ミッシングナイン 7話 あらすじと感想 ヤン・ドングン キム・ボムレ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミッシングナイン 미씽나인  全16話

第7話視聴率 3.8%

quetalsurinoさん

第7話 あらすじ

テホ(チェ・テジュン)が韓国に戻り、その姿を見たボンヒ(ペク・ジニ)は動揺し不安になります。調査委員会長のチョ・ギョンヒ(ソン・オクスク)はボンヒの証言に基づき、テホがソヒ殺害の犯人であるとの記者会見を準備させます。不安になったテホはギョンヒに協力を求めます。

3ヶ月前の無人島では、新たな生存者のキム・ギファン記者を発見します。ソヒが亡くなったと知ったキム記者は、生存者たちの間に流れる妙な空気を察知します。彼の出現でソヒの自殺に対する疑問が浮上し始めます。

キム記者はテホに意味深げな発言をし、テホは不安になります。生存者たちが食料探しに出かけた際、キム記者は秘書のハンホと共に残ることになります。途中姿を消したテホを不信に思ったジュンオが戻ると、キム記者の首を絞め殺害しようとするテホの姿を発見します。キム記者は意識を無くし、彼を殺害しようとしたことを否定したテホを見て、ハンホは勇気を出してソヒの殺害に関する事実を語ります。

現在、ボンヒが行う予定だった記者会見をテホが行うことになります。調査委員会長のチョ・ギョンヒの協力のもと、テホは無人島で皆を殺害しようとしたのが、ソ・ジュンオと発表します。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第7話 感想

これまでの韓国ドラマではあまり描かれることなかったジャンルで、話の展開が新鮮で面白いと思いました。過去と現在の描かれ方から、飽きることなくストーリを追うことができます。

レジェントエンターテイメント特別機転落事件の調査はすべて特別調査が中心となり動いているようですが、テホが韓国に戻った際には別の組織の保護を受けていたようです。特別調査委員会を管理する別の組織とテホと関係があるのでしょうか。3話で、ユン・テヨン検事が妹の遺体の確認をために訪れた中国の病院で、副代表と一緒にいた人物はテホでした。テホが意図的に帰国の時期を遅らせたとすれば、その理由はボンヒの帰国と関係があるのでしょうか。

キム記者が現れたことで、もしかすると明らかになっていないテホの犯罪が存在する可能性があると思いました。キム記者の意識はもどるのでしょうか。彼が知っているテホの秘密が何かが気になりました。キム記者の登場でこれまで以上に緊張感が溢れる話が展開されました。

ハンホの告白でソヒの死の真相を知った生存者たちの次の行動が気になります。7話の最後、テホは記者会見ですべての犯人はジュンオだったと告白をしますが、状況からして嘘を言っているような気がします。ただ、生存者に何か衝撃的な出来事があったことを示唆しているようなので、今後の展開がすごく楽しみなりました。

テホの嘘を知るボンヒと検事テヨンは今後どのような対応をしていくのでしょうか。

 

ヤン・ドングン 양 동근
ユン・テヨン役 男 31才 大韓民国検査。
2017y02m10d_213548838
出典:http://www.imbc.com
生年月日1979年6月1日、韓国の俳優・タレント。 身長175cm。体重68kg。血液型B型。9歳から子役として活躍後、混声ダンスグループ<Will>のメンバーに。その後は主にタレント、俳優の道に進み、HIP-HOP歌手としても活動
三銃士(2014/tvN)ホ・スンポ 三銃士のひとり、ソヒョン世子の護衛武士
Hero(2012/OCN) キム・フクチョル ムヨン市長の次男

 

キム・ボムレ 김법래
チャン・ドパル役 ジェンドエンターテイメント副代表
2017y02m10d_215011942
出典:http://www.topstarnews.net/
生年月日1970年7月24日 ミュージカル俳優
「 三銃士 」(tvN、2014年) -ユン・ジョングク役
「 獄中化 」(MBC、2016年) – 朝鮮中宗役
1996年第2回韓国ミュージカル大賞男優新人賞
2008年第14回韓国ミュージカル大賞主演男優賞
2008年第2回大邱国際ミュージカルフェスティバル最高のスター賞

ミッシングナイン 8話 あらすじと感想 ホ・ジェホ

ミッシングナイン 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー