一抹の純情 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBSWOLD 2017年4月8日(土)~本放送【土・日】夜11:00~深夜00:10(2話連続)

一抹の純情 일말의 순정 全152話
2013年放送 
平均視聴率 6.19% 시청률
一抹の純情 DVD-BOX1
あらすじ

家族も愛も失った悲劇のヒロインが壮絶な復讐の化身として生まれ変わる。 貧乏ではあるが暖かくて幸せな家庭で育ったセミは結婚間近の彼の子供を妊娠し、幸せの絶頂だった。 ある日、両親が管理している別荘の財閥一家の息子ヒョクミンとその幼馴染に呼び出された。いきなり襲い掛かかってきた二人から必死に逃げるあまり、セミは別荘の2階から転落してしまうのだった…。6ヶ月ぶりに植物状態から目覚めたとき、お腹の中の子供、両親、そして愛する彼を失ったことを知って絶望するセミ…。 その7年後、”ジェニファー・ダイア”という名前で別人として帰ってきた彼女は彼らに壮絶な復讐を企てる―。

 2017y04m22d_230727988
KBS 一抹の純情 일말의 순정 相関図
キャスト

チョン・ミソン キム・ソンミ 高校国語教師
キム・テフン チョン・ウソン 高校数学教師
イ・フン ハ・ジョンウ ソンミの友人、大企業室長
ジウ チョン・スンジョン ウソンの娘、高校生

クォン・ギソン   ソンミの母、専業主婦
ト・ジウォン カン・スジ ミンスの妻、小説家
イ・ジェリョン チェ・ミンス 自営業
イ・ウォングン チェ・ジュニョン ミンス夫婦の息子、高校生
Feeldog(BIGSTAR) オ・ピルドク スンジョンの友人、高校生
ジヌ ジヌ ジュニョンの友人、高校生
チョ・ウリ コ・ダビ スンジョンの友人、高校生
パッチギ パッチギ ジュニョンの友人、高校生

ソ・イスク マ・ウニ 高校化学教師
ハン・スヨン ハ・ソヨン 高校英語教師
イ・ソヌ   高校美術教師
イ・ユンサン   高校教頭

スタッフ /[脚本]チェ・スヨン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
akirtmoeさんの感想より

●ドロドロしていなくても面白い!子どもと一緒に堂々と見れる良い作品です

シチュエーションコメディなので行きつく先はだいたい予測できます。それでいて視聴者を飽きさせないのは、やはり展開の妙にあると思います。

この作品の展開でいちばん面白いのは、テサン高校に勤める40歳に近い教師が高校生のような純愛をし、彼らの教え子である現役高校生が大人のような洗練された恋愛をしているところにあります。そんなありえなさそうな展開に説得力を持たせているのが、俳優たちの演技です。

このドラマに出てくる俳優で、これまでの役柄といちばん違和感を感じるのは、主人公キム・ソンミ先生を演じるチョン・ミソンさんでしょう。これまでのチョン・ミソンさんの配役は主人公の母親役が多く、となると必然的に「貧しくて薄幸だけど芯がしっかりした女性」になります。

このドラマのキム・ソンミ先生は、世間からはうらやましがられる高校教師をやっているので、生活に困ってはいません。また、二人の男性からほぼ同時期にプロポーズを受けるなど、取りたてて不幸なわけでもありません。でも、若い頃に恋愛に対して理想が高すぎたのが仇となり、39歳で独身、母親からは矢のような催促で結婚を迫られている人物です。

その意味では芯があるのですが、それが彼女の恋愛を不器用にしているのです。こうした情けないキャラクターを時には切なく、時には面白く演じているのには感嘆しました。参考までに、チョン・ミソンさんは、90年代を代表するコメディ番組「今日はよい日」に長年出演していた経歴を持っています。なので、このドラマでキム・ソンミ先生が見せるおかしみは、チョン・ミソンさんの本来の得意分野といえます。

ドラマの撮影場所
ちなみに、この作品で韓国ドラマ特有の泥臭さがない理由を少しだけ種明かしします。このドラマの撮影場所は、華城市にある東灘という2010年頃に一から建設した人工都市です。建物が新しいのはもちろんのこと、住宅・商業施設等が幾何学的な秩序を持って配置され、とにかくモダンな町です。スポンサーの意向か(笑)、はたまた環境が人の心を綺麗にするかまでは分かりませんが、このドラマの登場人物が基本的に都会的だけど前向きなのは、撮影場所が大きいと思います。

 

abebe99317さん.

チョン・ウソンの魅力

私が初めてチョン・ウソンを知ったのは、頭の中の消しゴムという映画を見た時です。顔がかっこいいのはもちろんですが、演技もうまく何度もレンタルして見てしまうほどです。ワイルドな男役を演じていましたが時折見せる笑顔がとても素敵でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー