ランジェリー少女時代 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初】DATV (2018/1から) 字幕
●韓国放送2017年9月11日~(月・火)22:00~

 ランジェリー少女時代 란제리 소녀시대 全8話
2017年放送 
平均視聴率 4.2% 시청률 第1話4.3%
 2017y09m14d_000043680
ランジェリー少女時代 란제리 소녀시대 公式サイト
あらすじ

1979年大邱(テグ)。ジョンヒ(ボナ)、オンジュ、チョンジャ、ピルレの女子高生4人組は、大邱(テグ)で一番イケメンだと言われるケソン高のソン・ジン(ヨ・フェヒョン)の顔を見るために、オシャレをして教会の行事に参加する。そこで不良サークルのアカシア派とケンカになり、追われることになってしまうが、ある男子生徒の助けで危機を免れる。笑顔が魅力的なその男子生徒を見た瞬間、ジョンヒは一目惚れする。行事の舞台でギターを弾きながら歌っている男子生徒がソン・ジンであることを知ったジョンヒは、運命の恋だと実感。ソン・ジンへの気持ちが深まっていた頃、ソウルからある女の子が転校してくる。美しい顔に温かい心、さらに勉強まで得意なヘジュ(チェ・ソジン)はすぐに同級生の間で人気者に。ジョンヒもヘジュに憧れていたが、ジョンヒがアナウンサーとして活動している放送部にヘジュも入部し、ヘジュの洗練されたソウルの言葉に注目が集まると、ジョンヒはヘジュに嫉妬してしまう・・・。

 

 DATV ランジェリー少女時代
キャスト

ボナ(宇宙少女):イ・ジョンヒ ソン・ジンに惚れる ウルトラポジティブ

チェ・ソジン:パク・ヘジュ 転校生 ソウルから転校してきた優等生

ドヒ(TINY-G):シム・エスク 不良グループのボス

ソ・ヨンジュ:ペ・ドンムン イ・ジョンヒに嫌われているがイ・ジョンヒに惚れている。一途な純情派

イ・ジョンヒョン(CNBLUE ):チュ・ヨンチュン ゴロツキ

ヨ・フェヒョン:ソン・ジン 人気者で完璧な男

チョ・ビョンギュ:イ・ボンス

クォン・ヘヒョ

キム・ソニョン

イン・ギョジン

キム・ジェファ

パク・ハナ

チョ・ヨンジン

スタッフ /脚本:ユン・ギョンア、演出:ホン・ソック
コメントにて随時感想募集中です。

ボナ(宇宙少女) 보나:イ・ジョンヒ
2017y09m14d_002723113
出典:http://www.kbs.co.kr/
ボナ(本名: キム・ジヨン) 1995年 8月19日 歌手、宇宙少女のサブボーカル兼リードダンサー。
2017 最高の一発 ト・ヘリ役

 

チェ・ソジン 채서진:パク・ヘジュ
2017y09m14d_002824345
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1944年4月30日 姉は女優のキム・オクピン
2016 肯定が体質 WEBドラマ
2006 オーバー・ザ・レインボー 子役

 

以下話数ごとのあらすじと感想

amijkさんの感想より

.

ランジェリー少女時代 1話・2話 あらすじと感想
ランジェリー少女時代 3話・4話 あらすじと感想
ランジェリー少女時代 5話・6話 あらすじと感想
ランジェリー少女時代 7話・8話 あらすじと感想

 

amijkさんの感想より

原作はキム・ヨンヒの同名小説で、1979年の大邱を舞台にしています。

権威主義的な父親、体罰が日常化している教師、反共など、その時代ならではの様子が描かれていますが、単にそれだけに留まらず、登場人物たちの心の動きを繊細に描いているのが魅力のドラマです。

主人公ジョンヒが通う高校の同じクラスにある日、転校生ヘジュがやって来ます。ジョンヒとヘジュが友達になっていく様子や、彼女たちの恋の行方が描かれています。

ジョンヒはヘジュが転校してきたとき、すぐには彼女を受け入れることができません。それには色んな感情が混ざり合っていたからなのですが、多感な時期の女の子の心理がよく描かれていて、共感できました。ジョンヒを演じたボナはアイドルグループの宇宙少女のメンバーです。ボナは実際に大邱出身ということで、方言の演技も楽だったとのことです。

ジョンヒだけでなく、両親や学校の先生など、大人たちの様子も細かく描写されているのですが、とくにジョンヒのお母さんに注目です。ジョンヒに対する愛情や、夫とお手伝いさんの浮気への対応など、とても懐が深いこのお母さん役のキム・ソニョンは、「応答せよ」シリーズの「恋のスケッチ」ではソヌ(コ・ギョンピョ)のお母さん役をしていた女優さんです。
また主要な役ではないのですが高校の教練の先生も印象に残りました。薬局で働くヨンチュンに片思いしていて、用もないのにいつも薬を買いにいってしまう先生…。机の引き出しに薬がいっぱいになっていたのが切なかったです。この教練の先生役のキム・ジェハは「キム課長」では倫理経営室長を演じていました。

ストーリーの中には、高校生の恋と友情に混じって、そのときの社会の暗い面を表すようなエピソードもところどころに盛り込まれています。8回で終わってしまうのはもったいないような良質なドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー