ラブオン・ハイスクール 視聴率 あらすじ キャスト

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2017/4/7から)4/5に第1話先行放送 金曜日深夜26時から2話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2016/2/3から)集中再放送 金曜日17:30から6話連続放送 字幕
●2016.10.26 感想追加

ラブオン・ハイスクール  全20話
2014年放送 KBS
平均視聴率 3.1% 시청률
「ラブオン・ハイスクール」DVD BOX-I
あらすじ

 街をパトロールしていた天使のスルビ(キム・セロン)はある日偶然、高校生ウヒョン(ナム・ウヒョン)が事故に巻き込まれそうになっているのを発見し助ける。ウヒョンに対して、何か不思議な感覚を覚え始めるスルビ。後日、ウヒョンはクラスメイトのジニョンとのトラブルで校舎の屋上から転落してしまう。病院で目を覚ますと、隣に見知らぬ少女の姿が・・・。天使スルビが危機一髪のところでウヒョンの命を救ったのだった。しかし、そのことがきっかけでスルビは天使としての力を失い、人間としての生活を余儀なくされることに・・・。

DATV ラブオン・ハイスクール
キャスト

ナム・ウヒョン シン・ウヒョン 転校生
キム・セロン イ・スルビ 転校生、人間になった天使
イ・ソンヨル ファン・ソンヨル ウヒョンのライバル

チェ・スリン アン・ジヘ ウヒョンの実母、ソンヨルの継母、倫理教師
チョン・ジェスン コン・マルスク ウヒョンの祖母
チョ・ヨヌ ファン・ウジン ソンヨルの父、ジヘの夫、強力係刑事
シン・ヒョンタク カン・ギス 2年3組生徒
キム・ヨンジェ チェ・ジェソク 2年3組生徒
キム・ミニョン ナ・ヨンウン 2年3組生徒
ナ・ヘリョン イ・イェナ 2年3組生徒
キム・スヨン イ・ダユル 2年3組生徒
キム・ミンソク パク・ビョンウク 2年3組生徒
ペク・スンホン ヤン・テホ 2年3組生徒
チョン・ユミン キム・ジュア 2年3組生徒
チャンジェ イ・ソクフン 2年3組生徒
イ・シフ コ・チョンシク 2年3組生徒
ソン・ジホ ソ・ヨハン 2年3組生徒

スタッフ /脚本:イ・ジェヨン、演出:ソン・ジュンへ、イ・ウンミ
コメントにて随時感想募集中です。

1回 3.60%
2回 3.20%
3回 3.10%
4回 3.10%
5回 3.40%
6回 2.50%
7回 3.00%
8回 3.30%
9回 3.60%
10回 2.90%
11回 3.70%
12回 2.90%
13回 3.60%
14回 3.20%
15回 3.50%
16回 2.80%
17回 3.00%
18回 2.50%
19回 2.30%
20回 3.00%

平均視聴率3.1% 最高視聴率3.7% 最低視聴率2.3%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●キュートな学園ロマンスドラマ!ミステリな話の展開が面白い!

少年を助けようとした天使が人間の女子高校生に?ファンタジー要素満載の学園ものロマンスドラマです。「成長ドラマ四捨五入」のような高校生のティーンものロマンスドラマ。半分人間半分天使?で、優しいばかりではない主人公の設定が面白いです。10代の恋愛や学校生活を通じ成長する様子を描いたドラマですが、その純粋さにエンディングまで楽しめるドラマです。

KBSで金曜日の20時55分から開始のドラマ枠で放送されたため、10代や20代を中心に人気を集めました。人間になったイ・スルビはまた天使として戻るために、助けたシン・ウヒョンのそばにいましたが、戻れるチャンスが来た時に自分の気持ちに正直になりたいと思います。果たして最終話では彼女は天使になることを決めたのでしょうか。それともウヒョンのそばに残ることはできるのでしょうか。最後が気なるドラマです。日常の高校生の生活やこの時期一番気になるk「恋」に関する悩みを分かりやすく表現したドラマだと思います。面白いところは、ティーン向けのドラマではありますが、ストーリの展開がはやく、ミステリな要素もあるためひきつけられる魅力があります。

「キム・セロム」は2000年生まれの16歳ですが、「華麗なる誘惑」では10代の頃のウンス役を演じて注目されました。2013年の「女王の教室」にも出演し、演技力が評価され今後が期待される女優です。相手を演じたウヒョンはアイドルグループのメンバーです。演技力が評価された作品です。

wendy22さん

キム・セロンの魅力

セロンちゃんは、顔は韓国人らしく素朴ですが、スタイルが最高によく足が長く綺麗です。様々なアイドルのMVにも登場していて、アイドルとの交流も見られて若い子達には認識のある若手女優だと思います。早く日本人と共演するところを期待しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー