ママ~最後の贈りもの~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2017/7/3から)再放送 月・火曜日15:30から 字幕 2014
●ホームドラマチャンネル(2017/5から)集中再放送
●DATV(2016/7/2から)集中再放送 土曜日10時から4話連続放送

ママ~最後の贈りもの~ 부탁해요 엄마  全24話
2014年放送 
平均視聴率 15.1% 시청률 MBC
ママ~最後の贈りもの~ DVD-BOX1
あらすじ

 カナダで画家として成功したシングルマザーのスンヒは一人息子のグルと暮らしていた。そんな中、末期の胃がんに侵され6か月の余命宣告を受けた彼女は韓国に帰国することを決意し、かつての恋人でグルの父親でもあるテジュの住む街に引っ越すことにする。ある日、テジュの妻ジウンが金銭トラブルを抱えていることを知ったスンヒ。途方に暮れていたジウンはスンヒに助けられたことで心を開き、何か役に立ちたいと申し出る。そんなジウンに対し、スンヒはグルがテジュの息子であることを隠して母親変わりになってくれるよう頼む。実はスンヒは病気のことを秘密にし、この世に一人残していくグルに家族を作ろうとしていたのだった。最期の瞬間まで息子への愛だけで生きようとするスンヒだったが…。

キャスト

ソン・ユナ ハン・スンヒ シングルマザー、カナダの有名な漫画作家
ホン・ジョンヒョン ク・ジソブ 写真作家 具会社の社長の息子。
チョン・ジュノ ムン・テジュ スンヒの元恋人、ファッション会社マーケティングチーム部長
ムン・ジョンヒ ソ・ジウン ムン・テジュの妻。裕福な家庭の生まれ、素直な女性

ソン・ソンユン カン・レヨン テジュの上司、本部長
チェ・ジョンファン キム理事(キム・ウノ) テジュの上司
チョン・スギョン クォン・ドヒ キム理事の妻、ジウンのママ友
チョン・スヨン チン・ヒョジョン ジウンのママ友
チョン・ジェスン パク・ナムスン テジュの母
キム・ヒョンギュン ムン・テフン テジュの弟
パク・ジョンス カン・ミョンジャ ジウンの母
キム・ジョンウク ソ・ヨンジン ジウンの弟
チェ・ソンヒョン ナ・セナ ヨンジンの妻、エステ運営
イ・ヒド ク社長 ジソプの父、テジュの会社のCEO
チャン・ソウォン イ代理(イ・ジュウォン) テジュの部下
イ・チェウン チョン・ヒョンジュ テジュの部下
パク・アイン スジ ジソプに片想いする女性
ユン・チャンヨン ハン・グル スンヒの息子、父親はテジュ
チョ・ミナ ムン・ボナ テジュ夫婦の息子、グルの友人
チョン・ジンソ ソ・ヒョンス ヨンジン夫婦の息子
チョン・ジュニョク キム・ハンセ キム理事夫婦の息子
パク・ハヨン ポン・ミンジュ ヒョジョンの娘
ヒョン・ジュニ レイチェル スンヒの部下、妹分

スタッフ /[脚本]ユ・ユンギョン[演出]キム・サンヒョプ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
princessungさんの感想より

頑張って生きてきたシングルマザーのドラマなんですが、愛する子供に家族と家庭をプレゼントすることだけを考え、どんな辛くて屈辱的なことも耐え抜くいていきます。ガンというどうしようもない病気にかかってしまい余命宣告まで受けてしまう主人公に対してドラマだから奇跡が起こってガンが消えてしまうのではないかとそんな希望を抱いて視ていました。

母親の希望は息子の幸せのみ、お金は十分あるので生きていくことは問題がないのですが、家族とか家庭がないという寂しさをなくし、お金では買うことの出来ない家族と家庭を残してやりたい、母親って自分が苦しいのにそんな苦しみなどどうでもいいことのように体当たりで必死で家族を作ってあげようとするのには感動しました。

かたや自分の知らない夫の子供がいること、夫も自分に息子がいるなんて知らないのですけど、知ったときの苦しみは夫婦ともに辛かったと思います。最後には一人になってしまう息子をほっとくことが誰にも出来ず、家族として自然に愛情が芽生えるんですよね、ドラマだからそんなこと現実にはないでしょうけど、もし自分だったらどうなるんだろうと真剣に考えてしまいました。

主人公のガンに侵されたシングルマザー役のソン・ユナさんのとても演技力のある方なんだなぁと思いました。死に対する怯えた目や子供を守るために必死の目、母親の厳しく愛情のある目は素敵でした。ソン・ユナさんドラマは見たことがなかったと思っていたのですが、過去に数点視ているドラマがありました、主役ではないようなので何の役をされていたのか覚えていないので、見たことのあるドラマももう一度視てみようかと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー