ランジェリー少女時代 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ランジェリー少女時代 란제리 소녀시대 全8話

amijkさんの感想より

第3話%

第3話 あらすじ

ソン・ジンとヘジュが一緒にいるところを見たジョンヒ。ソン・ジンはヘジュと放送祭の話をしていたと取り繕います。

気絶してしまうジョンヒ。川に落ちたのはエスクのせいだと知ったジョンヒの母(キム・ソニョン)は担任のオ先生(イン・ギョジン)に、エスクを退学にしろと詰め寄ります。

ヘジュはジョンヒがソン・ジンに片想いしていると知ります。ジョンヒの家に見舞いに訪れたヘジュは、ソン・ジンとの仲を聞くジョンヒに本当のことを言えず、ソン・ジンとは何の関係もないと言います。

薬局の前を通りかかったヘジュはヨンチュンに「放送祭に来ませんでしたね」と話しかけます。そんなに暇ではないと答えたヨンチュンですが、実は客席にいました。

退院したジョンヒに対して、父親は冷たい態度をとります。ジョンヒはそんな父に口答えをし、夕食の席は大騒ぎに。

エスクを連れてジョンヒの家を訪れたオ先生と教練の先生。ジョンヒの父は土下座して謝れと要求し、エスクが拒むとエスクの家の弱味を持ち出します。膝をついて謝るエスクに、やめてというジョンヒ。ジョンヒは何事も自己中心的な父親に嫌気がさします。

ソン・ジンにヘジュとどんな関係なのか聞くジョンヒ。ソン・ジンはいい後輩だとしか答えません。

ソン・ジンはヘジュを呼び出し、どうしたら好きになってくれるのかと言い募ります。人の気持ちはどうすることもできないとヘジュは答えます。その場面を見ていたジョンヒ。ドンムンはジョンヒを思ってソン・ジンを責めますが、力でソン・ジンに負け、倒されてしまいます。

ドンムンとジョンヒは、それぞれ好きな相手に振り向いてもらえない悲しさに、並んで涙します。

第3話 感想

ジョンヒに本心を言わないソン・ジンは、ちょっとなぁ…。それが優しさだと思ってるのでしょうか?

ジョンヒのお父さんの横暴ぶりがすごかったですが、この時代の父親としては普通なんでしょうか。男女差別もひどくて、ボンスとジョンヒの扱いも全然違いますね。お父さんと、お手伝い(?)の女性の微妙な関係も気になります。お膳をひっくり返したときに火傷してしまった手を気遣って、薬を買ってましたね…。

ヘジュのお父さん、ソウル大の教授がなぜ大邱に引っ越し?と思いましたが、手配中の人をかくまっているなど、ワケありのようです。

いい味出してるなと思ったのが、ヨンチュン役のイ・ジョンヒョン。「紳士の品格」「オレンジ・マーマレード」の高校生役はちょっと無理があるように見えましたが、今回は年相応の役が合っているように思います。

今まではドンムンに見向きもしなかったジョンヒですが、自分のために行動してくれているところを見て、気持ちは変わるのでしょうか。ソン・ジンの気持ちはヘジュを向いていると分かって、あきらめられるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

amijkさんの感想より

第4話%

第4話 あらすじ

翌日、胸を張って登校するジョンヒ。ヘジュに、昨日ソン・ジンがヘジュを訪ねていったところを見たこと、ソン・ジンへの気持ちは整理したことを話します。「ジョンヒとの仲が気まずくなるかと思って言えなかった。私が間違ってた」と言うヘジュ。

エンチョのことでヘジュに行き過ぎた態度をとってしまったことを後悔するヨンチュン。ヘジュの家の前で不審な男性を見かけます。

ジョンヒを学校まで迎えに来て、ご飯を食べに連れていく父。昔、妹が水に落ちて死んだことを話します。

かくまっているギョンスの具合が悪くなり、ヨンチュンに助けを求めるヘジュ。靴下に穴が開いているのを見て、お礼に靴下を持っていきます。

放送部の打ち上げでソン・ジンと再会したジョンヒ。ソン・ジンは「純粋な気持ちを傷つけるかと、本心を話せなかった。これからは先輩後輩として付き合おう」と手を差し出します。

父親から、ヘジュと関わるなと言われたソン・ジン。ヘジュの父親が共産主義者だからと聞き、心配してヘジュの様子を見に行きます。ヘジュは、連絡のないまま数日間家に帰らない父が心配になり、ヨンチュンに調べてくれるよう頼みます。なかなか行方が分からず不安がるヘジュに、「俺がいる」と言うヨンチュン。

ボンスの代わりに、男のふりをして読書室に行くジョンヒ。気づくと隣の席にソン・ジンがいました。ジョンヒに「かわいい」と言うソン・ジン。陰から二人の様子を見て、いてもたってもいられないドンムン。

第4話 感想

独裁的だと思ったジョンヒのお父さん、妹を水の事故で亡くしていたんですね。表現の仕方は乱暴だったりしますが、根は悪い人ではないようです。

優等生のヘジュですが、家庭では難しいことが起こっています。お父さん、思想的なことで目をつけられていなくなってしまった(?)のでしょうか。ヘジュの頼みをきくヨンチュンがちょっと頼もしく見えました。ヨンチュンに比べるとソン・ジンは幼く見えてしまうかもしれませんね。ソン・ジン役のヨ・フェヒョンは「記憶」ではひき逃げをしてしまった青年を演じていました。

ソン・ジンのことはあきらめることにしたジョンヒですが、そう簡単にはいかない様子。何かと会う機会があればしかたないですね。ドンムンも、ボンスの家庭教師としてジョンヒの家に出入りするなど、ジョンヒとの距離が少しずつ近くなっています。最終的にはドンムンに落ち着く展開のような気がしますが、どうなるでしょう。

ドンムン役のソ・ヨンジュは「ソロモンの偽証」でイ・ソウ役。新人かと思ったら「メイクイーン」でイルムンの子役時代を演じていました。ほかに「黄金の虹」「ファッション王」などに出演しています。

【豆情報】撮影場所 陜川映像テーマパーク

 

ランジェリー少女時代 5話・6話 あらすじと感想

 

ランジェリー少女時代 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー