一人酒男女~ホンスルナムニョ 11話・12話 あらすじと感想 チョ・グォン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

一人酒男女~ホンスルナムニョ 혼술남녀 全16話

marikoさん

第11話 あらすじ

ジュンソクの告白が信じられないハナ。「告白は聞かなかったことにする」、とジュンソクに告げる。コンミョンは、チェヨンのアドバイス通り、歩きながら勉強している時に交通事故に遭ってしまう。ハナは、入院したコンミョンに1日中付き添うことに。そこに、コンミョンの母から電話がかかってくる。不在のコンミョンの代わりに電話に出たハナ。コンミョンの母は、ジュンソクを病院に見舞いに行かせるのだった。ハナとジュンソクを会わせたくないコンミョンは、大慌てでハナを帰す。しかし、別れ際にハナを後ろから抱きしめてお礼を言うことを忘れないコンミョンだった。

帰宅したハナは、左薬指にサインペンで指輪が描かれているのを発見する。それは、コンミョンが描いたものだった。チェヨンはコンミョンが勉強しに来ないのを、やる気がなくなったからだと誤解していた。しかしドンヨンから真実を聞かされたチェヨンは、コンミョンの事故は自分のせいだとショックを受ける。チェヨンはひっそりと屋上で涙を流すが、そんな姿を目撃したドンヨンは意外に思うのだった。

コンミョンの入院部屋で、ハナの腕時計を見つけたジュンソク。女のために勉強をしていると聞いたジュンソクはコンミョンを叱りつけるが、逆に「兄さんはそんな性格だから、予備校で‘ハイクオリティなゴミ‘と呼ばれているんだ」と言われてしまう。予備校の時間割のことでも同僚から陰口を言われていたジュンソクは、寂しさを感じるのだった。ハナからの連絡を待つジュンソクは、「駆け引きはやめろ」とハナにメッセージを送る。しかしそれを見たハナは呆れて「もう連絡してこないで」と返信するのだった。ハナを諦められないジュンソクは、翌朝ハナの家の前で待ち伏せしていて…。

第11話 感想

第11話では、2AMのチョ・グォンが特別出演していました!わざと口の中に何か入れていたのか(?)、ふっくらした印象のチョ・グォンでしたね!いろいろと問題のあるグォン役…。

すごく方向音痴だったり、コロコロ志望を変えたりと、キボム、コンミョン、ドンヨンに呆れられていました。公務員試験にもいろんな種類があるみたいで、グォンが志望をコロコロ変えたおかげで、「そんな試験もあるんだ~」と知ることができました(笑)チェヨン直伝の、歩きながら勉強法。どう考えても危ないですよね!歩きながら勉強してる人なんて、今まで見たことないんですけど…。命あってこその公務員試験ですから、あんな危険な勉強方法は今すぐ止めた方がいいですよ。ご飯を食べながらも勉強してるし、よくあんなに集中力が続くな~と感心してしまいます。ジュンソクは、自分勝手だということを周りの人から突きつけられて、ちょっと可哀相な気もしますが、もう少し性格を変えた方が自分のためにもなるし、これを機会に協調性のある性格になるといいですね(笑)ハナとの関係はどうなるのかな?

アイドルグループ、2AMのチョ・グォンが11話で特別出演

管理人

 

チョ・グォン  コンミョン、キー達の友人役
2016y11m29d_155423284
出典:http://sbscnbc.sbs.co.kr/read.jsp?pmArticleId=10000826920
チョ・グォン(조권)

生年月日:1989年8月28日 身長:173cm 体重:55kg 血液型:O型
2AMのリーダー。2AM(ツーエーエム、トゥーエーエム)はJYPエンターテインメント(以下JYPE)に所属する韓国の男性アイドルグループ(4人で構成)。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

marikoさん

第12話 あらすじ

予備校まで送るというジュンソクの申し出を断るハナ。ジュンソクはハナの怒りを解こうと、コーヒーやケーキを買ってくるが、ハナの心には響かない。チェヨンの誕生日が近づいて、そわそわしているキボム。キボムはチェヨンに「誕生日パーティーをしよう」と誘うが、チェヨンは「そんな時間があったら勉強する」と断る。キボムはなんとかして楽しい誕生日パーティーにしてやろうと、コンミョンを利用してチェヨンを連れ出す。食事の後に皆でカラオケに行って、チェヨンへの思いを熱唱するキボム。予想外に楽しんだチェヨンは、酔いつぶれてキボムにおんぶされて帰宅する。夢うつつのチェヨンの目には、キボムの顔がコンミョンに見える。コンミョンにおんぶされていると勘違いしたチェヨンは、「あなたは心が温かい人ね」と耳元でささやくのだった。

予備校長は、無料特別講座を行うことにする。今回はハナを特別講師にしようとするが、それを妬む同僚からの圧力で、ハナは特別講師から降ろされてしまう。それを知ったジュンソクは、怒り心頭。ジュンソクがその同僚に一言言ってくれたおかげで、ハナは特別講師になることができた。ジュンソクのおかげで特別講師に戻れたと聞かされた、ハナ。さらに、ジュンソクは以前勤めていた予備校で、先輩講師から圧力を受け、予備校を追い出されていたという事実を知る。ハナは、勝手にジュンソクを誤解していたことを反省する。ジュンソクが一人で飲んでいるのを見かけたハナは、勇気を出してジュンソクに声をかけるのだった。「どうして自分が特別講師に戻れるようにしてくれたのか?」と聞くハナに、ジュンソクは「僕のように自分勝手になりたくないと言った君を、守ってあげたかった」と答える。それを聞いたハナは、「私の方こそ誤解して、ごめんなさい」と伝える。お互い素直になった2人は、熱いキスをするのだった

第12話 感想

とうとうハナとジュンソクが両想いになってしまいました~。どうする、コンミョン!?まぁ、コンミョンとハナという組み合わせはちょっと無理があったような気もしますけど、ジュンソクと付き合うのも大変そう(笑)ハナ、これからも前途多難そうだけど、頑張って!!キボムはチェヨンのためにいろいろと知恵を絞ってあげてて、可愛かったですね♪こんな男の子に愛されたら幸せなんだけどな~。自分で大量の肉を買って来ておきながら、「店のサービスだ」と嘘をつくキボム。バレバレの嘘が可愛かったです!

そしてチェヨンの気持ちと、キボムの気持ちに気付いてしまったドンヨン。ドンヨンが言うように、かなり複雑な恋愛関係(?)ですよね。ドンヨンに言わせるとキボムは可哀相なヤツですが、私はそんなキボムが大好きです!!おんぶしながらチェヨンにささやかれた言葉で完全に勘違いしちゃってるキボムですが、これから傷つかないといいな~。

 

一人酒男女~ホンスルナムニョ 13話・14話 あらすじと感想 キム・ジソク チャン・ウヒョク

一人酒男女~ホンスルナムニョ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー