今日から愛してる 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BSジャパン(2016/10/3から)全51話 月~金曜日14:56から 字幕

今日から愛してる 오늘부터 사랑해 全101話
2015年放送 KBS
平均視聴率 13.38% 시청률
 2016y09m17d_154835078
今日から愛してる 오늘부터 사랑해  公式サイト
あらすじ

看護師として病院で働くスンヘ(イム・セミ)は、偶然ぶつかったドジン(パク・チヌ)の携帯電話を持っていってしまいドジンに泥棒と勘違いされてしまう。一方、スンへの祖母であり伝統茶の名人であるスニム(キム・ヨンリム)は「自分の伝統茶をコーヒーと一緒に売ることは許せない。」と言い、取引先の店との取引をやめてしまうのだが…。

 KBS WORLD 今日から愛してる 
キャスト

ユン・スンヘ役:イム・セミ
450年の歴史をもつ宗家‘トンラクダン’の宗女。事実上の家長。コーヒーマニア。看護師を解雇、バリスタとして働く

カン・ドジン役:パク・チヌ
飲食業界の有名人 ヤン・ミジャ(イ・ウンギョン)の一人息子。医者出身のパティシエ。容姿端麗、頭脳明晰で完璧な男。

チャン・セリョン役:キム・セジョン
チャン会長の一人娘。外食事業部チーム長。 知的でクールな性格。

キム・スニム役:キム・ヨンリム
‘トンラクダン’の宗婦(本家の一番上の嫁)。‘茶’の名人。

ユン・デホ役:アン・ネサン
‘トンラクダン’の宗孫。仁寺洞古美術屋 ‘古古’の運営者。金銭感覚ゼロで優柔不断

ヤン・ミジャ役:イ・ウンギョン
ドジン(パク・ジヌ)の母。デホ(アン・ネサン)の初恋の相手。。何もない状態から大成功まで登りつめた飲食業界の有名人

チョン・ユノ役:コ・ユン
ワールドバリスタチャンピオンシップを最年少で優勝したコーヒーの天才バリスタ。マナーもあり、ユーモアもある完璧な男。

ユン・スンジェ役:オ・スンユン
スンへ(イム・セミ)の弟。倫理、道徳、礼儀のある真面目な青年。

ミン・チェウォン役:ウンジョン(T-ARA)
産婦人科医。自信満々で自由奔放な性格。ドジン(パク・チヌ)の後輩

スタッフ /演出:チェ・ジヨン 脚本:チェ・ミンギ、キム・ジワン
コメントにて随時感想募集中です。


最高視聴率 第1回 18.2%  最低視聴率 第28回9.3%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●世代を問わず楽しめる作品

伝統茶やカフェが出てくる話ということで興味を持って見始めたドラマです。このドラマに出てくるような伝統茶も楽しめるカフェがあったらぜひ行ってみたいし、スンヘが工夫して考案したブレンドの伝統茶もとてもおいしそうで、飲んでみたいなと思いながら見ていました。

ドラマの序盤では若い俳優たちの演技がなんとなく物足りないような気がして、正直「長いドラマなのに見続けられるかな?」と不安に思ったのですが、回を重ねるごとにどんどん良くなっていって、結局はまってしまいました。家族役で出てくるベテラン俳優陣たちがしっかり脇を固めていたのも大きいと思います。

ストーリーはお茶の話でずっと展開していくのかと思いきや、子ども達の生い立ちが次々に明かされてちょっとビックリでした。ユン家は基本的には温かい家庭ですが、大人たちが身勝手なところもあって、スンヘが気の毒でもありました。スンヘのせいで実子のスンアが火傷をしたときに「養子をとったことを後悔した」という母親の言葉はあんまりだと思いました。

ドジン役のパク・ジヌはどこかで見たと思ったら、「風の絵師」に出ていた俳優さんでした。時代劇では衣装や髪型が違うので雰囲気が変わりますが、端正な顔立ちのイケメンです。スンヘを巡ってライバルになったバリスタのユノがドラマの中で「イケメン」と言われていましたが、断然ドジン!と思ってしまいました。

このドラマは登場人物が多く、父方の叔母の結婚話も面白いですし、母方の叔母の毒舌も痛快です。頑固ではあるけれど孫たちに対して慈愛深い祖母の存在感もかなり大きく、勉強になる言葉も多いです。幅広い世代の人が楽しめるドラマとしておすすめです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー