仮面 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BSジャパン(2017/6/15から)月~金曜日14:56から 吹替[二] +字幕
●アジアドラマチックTV(2017/3/14から)集中再放送 月~金曜日16時から
●アジアドラマチックTV(2016/12/3-24) 土・日曜日8:30から3話連続放送12/24は2話連続

仮面  全20話
2015年放送 
平均視聴率 10.0% 시청률 SBS
仮面 DVD-BOX1
あらすじ

 SJグループの御曹司チェ・ミヌは、次期大統領候補の娘ソ・ウナとの政略結婚を控えていた。
一方、デパート販売員として働くピョン・ジスクは父の借金に悩まされる日々。
瓜二つの外見を持つウナとジスクは互いの存在も知らず、まるで違った人生を歩んでいたが、ある日、偶然遭遇することに。その矢先、ウナがミヌの家のプールに転落し、脳死状態に陥る事件が起きる。
SJグループ乗っ取りを目論むミヌの義兄ミン・ソクフンは、ミヌを操るべく、
ジスクをウナの身代わりに仕立てようと画策する―。

 2016y05m28d_203424045
DATV 仮面 相関図
キャスト

スエ  ピョン・ジスク デパート店員
スエ  ソ・ウナ ミヌの婚約者、国会議員の娘
チュ・ジフン チェ・ミヌ SJグループ専務
ユ・イニョン チェ・ミヨン ミヌの異母姉
ヨン・ジョンフン ミン・ソクフン ミヨンの夫

チョン・ドンファン ピョン・テソン ジスクの父
ヤン・ミギョン カン・オクスン ジスクの母
ホヤ ピョン・ジヒョク ジスクの弟
チョン・グクファン チェ会長(チェ・ドゥヒョン) ミヌの父、SJグループ会長
パク・チュングム ソン女史 ミヌの継母、ミヨンの実母
パク・ヨンス ソ議員(ソ・ジョンフン) ウナの父、国会議員、大統領候補
イ・ジョンナム イ・ジョンソン ウナの継母
キム・ビョンオク シム社長 金融業者
パク・ヨンス ミョンファ ジスクのデパートの同僚、ジヒョクに好意
ファン・ソクチョン マルジャ ジスクのデパートの同僚
パク・ジュンミョン ヨ部長 ジスクのデパートの部長
チュ・ジンモ キム教授 ミヌの主治医、精神科医
キム・ジミン キム・ヨンス チェ家の家政婦
ムン・ソンホ ナムチョル チェ家の執事
チョ・ユヌ オ・チャンス ミヌの秘書

イ・ユンジョン ジスク/ウナ 子役
チェ・ジウォン ジスク/ウナ 子役
チョン・ジンソ チェ・ミヌ

スタッフ [脚本]チェ・ホチョル[演出]プ・ソンチョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

miikhuwaamsukさんの感想より

俳優さんの魅力が引き立っている作品

大人気ドラマ「宮(クン)」や「魔王」に出演したチェ・ジフンさん2年ぶりのドラマ主演となる同時間帯ドラマ視聴率第一位のサスペンスラブストーリードラマです。

今回のチェ・ジフンさんの役柄ですが超潔癖症で女性とのスキンシップが苦手なSJグループ専務チェ・ミヌ役ですが、超ツンデレでありながら好きになった女性に言い訳をしながら近づく姿が超可愛くてやばかったです。このドラマでチェ・ジフンさんが2015年SBS演技大賞で最優秀演技賞と10大スター賞を受賞したのも納得です。

ヒロイン役はドラマ「野王」で物凄い悪い女役を演じたスエさんが1人2役を演じますがメインの役柄となるデパート店員ピョン・ジスク役はとても根が純粋で正直な性格なのですが、ドラマ「野王」であの悪女役を演じてから、すっかりスエさんが嫌いになってしまい「今回も、きっと・・・」なんて思いながら観ていましたが、見事にあの悪女役の印象を吹き飛ばしてくれた純粋で綺麗な透き通った演技力は流石でした。

ミヨンの夫ミン・ソクフン役のヨン・ジョンフンさんは今まで優しい良い人柄役が多かったのですが今回は悪事を働く悪魔の様な悪い役柄で意外でしたがヨン・ジョンフンさんの演技力が素晴らしくてとても魅力でした。初回から内容が超ドロドロで強引な設定でもあったので最後まで観ていられるか不安でしたがラブラインが強くなって来るともう胸キュンの連発でどんどん引き込まれてしまいました。

愛のない結婚からお互いが徐々に惹かれあっていくストーリーはドラマ「宮(クン)」に似ているのでドラマ「宮」が好きな人にはお勧めのドラマです。特にドラマ「宮(クン)」でチェ・ジフンさんのツンデレぶりにたくさんの女性がファンになったと思いますが今回のツンデレぶりはそれ以上でプラスお茶目で可愛い演技が最高です!チェ・ジフンさんは、やっぱりこういう役柄がピッタリですね。俳優さんの魅力が引き立つとても面白いドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー