ミッシングナイン 10話 あらすじと感想 ソン・オクスク ミン・ソンウク

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミッシングナイン 미씽나인  全16話

第10話視聴率 4.3%

quetalsurinoさん

第10話 あらすじ

ボンヒ(ペク・ジニ)はギジュンのジョンオとの最後を思い出し、気を失います。テヨン(ユ・ドンゴン)とボンヒ(ペク・ジニ)の後を追うように、レジェンドエンターテイメントの新社長のチャン・ドパル(キム・ボムレ)とテホも新たに見つかった生存者を探しに中国にきます。ソヒの殺害の証拠があるとの情報を受けたテヨンは病院を離れ、待ち合わせ場所に向かいますが、誰かが仕掛けた罠でした。同じ頃、ジアとギジュンがいる病院の院長を買収したチャン・ドパルは、部下たちを送り込みます。ジア(イ・ソンビン)とギジュン(オ・ジョンセ)は逃げ回った結果、ジアはが治らないギジュンを隠し病院から逃げようとしますが、見つかりさらわれます。

ボンヒの力になると話していたギジュンは、ジアの命を狙うとのチャン・ドパルに脅され嘘の証言をするよう強いられます。ボンヒはジアとギジュンが中国の病院から姿を消したことを心配しますが、ソウルに戻った二人は嘘の証言をし、特別調査委員会はジュンオが犯人との結論を出し、調査を打ち切り解散します。ギジュンの裏切りを知りボンヒは絶望と怒りを同時に感じます。ボンヒは無人島でのことを振り返り、何があってもジュンオを信じ側で支えると話したことを思い出します。

ユン・テヨンは上層部からの圧力で、地方に飛ばされますが、諦めることなくジアの殺害を含む無人島での真相を明らかにすることを誓います。一人では何もできることがないと絶望していたボンヒに一本の電話がかかってきます。電話の相手がジュンオだと確信したボンヒは、迷うことなくジュンオのもとに向かいます。

ジュンオはボンヒを抱きしめ、一緒にソウルに帰ることになります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話 感想

テオとドパルの思わく通りにジュンオがジアの殺害事件の犯人となり、特別機墜落事件の調査が終わりました。生存者が一人二人と姿を現す中、最後に生きていることが分かったジュンオですが、果たして無事ソウルに戻ることはできるのでしょうか。戻った彼にできることはあるのでしょうか。

無人島では誰よりも活躍ぶりを見せていたボンヒが生還して以来、無力な姿を見せました。ドパルや調査委員会の圧倒的な力に押しつぶされる姿が残念でした。無人島でのジアの様子を聞いたテヨン検事が今後活躍してくれると予想はしますが、正直予想していた展開とは違い、10話は少し残念な気持ちが残る展開だったと思います。無人島からの脱出から10話の話の展開まで何か物足りない?話が上手につながらない感じがしました。ボンヒとジュンオが再会する最後のシーンは、おかしくて笑ってしまいました。9話で描かれた緊張感とは違い、10話では少し雑な展開が気になりましたが、今後ジュンオがどのように無罪を晴らしていくかに期待を寄せたいと思います。

マネージャーのギジュンは元医師だったようです。彼が医師を辞めレジェンドエンターテインメントで働いている理由が知りたくなりました。ジアにとってあしながおじさんのような存在ですが、二人の関係はいつから始まったのでしょうか。ジアに対する特別な気持ちを持つギジュンの話が詳しく描かれることを期待します。登場するそれぞれのキャラクターの事情をすべて把握しているドパルは何者なのでしょうか。過去のテオが犯した事件とも深く関係があるようで、墜落事故とも何か深い関係があるような気がします。

いつもと変わらず明るく振舞うジュンオですが、何かを決心したような表情に今後どのような展開を迎えるか楽しみです。リアルなアクションシーンを披露したテジュン(ヤン・ドングン)の今後の活躍も期待します。

 

ソン・オクスク 송옥숙  調査委員会長のチョ・ギョンヒ役
2017y02m17d_113159414
 出典:http://www.imbc.com/broad/
生年月日1960年8月14日 韓国中央大学演劇映画科卒。1980年MBC公採タレント12期でデビュー。日本では『冬のソナタ』のカン・ミヒ役で有名
 冬のソナタ(2002)カン・ミヒ ミニョンの母、ピアニスト
屋根部屋のプリンス(2012)コン・マノク ホン・セナの母、パク・ハの継母、魚屋
パンチ~余命6ヶ月の奇跡(2014)チュ・オンネ ジョンファンの母、クリーニング屋
2011年 SBS演技大賞ドラマスペシャル女性特別演技賞

 

ミン・ソンウク 민성욱 オ調査官役
2017y02m17d_114001517
出典:http://www.imbc.com/broad/
生年月日:1979年9月22日身 長:178cm
君を憶えてる(2015) ソン・ミョンウ 特殊犯罪捜査チーム捜査官
ピノキオ(2014) チャン・ヒョンギュ YGN報道局社会部記者
キャリアを引く女(2016) チェ検事 ヘジュの元不倫相手

ミッシングナイン 11話・12話 あらすじと感想

ミッシングナイン 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー