ミス・マンマミーア 10話・11話・12話(最終話) あらすじと感想 キル・ヘヨン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マンマミーア MISS 맘마미아 全12話

 

第10話あらすじ

ハルが自分の子だと信じているミョンハン。行動がエスカレートするミョンハンにヨンジュははっきりと父親ではないと言う。それを聞いたウジンはギチャンにDNA鑑定を勧められ、とうとう決断に踏み切る。義理の妹ヨンジュへの思いを断ち切るためウジンはシェアハウスから出ていくことにする。そしてヨンジュにジュリとよりを戻すことにしたと告げるのだが…。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

 

第10話感想

amijkさんの感想より

ジュリの謝罪もあってヨンジュは会社に復帰。シングルマザーであることも打ち明けてチームの人たちにも受け入れられました。同じチームの人でヨンジュに思いを寄せている男性二人がイケメン。気になります~。

ウジンとミョンハンの二人がそれぞれハルのDNA鑑定を実施、父親はソジンであることがわかりミョンハンは大荒れ。その上ヨンジュはハルの生みの親ではないことが明らかになりました。「いばらの鳥」みたいな話ですね。ヨンジュはソジンの相手ではなかったのだから、ウジンとヨンジュに障壁は一つなくなったわけですが、もうジュリとやり直しているしどうするウジン?こうなるとますますウジンがソジンの兄で、ハル目当てでヨンジュたちをシェアハウスに引き寄せたことも明かしづらくなりました。
一方、ボンスクにも子供がいるようでかなり大きい子でした。ギチャンとの関係がどうなるかも気になりますが、子供のことも気になります。
気になるといえばシム室長のヘアスタイルです。すごいグルグル具合ですが、かつらなんでしょうか?

 

【豆情報】※シム室長役のパク・スヨンは1970年生まれ、演劇俳優として活躍するほかドラマ「明日が来れば」(2011~2012)「今週妻が浮気します」(2016)、映画「義兄弟」(2010)「ワンドゥギ」(2011)「徳恵翁主」(2016)などに出演しています。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11話あらすじ

ミリョンから衝撃の事実を知らされたミョンハン。その場に居合わせていたギチャンやウジンも動揺を隠せない。ついにウジンは自分がハルの伯父でありジンソフトの会長であることをヨンジュたちに話そうと決心する。ヨンジュが母親でないことを知ったボンスクは我が身を振り返り、死別した夫との間に出来た子供に会いに行くのだが。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

 

第11話感想

amijkさんの感想より

ミョンハンはヨンジュが他人の子を育てたと知り、自分を責めてヨンジュに謝ります。ヨンジュもミョンハンの気持ちを知りながら、留学したら彼が戻ってこないのではという気持ちがあったのですね。やり直したいという申し出には、あまりにも遠くに来てしまったと断りました。ミョンハンも悪い人ではないんですよね。二人がお互いに謝るこのシーンはぐっとくるものがありました。

ソジンの墓参りでヨンジュと会ったウジンはついに自分の素性を明かしました。その様子を陰から見ていたハルの実母。なぜ今さらハルを引き取りたくなったのか…。
実母に寂しいからハルを育てたのではないかと言われたヨンジュはその通りだと言いながらうなだれていました。寂しくて何が悪い!頑張れヨンジュ!
でも実の親を無視することはできないし、何がハルのためになるのか難しいところですよね。このハルの実母、どこかで見たと思ったら「バリでの出来事」でハ・ジウォンの友達役を演じていたシニ(신이)でした。

ボンスクも娘を引き取りたい様子。残り1話で彼女たちの問題はどう解決していくのでしょうか。

第12話あらすじ

ウジンは弟に恨まれていたことを知ってショックを受ける。ミョンヒにハルを引き取りたいと言われたヨンジュは、ミリョンに手放すことも考えたほうがいいと言われて強く反抗する。ハルと同じように母親に捨てられたヨンジュは自分の母親に会いに行く。一方、新システムの導入で立場が危うくなったミョンハンは取引先にまで裏切られ、会社を追われるはめになってしまい…。

http://www.bs11.jp/drama/post-256/

 

第12話感想

amijkさんの感想より

ヨンジュが自分を捨てた母親に会いに行ったシーンが切なかったです。娘だと明かそうとして、やはり明かせないまま別れたヨンジュの心の動きをカン・ビョルがとても繊細に演じていて、上手だなぁと思いました。

ハルの実母ミョンヒは意外にもあっさり引き下がってくれました。ヨンジュがハルの出生届を出した日の回想シーンがありましたが、とても幸せそうでしたね。ずっと待っていたお母さんのかわりにハルがヨンジュの家族としてやってきてくれたと。ハルを育てるヨンジュの心情がとても切なくて温かくて、共感しました。

ミリョンはギチャンではなくアン社長を選んだ…のでしょうか?ジュリのウジンとの別れ方は、大人の別れ方という感じですごいと思いました。これ以上傷つきたくないという気持ちだったかもしれませんね。

ラストはウジンからのプロポーズを察してヨンジュが引き延ばしたところで終わっても良かったと思いましたが、ご丁寧に2年後の様子も描かれました。プリティーライフを去ったミョンハンはなんとハワイウェディングで働いていたのね…。プリティーライフに戻ったらシム室長が本部長になっていて、彼の目線に合わせてミョンハンが腰をかがめているのが面白かったです。

今回が最終回でしたが、全編を通してわりと淡々と話が進行して、あまり感情を爆発させる人も出てこず穏やかなドラマでした。

キル・ヘヨン 길해연 マ会長役
2017y01m09d_145800387
出典:http://aaqq.tistory.com/
生年月日:1964年4月11日 身 長:162cm 劇団’小さな神話(작은신화)’副代表
ベビーシッター クム・ヒスク(2016)ユ・サンウォンの母、仏文学教授
ワーキングママ育児パパ(2016)イ・ヘスン ジェミンの母
ライダーズ~明日をつかめ~(2015)ペ・ミソン ギジュンの母

.

ミス・マンマミーア 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー