ミス・マンマミーア 3話・4話 あらすじと感想 ソ・ドヨン ハン・ゴウン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マンマミーア MISS 맘마미아 全12話

第3話あらすじ

ヨンジュとハルのために家を贈ろうと考えたウジン。ギチャンが物件を探してくるがどうしても気に入らない。仕事先でジンリゾートの宿泊券をもらったヨンジュは、仕事を休んでミリョンたちと遊びに行く。一方、ジュリとミョンハンはトラブルが起こり新たな結婚式場を探していた。ミョンハンは式場の契約をするためにジンリゾートに行くが、そこでヨンジュたちと鉢合わせしてしまう。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

第3話感想

amijkさんの感想より

ウジンはハルたちをリゾートに招待。最初は仕事を休めないと言っていたヨンジュとミリョンですが、子供に思い出を作ってあげたくて結局出かけました。子供に楽しい経験をさせてやりたいという親心なんでしょうね。
リゾートでミョンハンとヨンジュがまたしても再会しましたが無理やりすぎ!やっぱりミョンハンがハルの父親なんでしょうか。ヨンジュがプリティーライフ社の内定を断ったのも、彼と顔を合わせたくないという理由からでした。実はソジンがすごく良い人で、ヨンジュとハルを助けていただけとか?
ヨンジュとミリョン、ボンスクは一緒に住んでいるのかと思っていたら別々でした。
ウジンは華々しい経歴を持っているみたいですが、どうしてもそんなに有能そうに見えません…。昔、弟ソジンに約束した大きな家を建てるというのが夢なんですね。

もう3話なのに、なんだか前置きが長すぎるような気が…。次回はシェアハウスの話が出てくるようなので、テンポよく話が進んだらいいな~と思います。

ソ・ドヨン 서도영 ユ・ミョンハン役
 2017y01m02d_231612604
出典:http://www.acm-c.jp/mammamia/
生年月日1981年4月14日 身長187cm。血液型A型。
主な出演
「あなただけ」(KBS 2011年〜2012年)ハン・ソジュン役
「いばらの鳥」(2011年)チェ・ガンウ役
「夜叉-ヤチャ-」(2010年)イ・ベッキョル役
春のワルツ(KBS 2006年3〜5月)ユン・ジェハ役、主演
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第4話あらすじ

ハルたちをジンリゾートへ招待することに成功したウジンたちは、どうやって家を贈るかに頭を悩ませていた。ボンスクが住まいに困っているという話を盗み聞きしたギチャンは、ウジンにシェアハウスで一緒に暮らしてはどうかと提案し、さっそく入居者募集の架空のポスターを作り始める。一方、仕事の用事でジンリゾートを訪れたジュリはケビンという男性と再会するのだが…。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

第4話感想

amijkさんの感想より

ウジンはケビンという英語名があるらしく、ジュリとはアメリカで親しい仲でした。婚約指輪を持って訪ねていったら他の男が部屋に…。ジュリはジュリで結婚歴があり子供もいたようです。ジュリ役のハン・ゴウンはすごく綺麗で、できる女という感じです。韓国放送時には彼女の着ている衣装がとても素敵だということでも話題になっていました。

ヨンジュはプリティーライフに入社しましたがシングルマザーということは表向き伏せることに…。男性社員に気をもたせておいてあとでバレたら困るのになぁ。

一方、ミョンハンは何か事情があってヨンジュの前から姿を消した様子。ただの悪い男ではやっぱりなさそうな雰囲気です。このあたりも小出しに明らかになってきています。ボンスクが住む家がなく困っていることを知り、ウジンは彼女たちをシェアハウスに入居させることに成功しました。しかも自分も一緒にシェアハウスの住人に。そんなことをしなくても堂々と名乗って援助するとかできないのかな?なんだか不思議な思考回路です。

 

ハン・ゴウン 한고은  オ・ジュリ役
 2017y01m02d_232257340
 出典:http://www.acm-c.jp/mammamia/
生年月日:1975年3月10日 身長、体重:172Cm、53Kg
主な出演
春の日 (2005/SBS)キム・ミンジョン ウノの幼なじみ、ウノに好意
京城スキャンダル(2007) チャ・ソンジュ(ヨノン) 妓生、スヒョンを愛する
火の女神ジョンイ(2013)仁嬪(インビン)キム氏、宣祖の側室

 

ミス・マンマミーア 5話・6話 あらすじと感想  チャン・ヨンナム キム・ハウン

ミス・マンマミーア 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー