ラスト・チャンス!(韓国ドラマ) 11話・12話・13話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラスト・チャンス!〜愛と勝利のアッセンブリー〜 어셈블리 全話20話

第11話 あらすじ

第11話「異議あり!」

シラ切り派をつくると宣言したサンピル。はやる気持ちを抑えきれないサンピルだが、インギョンは反青派と親青派が手を組んだ時こそチャンスだと諭す。国民党の議員総会では、不動産流通市場活性化の対策として、大統領が推す大胆な規制緩和策に賛成する者と慎重論を唱える者に割れていた。ところが大統領の要請により一転、党全員の賛成で規制緩和のための法案を発議することに。サンピルは異議を唱えるが…。

http://kandera.jp/sp/lastchance/

第11話 感想

amijkさんの感想より

ホン議員との1対1でのテレビ討論が11話の見どころでした。専門知識や法案の理解ではホン議員に及ばず劣勢だったサンピルですが、ギュファンを例にした話や自身の経験談を話したところから一気に形勢が逆転。説得力のある話で勝ってしまいました。ギュファンの給料は100万ウォンだったのね…。4割が家賃に消えたら確かに苦しい。

サンピルの後援会が発足。議員としての足場が少しずつ固まりつつあります。一方でドヒョンは本気でサンピルを潰すことを決めたようなので、今後も茨の道は続くと思われます。
ギュファンはサンピルに対してどういう態度で接していけばいいのかわからず苦悩。ダルスの納骨堂でサンピルに会ってしまいましたが、ダルスの息子であることがわかったら二人の関係はどうなるのでしょう。サンピルは喜ぶような気がしますが…。ギュファンが作ろうとしている法案の中身も気になるところです。労働者関連の法案でしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 あらすじ

第12話「25時間の戦い」

ギュファンの正体を知ったサンピルは動揺を隠せない。そんな時、大統領は新しい国務総理の候補としてチョルスンを指名し、国会は任命同意案を決議することに。サンピルは数々の不正疑惑を持つチョルスンを任命させまいと息巻くが、決定的な理由がなく、野党も反対を貫けそうにない状態だった。議員室の皆が気落ちする中、インギョンが名案を思いつく。それは合法的な議事妨害、フィリバスターだった…。

http://kandera.jp/sp/lastchance/

第12話 感想

amijkさんの感想より

大統領が推す国務総理候補は不正だらけの人物。「その時代はみんなやっていたことだし生活のためにしたこと」という言い訳もサンピルには許せないものでした。任命を防ぐためにフィリバスター(無制限討論)の手法を使うことに韓国国民党も同意していたのに直前で寝返りました。サンピルは25時間、一人で行うことに。途中、倒れそうになりましたが見守るギュファンを見て気力を振り絞りました。ギュファンの顔がダルスに重なったのでしょうね。サンピルの懸命の訴えに最後は他の議員も感じるものがあった様子でした。とくにチョン議員(キル・ヘヨン)は感激していましたね。

ギュファンはサンピルへの復讐をやめることにしたようですが、ドヒョン側ではギュファンがダルスの息子であることを嗅ぎつけてサンピル潰しに利用する模様です。不正をでっちあげようとギュファンが作って削除したファイルを復元でもされてしまうのか心配です。

【豆情報】※サンピルがフィリバスターのときに歌った歌は「韓国を輝かせた100名の偉人たち」(한국을 빛낸 100명의 위인들)です。

第13話 あらすじ

第13話「国民の問題児」

サンピルは人気議員になったものの、歳費を政治資金に回して何とかやりくりをしていた。困り果てたインギョンは補佐陣に寄付金集めを促す。その頃、ドヒョン側は、サンピルを潰すためにダルスの息子ギュファンを利用しようと動き出していた。一方、ソンギとオ秘書もギュファンの素性に気づき、彼を議員室から追い出すようサンピルを説得する。そんな時、政界の伏魔殿と呼ばれたバベルタワーが破産して…。

http://kandera.jp/sp/lastchance/

第13話 感想

amijkさんの感想より

サンピルのダルス、ギュファンへの思いに胸が打たれました。ギュファンが自分に復讐するようなことがあっても甘んじて受けると…。ギュファンの元に送られてきた造船会社での会議録には、ダルスには次の仕事を斡旋しなくていいというサンピルの発言がありましたが、ダルスと一緒に国会で働くつもりだったのですね。ギュファンは結果的には議員室を去りましたが、これまで相当辛かったはず。目の前に親の仇がいて、自分の目で見たその人は尊敬するに足る人物だったのですから。

バベルタワーの破産にからんでサンピルが妻のために銀行頭取に会いに行き、議員バッジを振りかざしたときにはサンピルよ、お前もかと一瞬失望しました。議員になったからと頼ってくる別居中の妻も妻です。やっぱり韓国では権力を持ったらまず家族の便宜から図らないと非難されるのね…。それでも悩んだ末、サンピルが被害者全体のことを救う道を選んでくれてひと安心しました。

ラスト・チャンス!(韓国ドラマ) 14話・15話・16話 あらすじと感想

ラスト・チャンス!〜愛と勝利のアッセンブリー〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図  話数ごとの一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー