傲慢と偏見 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/1/15から)集中再放送 日曜日朝6:10から4話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2016/10/28から)集中再放送 金曜日17:30から5話連続放送
●2016.8.26 感想追加

傲慢と偏見  全21話
2014年放送 MBC
平均視聴率 9.8% 시청률
傲慢と偏見〈ノーカットテレビ放送版〉DVD-BOX1
あらすじ

 弟を失った事件の真実を求めて検事の世界に飛び込み、見習いとして仁川地検に初出勤したハン・ヨルムは、元恋人であるク・ドンチに出会う。ドンチは再会を喜ぶが、ヨルムはドンチが弟を殺害した犯人だと疑い…。”民生安定チーム”に配属されたヨルムは、検事部長のムン・ヒマンに率いられ、首席検事であるドンチや、捜査官のカン・スらと様々な事件を解決していくのだが…

 2016y07m16d_092629979
BS朝日 傲慢と偏見 相関図
キャスト

チェ・ジニョク ク・ドンチ ヨルムの元恋人、首仁川地検首席検事 高卒出身の秀才
ペク・ジニ ハン・ヨルム 仁川(インチョン)地検の修習検事 ロースクール出身
チェ・ミンス ムン・ヒマン 仁川地検部長検事
ソン・チャンミン チョン・チャンギ 失業者、別名ケゲピョン
イ・テファン カン・ス(ソ・テウォン) 仁川地検捜査官 テコンドー選手出身の新人捜査官

チェ・ウシク イ・ジャンウォン 検事
チャン・ハンソン ユ・テギ 検察捜査官
チョン・ヘソン ユ・グァンミ 検察捜査官、テギの娘
ノ・ジュヒョン イ・ジョンゴン 検察局長
キム・ヨジン オ・トジョン 次長検事
ペク・スリョン ペク・グモク スの祖母、食堂店主
チョン・ソンモ   ヨルムの父
キム・ナウン キム・ミョンスク ヨルムの母
ソン・サムドン クォン・デヨン 露出狂事件の容疑者、文房具屋
キム・スヨン イ・ホジョン 少女虐待の被害者

スタッフ /[脚本]イ・ヒョンジュ[演出]キム・ジンミン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
EmiTgoさんの感想より

怪優たちの競演に酔う

題材が暗い上に、容赦なく問題が襲い掛かり、そのくせ、そう都合よく過去の因縁のある人物が一ヶ所に集まれるわけがないじゃないかというご都合主義設定でありながら、毎回テレビ画面を凝視してしまったのは、とにかく演技達者な俳優陣の競演に心を奪われたからです。

韓国版”原田芳雄”的なチェ・ミンス氏をはじめ、若手もベテランもとにかく曲者をやらせたら天下一品な俳優さんたちが寄り集まって火花を散らすのですから溜まりません。演出もカメラも、その曲者たちの表情をとても大切に扱ってくれます。ですから、このドラマは、音のないシーン・セリフ以外の部分がとても重要です。ながら視聴には全く向かないと(私は)思います。

で、なかでもやはり特筆すべきは、チェ・ミンスさんの存在です。他のドラマでも、影のある、暗い、権力者・実力者でありながら幸せではない最期を迎える人物を上手に演じて見せてくれるひとですが、ここでも力はありながら巨大な組織のなかで苦しむ男の役を魅力たっぷりにみせてくれます。ただ、「剣と花」や「ペク・ドンス」の恐ろしいばかりだった武人とは違い、このドラマでは実にキュートな一面も見せてくれるので、そこがまた楽しみのひとつです。

部下に対しても常に丁寧語で話、「グッチョ?(そうでしょう?)」という口癖を流行らせ、派閥のなかにいるのかそれとも敵対しているのかなかなかわからない狸おやじぶりに翻弄されるうちに、ぐいぐいとドラマに引き込まれてしまうのです。落ち着いてストーリーを思い返せば、「あれ、あの件どうなりました?」な抜け部分がなくもないのですが…不思議な魅力のドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー