ラスト・チャンス!(韓国ドラマ) 5話・6話・7話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラスト・チャンス!〜愛と勝利のアッセンブリー〜 어셈블리 全話20話

第5話 あらすじ

第5話「チーム・サンピル」

補正予算案に反対するサンピルに対し国民党は懲戒処分を検討する。意地になって信念を貫こうとするサンピルに、インギョンは常任委員会を移るよう提案する。党から爪はじきにされたら業績など残せないと説得するのだが…。サンピルに腹を立てたドヒョンは1年間の党員資格停止という重い処分を与えようと倫理委員会に働きかける。一方、溶接工時代の元同僚エリがサンピルの行政秘書として働くことになる。

http://kandera.jp/sp/lastchance/

第5話 感想

amijkさんの感想より

補正予算案の質疑でドヒョンの指示に反して反対を表明した上、余計な発言(でも正論)をしたことで窮地に立たされたサンピル。ドヒョンは彼を1年間の党員資格停止処分にしようとしていましたが、もともと1年後の任期切れのあと自分がキョンジェ市から選挙に出るつもりだからちょうどいいと言えばちょうどいいんですよね。このドヒョン役のチャン・ヒョンソンは「スリーデイズ」での悲劇的なキャラクターがすごく印象的でした。真面目であるが故に損したり罠にはめられたりする役柄が多いのですが今回はどうなるのでしょうか。

サンピルは委員会を移ることで何とかセーフ。オ課長も行政秘書としてメンバーに加わってくれたので心強いですね。インギョンはドヒョンとサンピルの間で板挟みになって大変。ホン議員と火花が散っていましたがもともとライバル関係か何かなのでしょうか。

毎回登場するドヒョンとチュンソプの密談のシーンは重要な話をしているのですが毎回眠くなります。国会議事堂の柱の数が24で24節気を表し、電灯の数が365個で毎日国民のために働くという理念を持っているというのはなるほど~と思いました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話 あらすじ

第6話「純粋さと冷静さ」

派閥の重要さを思い知ったサンピルは、ドヒョンに土下座し、許しを請う。何も知らないインギョンは、ドヒョンに手紙を書くようサンピルを説得する。一方、大統領に指示されたドヒョンは、サンピルを使って、反青派を牽制することに。ドヒョン直系の議員の集まりに参加したサンピルは役員の座を与えられ、代わりにある依頼を受ける。インギョンは、くれぐれも派閥の奴隷にはなるなとサンピルを戒めるが…。

amijkさんの感想より

第6話 感想

今の自分の立場では何もできないと、ドヒョンに土下座したサンピル。自尊心に重きを置く韓国人にとって、膝をつくという行為は日本人が考えるよりはるかに屈辱的なことなんですよね。その結果、派閥の集まりにも呼んでもらい雇用対策委員長にもしてもらいましたが、対価として公認制度の見直しを提言する役回りになってしまいました。やり過ぎなくらい順応してしまったサンピルを見て、なぜここまで?と思いましたが来年の総選挙での公認を狙ってのことでした。政治家を目指すインギョンの将来を考えてわざと独断で行動したりしていたので、もしかしてサンピルの代わりにインギョンがキョンジェ市から出られるように考えているのかなと思いましたが、長く議員をやるつもりなんですね。自分には無理だからインギョンに議員になってもらって雇用関係の法律を通してもらおうと思ってるのかと勘違いしてしまいました。

公認から外すリストに載ってしまった上、ギュファンによる復讐も始まりました。ピンチは続きます

第7話 あらすじ

第7話「インギョンの決意」

次期総選挙での公認候補から除外される議員のリストに自分の名前が載っていることにショックを受けるサンピル。インギョンはドヒョンが作成し故意に流出させた文書であると確信する。国会議事堂の見学に訪れた少年義勇軍のキムの家の前に橋を作るためキョンジェ市長に相談するサンピルだが、予算がないと聞かされ激怒する。ソンギとギュファンを呼び自力で橋を作る姿を見たインギョンはある決意をする。

amijkさんの感想より

第7話 感想

公認から外す候補議員リストがペク・ドヒョン事務総長(チャン・ヒョンソン)によるものだと発覚して大騒ぎになりましたが、誰が流出させたのかよくわかりませんでした…。でもドヒョンもやられっぱなしになっていなくてこの機会に自分の出生地がキョンジェ市だとアピール。事務総長って日本の自民党での幹事長みたいな位置づけなのでしょうか?ドヒョンですら次の選挙で議席の心配をしなければならないほど韓国で国会議員を続けるのは大変なんでしょうか。

7話で面白かったのは少年義勇軍の国会見学と橋作りでした。「朝鮮戦争時」に少年だったおじいさんたちに子どもが来たと思って風船を配っていたシーンがウケました。家の前の橋が壊れていて雨の日に老人会に行けないおじいさんのためにサンピルが自力で橋を直そうとしたのもすごかったけど、それを見て機転をきかせてキョンジェ市長を動かしたインギョンもさすがです。

インギョンはすごく頭が切れてクールなイメージですが、部屋を見るとインテリアや飾ってあるものがかわいいです。離婚歴があることまではわかっていますが彼女の人となりがもっと知りたいです。キョンジェ市の市長役の俳優さんは本当~によく脇役で出てくる俳優さんなんですが何ていう方なんでしょう。医者役が多くて、あとは弁護士とか判事とかで見かけます。

ラスト・チャンス!(韓国ドラマ) 8話・9話・10話 あらすじと感想

ラスト・チャンス!〜愛と勝利のアッセンブリー〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図  話数ごとの一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー