ミス・マンマミーア 5話・6話 あらすじと感想  チャン・ヨンナム キム・ハウン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マンマミーア MISS 맘마미아 全12話

第5話あらすじ

シェアハウスに引っ越してきた5人とウジンたちの生活が始まる。ヨンジュは仕事に追われる毎日でハルと過ごす時間が次第に少なくなっていく。偶然ボンスクとミリョンの話を聞いてしまったハルは自分の父親がミョンハンだと思い込む。ギチャンはミョンハンとヨンジュが交際していたことを知るが2人の交際時期とソジンと同せいしていた時期について疑問を持つ。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

第5話感想

 

amijkさんの感想より

シェアハウスでの生活がスタートしました。近所にジュリまで住んでいるなんて出来すぎですね~。韓国のゴミ収集というと生ゴミは直接大きいボックスに投入して捨てるイメージでしたが、日本と同じような感じで出すようになったのかな?

ボンスクとミリョンがハルの父親について話すのをハルが聞いてしまいました。子供って小さくても大人が思うよりはるかにちゃんと話を理解するし記憶力もいいから、あなどってはいけませんよね。ハル役のキム・ハユちゃんは本田望結ちゃんが家政婦のミタに出ていた頃に似ていてかわいいです。ハルはもしかしたらヨンジュが産んだ子じゃないのかなという気もします。ソジンとミョンハンに会っていた時期が重なるのは何かヨンジュが人助けでもしていたのではないでしょうか?

派遣会社のアン社長はミリョンに気がある様子。ドラマだとこういう社長は横暴だったりするけれど、このアン社長はヨンジュたちの面倒を良くみて仲良くやっています。優しそうだしミリョンとお似合いでいいパパになってくれそうです。

 

 チャン・ヨンナム 장영남 イ・ミリョン役
2017y01m02d_233943757
 出典:http://www.acm-c.jp/mammamia/
 生年月日1973年11月25日
2015 MBCドラマ「女王の花」チェ・ヘジン役
2015 Mnetドラマ「七転び八起きク・ヘラ」ガンスン役
2015 MBCドラマ「華やかな誘惑(華麗な誘惑)」カン・イルラン役
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話あらすじ

ミョンハンが父親だと思っているハル。抱きついて”パパ”と呼んでいるのを見てしまったボンスクはミリョンに報告するが、ヨンジュには絶対に言うなと口止めされる。その一部始終を見ていたウジンはヨンジュとソジンの関係にますます疑問を持つ。更には仲むつまじい2人の写真を見てしまったウジン。調査結果によればヨンジュが妊娠してからソジンと出会ったことになる。 一体、この3人がどういう関係だったのか頭を悩ませるが…。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

 

第6話感想

amijkさんの感想より

ウジンはハルがソジンの娘ではないかもしれないと知ってかなりショックを受けてました。ソジン亡き今となってはハルが唯一の肉親だと思っていたからでしょうか。でも飲めないお酒をわざわざ飲んで酔いつぶれるほどのことかな…。彼にとってソジンはいつまでも昔別れたときの小さな弟のイメージのままなのかもしれません。

一方、ハルが父親について知りたがっていたことを知ってヨンジュは心を痛めていました。ハルに「パパは天国で見守ってくれていて、今までママはハルが悲しむと思って言えなかった」と打ち明けるところはジーンときました。ヨンジュ役のカン・ビョルは「おバカちゃん注意報」のジンジュ役のイメージが強いです。ジンジュも幼い妹の面倒を見たり、結婚前に妊娠してシングルマザーになることを一時覚悟したりという役だったので、このドラマでのヨンジュ役にも重なります。そのせいか実年齢よりもだいぶ上に見えてしまいます。
ミリョンはアン社長を断固拒否してましたね。ミリョン役のチャン・ヨンナムは「太陽を抱いた月」で序盤にキーパーソンになる巫女として特別出演していたのがとても印象的でした。ミリョンのようなお母さん役も親しみやすくていいですね。

 

キム・ハウン 김하은  カン・ボンスク役
2017y01m02d_234655724
出典:http://www.acm-c.jp/mammamia/
生年月日1984年1月3日 身長 165cm
2010 KBS2ドラマ「推奴 チュノ」ソルファ役
2012 MBCドラマ「武神」チュンシム役
2013 SBSドラマ「チャン・オクチョン」インギョン王后役

 

ミス・マンマミーア 7話・8話・9話 あらすじと感想 イ・ウォンジェ

ミス・マンマミーア 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー