 視聴率 あらすじ キャスト  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • ぴな
    • 2017年 2月 26日

    はじめまして ぴな と いいます。
    コメントを残したくお邪魔します。

    あらすじ書いていただきありがとうございます♪

    面白いドラマで楽しんでみているのですが、
    あらすじ書いてる方や、つぶやいてる方が少なくて
    寂しく感じてところでした。

    こちらを読んで初めて、
    イスが自害していた事実が(お医者さんにファンギが自分以外には言わないでって言ったのはわかったんですけど)、
    分かりました。

    このヨン・ウジンさん『恋愛じゃなくて結婚』の時から好きな俳優さんなのですが、
    こちらの役の方が魅力的です♪

    いくつかの謎もファンギとロウンのLove模様も気になり
    これからもしっかり見ていきたいと思ってます。

    それでは、失礼致します。
    ありがとうございました。

      • kdora
      • 2017年 3月 01日

      管理人より
      コメントありがとうございます。この内省的なボスはquetalsurinoさんに書いて頂いています。
      このようなコメントを頂いてquetalsurinoさんも喜んでいただけると思います。quetalsurinoさんにも伝えておきたいと思います。
      今後ともどうぞよろしくお願いします。
      ありがとうございます。

        • ぴな
        • 2017年 3月 01日

        管理人様へ

        コメントありがとうございます。
        よろしくお願いいたします。



カテゴリー