ワーキングママ育児パパ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2017/1/24から)集中再放送 月~金曜日12時から 字幕
●KNTV(2016/11/29から)月~金曜日19:15から字幕
●作品感想追加 2017.8.16

ワーキングママ育児パパ 워킹 맘 육아 대디 全120話
2016年放送 MBC
平均視聴率 % 시청률
 2016y11m20d_112013657
ワーキングママ育児パパ 워킹 맘 육아 대디 公式サイト
あらすじ

 キャリアウーマンと育メン夫 家族の絆を描くハートフルコメディ

仕事&育児に奮闘中のキャリアウーマンのミソ(ホン・ウニ)。8歳の娘を抱え忙しい日々に追われる中、2人目の妊娠が発覚!クビを覚悟で会社に育児休暇を申請しようとするが、妻と娘を溺愛する夫のジェミン(パク・コニョン)がミソの代わりに育児休暇得を取得することを選択。会社生活に比べれば楽なものだと思っていた専業主夫だったが、料理も洗濯もできないジェミンは目の回るような忙しさに戸惑う。

 2016y11m20d_112353734
KNTV ワーキングママ育児パパ  相関図
キャスト

ホン・ウニ イ・ミソ  キャリアウーマン、バングルの母

パク・コニョン キム・ジェミン  ミソの夫で育メンパパ

キル・ヘヨン イ・ヘスン キム・ジェミンの母

シン・ウンジョン ユン・ジョンヒョン パク・ヒョッキの妻 ジェミンの元恋人

コン・ジョンファン パク・ヒョッキ ユン・ジョンヒョンの夫

ハン・ジサン チャ・イルモク  イェウンの夫

オ・ジョンヨン チュ・イェウン  チャ・イルモクの妻

コ・ナヒ パク・ウンソル パク・ヒョッキの娘

コ・スンボ チャ・ミノ チャ・イルモクの息子

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
thanatos29さんの感想より

今の時代を生きている韓国の幼い子持ちの親たちの現実を描いた「ワーキングママ育児パパ」を一日は笑って一日はむっとしながら見たことが、未だに目蓋に浮かびます。

タイトルの通り、直訳すると「母は働いて父は子育てをする」という内容なのです。国家では出産を奨励するが、会社では当然の権利の育児休職を使うためには、上司と同僚の顔色が半端じゃないんです。

契約社員は妊娠したとして再契約ができません。妊娠したとして昇進は水の泡となります。ドラマだから、より激しく表現したこともあると思いますし、自分が経験してみないと理解できないかもしれませんが、韓国での働くママとしての人生は。。。ミソの涙が乾く暇のない日々を見ながら、本当に大変と感じる現実が息苦しくなってきました。

ワーキングママ育児パパのもう一つの楽しみは(楽しみなのか、悲しみなのかは分かりませんが、、)
育児パパたちの現実です。

ジェミンさんが育児休職を取って下の子を育てながら、主婦湿疹ができて、主婦のうつ病になるとして、イルモくさんに相談する姿は気の毒でした。

6ヵ月にもなっていない赤ちゃんを保育園に預けて転じて出たところ、泣いている赤ちゃんの姿にどうしても足取りをつけられない、再び入り、赤ちゃんを連れて出てくる姿では、うちの子供を初めて任せる時が思い出しました。(今は6歳になりました。)

育児休職が終わる時点では復職の準備をしなきゃいけないし、保育園への適応訓練もさせなければならなくて泣く子を離しておいて出勤したことに苦しんでいる育児パパジェミンさんにイルモくさんが歌ってくれる歌には本当に感動しました。
(曲名:祝福します、歌手:野菊 「韓国の伝説的なバンド」)

やっぱりドラマとは状況に合った適切なBGMを選ぶのも大事なことだと思われます。本当に心に触れる歌詞です。

放送時間がとても短くて残念だと感じられるほど、面白さと感動が伝わるドラマでした。この世の中のすべての親の心は一つだという考えをしました。

この世の中のすべての親たち、ファイトしましょう!!

【豆情報】

イ・ムンハン役で特別出演したユ・ジュンサン様。劇中のイ・ミソ(ホン・ウンヒ様)の夫様です。実際にも妻への外助が巧みなことで有名な芸能界のおしどり夫婦です。11歳の年齢差にもかかわらず、とてもよく似合うカップルだと思います。

ユ・ジュンサン様は、以前にあるエンタメ番組でマグロをとることを手伝ってくれるのを見ましたが、躊躇なく海に飛び込む姿を見て、本当に男らしくて素敵な人だと思いました。その後、様々な活動をしながら、熱情、才能、ユーモア、歌、演技、どれ一つ不足していない万能エンターテイナーの姿を見せてくれています。最近は、SBS月火ドラマ[操作]でエリート記者であるイ・ソクミン役で成功的に復帰しました。 正義のためにすべてをなげうったが、信じていた先輩に裏切られて翼が折れていく記者の心境を立体的に表現して注目を集めています。

そして、彼の妻であるホン・ウンヒ様
彼に劣らない魅力が溢れてます。1980年生にしては、とても若く見える女優です。しかも、子が二人もいますが、若さがあふれます。可愛い外貌と快活な性格、そして人に力を伝えてくれる話術でジオ番組でもMCとして活躍しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー