内省的なボス 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

内省的なボス 내성적인 보스  全20話

quetalsurinoさん

第3話 あらすじ

ファンギ(ヨン・ウジン)が使用していたペントハウスの事務室は、新たに担当することなった部署「サイレント・モンスター」の事務所として使われることになり、ダン・ユヒ、キム・キョリ、オム・ソンボン、チャン・ソジョンとチェ・ロウン(パク・ヘス)の5人がスタッフとして選ばれます。

姉ジヘの復讐のために「0サイレント・モンスター」に志願したロウンは、意外な事実を知ります。宅配業者だと思っていたファンギが代表だったことを知り驚きます。

ファンギは安らぎを求め一人駐車場の車の中にいると、ウイル(ユン・パク)がロウンと車の中に一緒にいるのを目撃し、3年前ウイルとジヘ(ハン・チェア)が一緒にいるところを目撃したことを思い出します。

「サイレント・モンスター」初の依頼者が登場し、ファンギの対応にロウンは複雑な気持ちになり、以前ファンギが屋上で謝っていた相手が誰なのかの質問をし、ファンギは亡くなったジヘを思い浮かべます。

第3話感想

3年前、ロウンが出演したミュージカルをウイルとファンギの妹ウン・イス(ゴン・スンヨン)が一緒に観に行っていました。ジヘとファンギの仲に気づいたファンギは、わざとジヘに残業をさせてようです。ファンギはジヘに特別な感情を抱いていた様子です。妹イスとウイルが付き合っていることから、彼には妹を守ろうとする気持ちが伝わってきました。妹を守るためには、ジヘとウイルの関係を秘密にする必要があるので、ロウンは今後さらにファンギを誤解することになりそうです。

最後のシーンで登場した女性の靴は、ジヘが自殺する前に残したものをファンギが大切に保管してきたようです。靴を見下ろすファンギの視線がなぜかとても寂しそうだと感じました。

非常に内向的なファンギの新たな一面をうかがわせるエピソードが続々と登場し、笑える場面も多くあります。ファンギのチームに加わったロウンをチームから外すために、彼なりの消極的な努力を始めますが、その努力は文字通り努力のまま終わりロウンはチームの一員として働く結果になります。ファンギとは全く正反対のロウンの行動が唐突過ぎると感じました。ロウン役のパク・ヘスはデビュー作の「ヨンパリ」後、「青春時代」に出演し知名度を上げ、「内省的なボス」では超がつくほど明るいお役を演じています。ところどころ理解できないほどの行動力に驚く場面もありましたが、可愛いと思いました。

気持ちを上手に表現できなく、内気な性格から誤解され易いファンギが少し残念ですが、冷静で鋭い観察力を持ち、非常に現実的なキャラクターに映るのが魅力的です。ファンギの趣味が料理という設定になぜがドキドキします。内気な彼が守りたいものを守るために、どのような選択をして行動していくのかが楽しみです。

【豆情報】ロウン(パク・ヘス)が持っていたミニバックが話題に。Lapaletteのものです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

全20話

quetalsurinoさん

第4話 あらすじ

ファンギ(ヨン・ウジン)は「サイレント・モンスター」のチームメンバーに新しい指示が出されます。誰も会わないようにと伝えられたチームメンバーは、ファンギの意中が分からず戸惑います。ウイル(ユン・パク)に刺激されたファンギは、新しい仕事の入札のための準備を一人で進め、ユヒ(イェ・ジウォン)にプレゼンテーションを任せます。産休の後、プレゼンテーションの経験がないユヒのためにファンギは原稿までも準備します。

プレゼンテーション当日、ユヒの子供達がインフルエンザにかかり出席できず、強引なロウン(パク・ヘス)によりファンギがプレゼンテーションを行うことになります。ファンギは、子供の頃のトラウマが原因で、人前で話すことが苦手なファンギは、プレゼンテーションを諦め会場から逃げるように去ります。

 

第4話感想

ファンギの誰とも会うな、との指示は、ウイルをロウンが会うことを阻止するための、ファンギなりの考えだったのでしょうか。「サイレント・モンスター」のメンバーのうち、ユヒがプレゼンテーションを担当することになり、共働きで子供のいるユヒの様子が描かれました。

冷たく無関心そうに見えるファンギですが、実は温かい心の持ち主でした。プレゼンテーションが失敗に終わったあと落ち込む「サイレント・モンスター」のメンバーたちは酔っぱらうことになり、各メンバーのケアーをするファンギをロウンは見直すことになります。これまでファンギの正体を暴くために一生懸命だったロウンのファンギへの気持ちが変わりつつあるのでしょうか。

ロウンの姉ジヘが亡くなった後の会社の対応や家族の悲しみなどが描かれました。ロウンは戻ることのなかった姉の靴を探しているようなので、ファンギが靴を保管していることを知り彼を誤解することになりそうです。

ウイルとイスの関係などが描かれましたが、いまだウイルがどんなキャラクターなのかが十分に描かれず、ジヘの自殺とどのようなかかわりがあるのかが、疑問として残ります。

ファンギはこれまで常にロウンの側で彼女を見守ってきたのではないのでしょうか。3年前のジヘのお葬式でも、ロウンの父が経営する理髪店でもファンギの姿がありました。話の展開が少し遅い気がしますが、「サイレント・モンスター」のリーダーとしてのファンギの活躍が楽しみです。

【豆情報】特別出演:パク・サンミョン、ウ・ヒョン、お笑いのキム・ヒョンマンが役を変えながら出演しているので、見つけると笑ってしまいます(2話でも出演)。

 

内省的なボス 5話・6話 あらすじと感想

内省的なボス 視聴率 あらすじ キャスト  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー