ヴァンパイア探偵 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Mnet (2016/11/7から)集中再放送 月~金曜日13時から

●2016.10.23 感想追加

ヴァンパイア探偵 뱀파이어 탐정 全12話
2016年放送 
平均視聴率 0.93% 시청률 OCN
 2016y07m01d_145931111
ヴァンパイア探偵 뱀파이어 탐정 公式サイト
あらすじ

ある日突然ヴァンパイアになってしまった元エリート警察官が、私立探偵として活躍しながら自らの過去の秘密に立ち向かっていくストーリー。人間とヴァンパイアという二つの姿を持つ自らに悩み、もがきながら成長していく、難しくも魅力的なキャラクターユン・サン。ユン・サンが働く探偵事務所の経営者であり、1番の味方となるヨン・グヒョン。ハッキングや詐欺の技術を持つ事務所の同僚ハン・ギョウル。

Ment ヴァンパイア探偵
キャスト
■ユン・サン(イ・ジュン)
ヴァンパイアになった私立探偵。警察在職中に捜査過程で不慮の事故に遭い、心に深い傷を抱えている。警察大学を首席で入学したスマートな頭脳と卓越した武術を事件捜査に活かす。■ヨン・グヒョン(オ・ジョンセ)
元刑事出身の私立探偵。ヴァンパイアになってしまったユン・サンを守る、頼もしいサポート役。抜群の捜査力で事件を解決、依頼者たちの信頼を得るが、恋愛経験はまったくなし。■ハン・ギョウル(イ・セヨン)
裏社会で培った巧みな嘘と詐欺のワザを誇る人物。
ある日、兄に起こった衝撃的な事件をきっかけにユン・サン(イ・ジュン)、ヨン・グヒョン(オ・ジョンセ)と一緒に探偵事務所で働くことになる。裏社会で習得したハッキングや詐欺などの技術で高度な情報を収集する。■ヨナ(イ・チョンア)
ベールに包まれたミステリアスな女性。
魅惑的な目つき、セクシーな体つき、赤くしっとりとした唇の間できらめく鋭い歯! 彼女はヴァンパイア。ユン・サンがヴァンパイアになった事件の後から彼の周囲にしばしば現れ始める。
カン・テウ/チョ・ボクレ
ユン・サンと警察大学の同期生。3年前にユン・サンと共に行っていた潜入捜査中に突然失踪チョン・ユジン/キム・ユネ
ユン・サンの初恋の人。警察大学出身の親友ユン・サン、カン・テウと三角関係を形成する人物。パク刑事 / アン・セハ
ヨン・グヒョンの後輩刑事。刺々しいヴァンパイアの私設探偵ヨン・グヒョンを物心両面でサポート

ドクター・ファン/キム・ギム
タトゥーショップを運営。ユン・サンとヨン・グヒョンの助力者。

セラ / FIESTARのJei
タトゥーショップを運営するドクター・ファンのアシスタント

 

スタッフ /演出:キム・ガラム 脚本:ユ・ヨンソン
コメントにて随時感想募集中です。

1話 1.09%
2話 1.32%
3話 1.03%
4話 1.18%
5話 0.72%
6話 1.03%
7話 0.77%
8話 0.73%
9話 0.92%
10話 0.89%
11話 0.63%
12話 0.90%

最低視聴率0.628% 最高視聴率1.318% 平均視聴率0.93%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

正義感溢れるヴァンパイア探偵の活躍がすごい!アクションサスペンス作品!

ヴァンパイアを題材にしてきたドラマは若い世代を中心に根強く人気が高く、韓国ドラマでも例外ではありません。「ヴァンパイア探偵」はある日突然ヴァンパイアになった私立探偵ユンサン(イ・ジュン)が様々な依頼を解決していき、自身に関する過去の秘密を解いていくファンタジーアクションドラマです。難問を次々解決していくユンサン役の「イ・ジュン」は「キャリアを引く女」で純粋な若手弁護士役を演じています。どのドラマでも期待以上の演技力で存在感を残すイ・ジュンがアイドルだったことを忘れさせるくらいドラマに夢中になります。

実は「ヴァンパイア探偵」はロマンチックなラブコメディドラマとして企画されていたようです。ラブコメディを演じるイ・ジュンの姿が観られなかったのが少し残念な気はします。本格的なアクションサスペンスが好きな方やファンタジードラマがお好きな方におすすめします。

本ドラマを放送している韓国のケーブルテレビOCNですが、米国のドラマのようなリアル感あふれるアクションサスペンスドラマを韓国風に演出しており、これまでも「神のクイズ」、「ヴァンパイア検事」、「特殊事件担当班-TEN」などのアクションサスペンスドラマをヒットさせてきました。これまで観られなかった本格アクションサスペンスドラマを成功させてOCNのドラマに今後も期待が寄せられます。

ドラマの放送後からシーズン2のラブコールが続いたようなので、近いうちに「ヴァンパイア探偵」がリターンする可能性が高いのではないでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー