ミッシングナイン 8話 あらすじと感想 ホ・ジェホ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミッシングナイン 미씽나인  全16話

第8話視聴率 4.4%

quetalsurinoさん

第8話 あらすじ

テホ(チェ・テジュン)は記者会見で、無人島での事件の犯人がソ・ジュンオ(チョン・ギョンホ)であると発表したことで、ボンヒ(ペク・ジニ)は驚きを隠せません。

3ヶ月前の無人島では、テホは逃げられないよう縛られジュンオは、キム記者の意識が戻るのを待ち続けます。ジュンオはテホの処分に関しては意識の戻ったキム記者から話を聞いた後、決めることにします。意識の戻ったキム記者は、シン・ジェヒョンの死は自殺ではなく、ソヒの死とも関連があると語り、その証拠があることを伝えます。キム記者が一人で過ごしていた場所に確かめに来たジュンオは、証拠となる写真を発見しますが、彼の後をつけてきたテホと争いになり、テホが崖から落ちることになります。

現在では、テホはユン・テヨン(ヤン・ドングン)を避け、4人目の生存者としてレジェンドエンターテイメント秘書のハン・ホハン(ハン・ハンホ)が発見されます。テホとボンヒの証言がわかれる中、ホハンの証言が重要になりますが、ホハンはすべてジュンオが犯人で、ボンヒは共犯者であるとの偽りの証言をします。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話 感想

スッキリしない展開が続きました。過去、ジェヒョンの死にテホが関係していたようでした。その証拠写真を探しに来たジョンオを追ってやってきたテホが、ジュンオを殺害しようとすることから、やはり過去の殺人事件にもテホがかかわっていたことが分かります。崖の下が海であることを確認したテホは自ら落ちることを選択し、結果的には島から脱出することができたようです。

キム記者が発見した無線機を修理したことで、8話の最後に無人島に向かう一隻の船が登場します。船の中でまた新たな事件が発生するシーンを少し描かれましたが、ファン・ジェグクとキム記者が映っていなかったことが気になりました。テホの罪を証明する人物は生き残っていないのでしょうか。

テホに脅され再び嘘をつくことになったハンホに対して怒りのようなものを感じました。ハンホの嘘の証言により、殺人犯となったジュンホですが、彼は果たして生きているのでしょうか。共犯者となったボンヒがこの困難をどのように乗り越えるかに注目です。ソヒの兄、テヨン検事がボンヒの言葉を信じて捜査を進めてもらいたいと、思いました。無人島での真実は明らかになるのでしょうか。

ホ・ジェホ 허재호
キム・ギファン役 記者 新たな生存者
2017y02m10d_220211075
出典:http://www.koreadaily.com/
生年月日1979年
2016 OCNドラマ「38師機動隊 」チャン・ハクジュ役
2015 tvNドラマ「身分を隠せ 」
2015 MBCドラマネット「私の残念な彼氏」チェ・キナム役

 

ミッシングナイン 9話 あらすじと感想 イ・ソンビン

 

ミッシングナイン 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー