ホテルキング 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11(2017/12/13から)月~金曜日13:59から 字幕
●KNTV(2016/11/14から)集中再放送 月~土曜日朝6:30から 字幕

ホテルキング 호텔킹 全32話
2014年放送 MBC
平均視聴率 10.32% 시청률
ホテルキング DVDコンプリートBOX
あらすじ

★心揺さぶられるラブロマンス

幼い頃に親を知らないまま海外に養子に出され、ジェイデンの名で荒れた生活を送っていたジェワンは、ある日、7つ星ホテル副会長のジュングと出会う。

ジェワンは、彼から実父はそのホテルの会長だと聞き、会長への復讐のためジュングに忠誠を誓い、そのホテルの総支配人にまで成り上がった。そしてジェワンは身分を会長に明かしすが、その後会長は自殺してまう。ショックを隠せないジェワンだったが、そこに会長の一人娘であるモネが現れる。わがまま放題で、彼女に付いたホテルコンシェルジュのウヒョンもぐったりだが、彼女は人知れず父の死の真相を探っていた。
モネの存在が邪魔なジェワンは彼女を陥れようとするが、モネの強い思いを目の当たりにし、次第に彼女に惹かれるようになる。
しかしジュングは、そんなジェワンとモネに対し様々なワナを仕掛け、ホテルスタッフの指導係を務めるペク・ミニョも不穏な動きを始める―。

 2016y08m26d_152617727
ホテルキング 公式サイト 相関図
キャスト

イ・ドンウク チャ・ジェワン(ジェイデン) シエルホテル総支配人 常に冷静沈着。
イ・ダヘ ア・モネ(ボクスン) シエルホテル会長の一人娘 わがままだが純粋で心優しい。
ワン・ジヘ ソン・チェギョン ジェワンの元恋人、ホテルレストラン「ヘミル」代表 未亡人
イム・スロン ソン・ウヒョン シエルホテル職員、コンシェルジュ 実は御曹司

キム・ヘスク ペク・ミニョ シエルホテル教育係、理事
イ・ドクファ イ・ジュング シエルホテル副会長、飼い犬はピンス
チェ・サンフン ア・ソンウォン モネの父、シエルホテル会長
ソ・イアン イ・ダベ イ・ジュングの娘、「ヘミル」職員
イ・サンミ ユン・ジウォン イ・ジュングの妻
コン・ヒョンジュ チャ・スアン シエルホテル職員、VIP担当部長
アレックス ユ・ジュンソン シエルホテル職員、料飲部長
キム・ソニョク ホン・ジュン シエルホテル職員、宿泊部長
コ・ユン パク・ドジン シエルホテル職員、コンシェルジュ課長
チョン・ソギョン  コ・サン シエルホテル職員、コンシェルジュ代理
パク・チョルミン  チャン・ホイル シエルホテル職員、支配人
チ・イルジュ チン・ジョンハン シエルホテル職員、フロント
キム・イェウォン ユン・ダジョン シエルホテル職員、フロント

スタッフ /[脚本]チョ・ウンジョン[演出]チェ・ビョンギル
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●「マイガール」共演の二人の最新共演作!二人のロマンスが気になる作品!

「イ・ドンウク」と「イ・ダヘ」主演のドラマはミステリ要素ありのドラマですが、チヤ・ジェワン(イ・ドンウク)はドライで冷静、感情を表すことのない少し暗い雰囲気がありますが、アモネ(イ・ダヘ)と接して徐々に彼のことが理解できるようになります。ロマンスドラマですが、ミステリアスな出来事が起きていくのでハラハラしながら観られます。この二人は「マイガール」で共演しており、マイガールのファンからは期待を集めました。

このドラマはドラマの途中、プロヂューサーが交代することになり、ドラマの進行が心配になりましたが、放送には問題なかったようです。台本作家からの要求で交代になったことを発表し、交代されるのに正当な理由がないとし、MBCのPDの間では不満の声があがりました。プロヂューサーの交代はありましたが、ドラマは無事最終回をむかえました。
「イ・ダヘ」は中国で活発に活動しており、韓・中共同制作の「最高のカップル」に出演、2017年には新作「私の女神、私の母」が中国で放送される予定です。

「イ・ドンウク」は2015年「風ガム」に出演し癒されキャラクターを演じましたが、2016年の12月からは新作ドラマ「鬼」に出演する予定です。「コンユ」も出演するドラマで、高い期待が寄せられているなか、どのようなキャラクターを演じてくれるかが楽しみです。これまで様々なドラマで期待以上の演技を見せてくれる彼には目が離せません。カッコよい「コンユ」と「イ・ドンウク」の二人が同時に観られるのもラッキーです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー