付岩洞復讐者たち 11話・12話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

付岩洞復讐者たち  부암동 복수자들  全12話

第11話視聴率 5.495%

amijkさんの感想より

 

第11話あらすじ

ヨンピョを殴ったミスクはソヨンと家を出て、しばらく姑の病室で過ごすことにします。
カフェに集まったメンバーたち。ジョンへとスギョムがいつ外国に行かされてしまうとも限らないと、先にビョンスを追いやってしまうことにします。

ジョンへはこれまで出席したことのない理事会に出ます。中国の取引先との重要なミーティングがあることをつかんだジョンへ。ポクチャクラブはそのミーティングにビョンスが出られないようにすることに。

ミーティング前夜、ビョンスの滞在するホテルの部屋に忍び込み、様々な工作をするメンバーたち。翌日、ビョンスは寝坊しミーティングに遅刻します。その上スーツを隠されたためセーターにジャージ姿で駆けつけるしかなく、そこにスジまでが現れます。

ジョンへは実家のコナグループの持ち株を切り札にジョンユンに取引を持ちかけます。スジにインタビューを受けさせるジョンへ。しかしジョンへの動きを知ったビョンスが手を回し、倍の金額を払ってスジに別のインタビューを受けさせます。

ヨンピョの母が亡くなり、姑を実の母のように慕っていたミスクは悲しみに沈みます。ヨンピョに愛想をつかしたミスクはソヨンと共にドヒの家に身を寄せます。

ビョンスの仕組んだスジのインタビュー映像が公開され、悪者に仕立て上げられ窮地に陥ったジョンへ。ビョンスとの対立が深まります。「お前が自分の力で得たものは何もない」と言うビョンスにジョンへは「私はキム・ジョンヘよ」ときっぱり言い返します。 

第11話感想

ヨンピョは今は変わってしまったけれど、以前はいい人だったようなのでミスクとの夫婦仲は修復の余地があるように思いましたが、ここまでくると微妙ですね。

ジョンへとビョンスの対立は決定的になりました。ビョンス、けっこう粘着質なところがありますね。ヘラン建設の後継者になれる器ではなさそうですが、変なところで手回しがうまいのであなどれません。ジョンへは、コナグループの持ち株をジョンユンに渡してしまったら、経済的に今までのような暮らしはできないと思うけれど大丈夫でしょうか?

ドヒはヒスの様子がおかしいのは工房の青年との仲を気にしているからだと知り、何でもないと否定していました。青年と会ったときのヒスの表情が印象的でした。息子はかわいいけれど…ドヒの恋(?)はどうなるのでしょうか。

スギョムが気の毒でした。父と母はどう見ても尊敬に値する人物ではなく、子供を利用することしか考えていません。それでもおじいちゃんおばあちゃんが愛情を注いでくれたから、いい子に育ったんでしょうね。

次回は最終回です。メンバーたちがそれぞれどんな節目を迎えるのか気になります。ポクチャクラブのつながりはずっと続いてほしいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話視聴率 6.330%

amijkさんの感想より

 

第12話あらすじ(最終回)

亡くなったヨンピョの母が繋ぎ合わせた書類をもとに真実を明らかにする記者会見を開くことにしたメンバーたち。 窮地に立たされたビョンスとヨンピョは先手を打つことにします。

ヨンピョは 選挙から退くと発表。 世論の流れを見ることにします。ミスクとジョンヘは予定通り記者会見を開き、ヨンピョとビョンスの間にあった賄賂の授受とヨンピョの家庭内暴力を暴露します。

スギョムから懇願されたスジはビョンスに脅迫されたと真相を明らかにしジョンへに謝罪します。ヨンピョとビョンスは選挙法違反で逮捕されます。

ヒギョンとヒスは工房を訪ね、青年がドヒの相手としてふさわしいかチェックし合格点をつけます。

離婚を申し立てたジョンへとミスク。ジョンへは約束通りジョンユンに株を譲ります。復讐を終えたポクチャクラブは休業することに。ジョンへは海外に自分探しの旅に出発、スギョムは予備校の寄宿舎に入ります。

1年後。すっかり雰囲気の変わったジョンヘが帰国します。持ちビルでチムジルバンを経営し、スジを雇っています。工房の青年スンウとの仲が順調なドヒ。
久しぶりにカフェに集合したメンバーたちは、窓の外に復讐すべき人物を見つけ、駆け出します。 

第12話感想(最終回)

ヨンピョとビョンスが逮捕され、ポクチャクラブの復讐プロジェクトは全て終了しました。ビョンスとジョンへが離婚したら、ジョンへとスギョムは他人ということになりますが「家族よりましな他人」になるのだからというジョンへの言葉が印象に残りました。スギョムはジョンへのために、ジョンへはスギョムのためにそれぞれ会長にお願いに行っていて、親子ではないけれどお互いを思う結びつきがある関係でした。

自分のことしか考えていない両親を持ったスギョムが気の毒ではありましたが、離れてもスギョムはスジとその後も連絡をとり、ビョンスの出所の日には豆腐を持って迎えに行っていました。一般的な家族の形ではないけれど、いい感じに収まってほっとしました。

ドヒはヒスとヒギョンが先走ってくれたおかげもあって青年との仲が進展しました。最終回になってようやくお互いに名乗り、青年の名前がわかりました。

ジョンへが帰国し、再び集まったポクチャクラブ。再びお仕置きすべきターゲットを見つけて走り出しました。やはり何かせずにはいられない人たちなんですね。新しい人生に踏み出しても変わらず愉快なポクチャクラブのメンバーたちでした。 

 

付岩洞復讐者たち  視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー